【ぼちぼちクライミング&読書】

-クライミング&読書覚書rapunzel別館-

「大江戸猫三昧」澤田瞳子/編

2017年07月13日 20時02分06秒 | 読書(歴史/時代)


「大江戸猫三昧 時代小説アンソロジー 新装版」澤田瞳子/編

猫をキーワードにした、時代小説アンソロジー。
次の10編が収録されている。

岡本綺堂「猫騒動」
古川薫「黒兵衛行きなさい」
森村誠一「猫のご落胤」
池波正太郎「おしろい猫」
島村洋子「猫姫」
光瀬龍「化猫武蔵」
海野弘「大工と猫」
高橋克彦「猫清」
小松重男「野良猫侍」
平岩弓枝「薬研堀の猫」

アンソロジーのいいところは、普段読まないような作家が読める事。
編者が、どんな作品を選んでいるのだろう、と言う点も興味深い。

P275
感謝の言葉こそが、いかなる睦言にも増して夫婦仲を良好にする。ふたりは、たがいに仔猫の真似をしながら、いやが上にも琴瑟相和した。(「琴瑟相和す」とは「夫婦の仲が 非常にいいたとえ」である…知ってた?)

【著者の言葉】P336
この『大江戸猫三昧』収録の作品には、愉快な猫・勇敢な猫・ちょっと不気味な猫と実にさまざまな猫たちとそれを取り囲む人間たちが登場する。どの猫も生き生きと身近に感じられ、読後に思わず窓の外に猫の姿を探すこと請け合いである。時代小説を読みなれた読者諸姉諸兄はもちろん、歴史には興味はないが猫好きという方々にも、時代小説の入門編として楽しんでいただけるであろう。

【解説の方=毎日新聞社編集委員・内藤麻里子さんの言葉】P364
「解説」は、小説家になる前の原稿。文筆家としてデビュー作といってよい。

【おまけの感想】
「黒兵衛行きなさい」」と「野良猫侍」が、特におもしろかった。

【ネット上の紹介】
愛くるしい表情を見せるかと思えば、ふいとどこかにいなくなる。猫という生きものはまあ、気まぐれなもの。そんな猫と人間たちが、江戸の町を舞台に織りなす喜怒哀楽。時代小説の名手たちによる傑作を、歴史小説家の気鋭・澤田瞳子がセレクト。時代小説好きはもちろん、猫好きの方々にもお楽しみいただける一冊。巻末に収録された解説『文学における「猫」の位置づけ』は出色。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「動物たちのビックリ事件簿... | トップ | 「よりぬき陰陽師」夢枕獏 »
最近の画像もっと見る

読書(歴史/時代)」カテゴリの最新記事