瀧澤龍雄による栃木県の石碑調査と石仏調査

栃木県内で、石碑等を見て歩いた内容です。なお、コメントは、必ず実名を使用して下さい。内容により削除することもあります。

5月23日に掲載した、成瀬温揮毫の飯塚瀬北翁の碑表にある遺詩手拓画像紹介

2017年07月15日 | Weblog


うだるような猛暑の中、5月23日に碑陰銘文だけを手拓したままになっていた、ご覧の碑表を手拓してきました。暑さに気が緩み、つい半袖で来てしまったので暑さに加えて薮蚊に刺されながらの手拓でした。手拓部分の高さだけで165cmあるので、結構時間がかかってしまいました。この拓本は、パソコンにも画像を取り込み終えたので、あるお世話になった方に差し上げる事にしています。喜んでくださると良いのですが‥。そして自分用は、いつか機会がある時に再度手拓しようと思っています。何しろ、このような自分の気に入った碑に出会うと手拓しながら碑面に向かっている時間が私にとっては至福の時間なのです。
それにしても毎日が暑すぎる。この夏は、拓本採りを諦めなければならないかと危惧しているところです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足利市の宮亀年刻字・足利開... | トップ | 昨日は、足利市の石碑下調べ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。