滝めぐり

滝の写真整理・滝レポート・滝以外もちょこっと

徳島県の滝めぐり 2011.7.31.

2011年07月31日 | 滝レポート
昨日は夜9時くらいに宿について、今朝は7時前には出発
朝早い時間でしたが、道の駅の駐車場やコンビニはたくさんの人。
海沿いのこの辺りはサーフィンが有名なのでしょうか、みなさん海に入る準備をしてました。

私たちは本日も「日本の滝100選制覇に近づこう」継続中

前回の徳島県の滝めぐりで行けなかった轟九十九滝にいきました。

宍喰温泉から国道55号線を北上して国道193号線を左折してしばらく進みます。
看板に従って県道に入りしばらく進むと到着しました。

車を停めて轟神社に向かい、降りていくとありました。

轟の滝です。
奥まったところにあり、岩の間から見えています。
滝までは少し距離があるのに、すごい水しぶきです。

全貌が見えていませんが(見えていないから)すごく神聖な感じがします

7月には御神輿が滝壺に入るというお祭りも行われるそうです。


次に遊歩道が整備されている「轟九十九滝めぐり」へと進みます。

いきなり、見るからにしんどそうな階段が現れました
看板には、この階段を上がった後は比較的緩やかな遊歩道と書いてあり、それを信じて頑張って登りました

最初に出てきたのは二重の滝です。
水量も多くなかなかの迫力です



不動滝(左)は看板が出ていなくてよくわかりませんでした
横見滝(まん中)を前からも撮ってみました



船形滝は岩の向こうに落ちているためうまく撮れなかったので、横に流れている三筋の流れを撮って、
「帆船のマストが3本だから、これかもしれない」と言ってみたり
丸渕滝の滝壺は岩で見えにくかったですが、そんなに丸くはないようなと思ってみたり
最初の階段以外はのんびり楽しく歩いて行けました。





鳥返しの滝は滝壺の近くまで降りることができたので
行ってみました。
水がすごくいきれいです

鳥返しの滝までは割と連続して次々と滝が出てきましたが、
この後はしばらく間があいて鍋割の滝に到着。


水がキラキラしてとってもきれいでした
轟九十九滝めぐりの最後を締めくくる
気持ちのいい滝でした。


帰りも道沿いの気持ちのいい流れを見ながらのんびり歩いていきました。

最初の案内板にはほかにもいくつか滝が載っていましたが、わかりませんでした

遊歩道の近くで見かけたたくさんの滝。
もしかするとこの中に見つけられなかった滝があるのかも…





帰り道が遠いので二日目の滝めぐりはこれにて終了。
海沿いを走って、大鳴門橋から明石海峡大橋を通って本州へ。
渋滞を覚悟していましたが、思ったよりスムーズに進み、早く家に帰ることができました



久しぶりの遠出
二日間、車に乗っているか、山歩きをしているか、といった感じのハードな滝めぐりでした
月曜日の午前中は死にそうになりながら仕事をしていました

次のお休みはお盆。
初めてお盆にゆっくりお休みがあるのですが、どこに行くにも混んでそうなので
近場でお弁当を持って歩きたいと思います


おまけ…轟九十九滝の遊歩道で見かけたカエル

かなり大きなサイズのカエルを5回くらい見かけたり、
マムシを見かけたり、大きな蛇を見かけたり…

一番びっくりしたのは蛇が蛙を呑みこもうとしているところに出くわしたことです
これと同じくらいの大きさのカエルを、あごが外れそうになりながら蛇がかみついてました
どう考えても飲み込めないだろうと思ってしばらく観察していましたが、
カエルが自力で脱出していました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

轟九十九滝

2011年07月31日 | 徳島県の滝
滝の名称:轟九十九滝 日本の滝百選

所在地:徳島県海部郡海陽町平井
 
河川の名称:海部川支流(王餘魚谷川)

落差:58m


         二重の滝 落差12m

         不動滝 落差3m

         横見滝 落差12m

       船形滝 落差15m

         丸渕滝 落差18m

         鳥返しの滝 落差18m

       鍋割の滝 落差16m



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高知県の滝めぐり 2011.7.30.

2011年07月30日 | 滝レポート
久しぶりに土日ともお休みになったので、お泊まりして少し遠出をすることにしました。
どこに行こうか直前まで考えた結果、徳島県の100選の滝の残りに行くことにして、
ちょっと遠回りして高知の滝にも行くことにしました。

久しぶりの…「日本の滝100選制覇に近づこう」継続中


朝3時すぎに起きて4時半出発
早起きしたかいがあって、ほとんど渋滞せずに大阪近郊を抜けることができました。
(事故渋滞が少しありましたけど…)

山陽自動車道から瀬戸大橋を渡って四国へ。

高知自動車道を大豊ICでおり、国道32号線、439号線をすすみ、梶ヶ森県立自然公園の中にある龍王の滝を目指しました。

かなり山道を登っていくと看板と駐車場が出てきました。
駐車場の中に展望台らしきものがあり、「ここから滝が見えるかも?」と登ってみましたが、景色はよかったのですが山ばかり…滝は見えませんでした
遊歩道をしばらく歩いて到着。
長時間の運転の疲れも吹き飛びました




国道32号線を南下して195号線に入り、まず道の駅美良布を目指して進みました。
この道の駅のそばにはアンパンマンミュージアムがあって、ちびっこたちが遊んでいました。

もっと行きすぎて看板に従って進むと轟の滝がありました。

普通の道から遊歩道に入ってすぐに、まず滝展望台がありました。
緑の滝壺がとっても印象的

もっとすすむと滝の一番下まで行くことができました。
滝壺を見に行きたいと思って岩を登って行ったのですが、ものすごい水しぶきで近くまで行くことはできませんでした
水量が多くて迫力がありましたが、水はとってもきれいです。
遠くから眺めるのも近くで感じるのも、気持ちのいい滝でした






轟の滝に向かう途中に大荒の滝の看板がありました。
下調べをしてなかったのでどれくらい時間がかかるのかわかりませんでしたが、
案内板に従って進むと途中で「滝まで○○km」とでてきたので、何とかいけるかもと思いチャレンジすることにしました。

山道を進むといくつか滝がありましたが、水の多い今だけかもしれません。
その中でも一番迫力があったのがこの滝です。これはきっといつでも(水の少ない時期でも)あると思います。

もっとすすんでもみじ峡の駐車場に到着。
案内板には、大荒の滝以外にもつらら滝岩屋滝があるとありましたが、
この後の移動を考えると全部行く時間がなさそうなので大荒の滝だけを目指すことにしました。

遊歩道を歩いていくと、「つらら滝経由大荒の滝」の看板がありましたが先を急ぐ私たちは直接向かう道へ。
途中遠望でつらら滝らしき滝が見えました。

先を急いで大荒の滝へ。
大きい岩が印象的な滝でした。

少し薄暗くなってきたので帰り道を急いでいたら、道を間違えたらしくなぜか岩屋滝に着いてしまいました
どこで迷ったか疑問に思いつつ、せっかくなので写真を撮っていきました。

気をつけてきた道を戻ると、途中に分かれ道が。
帰りを急ぐあまり曲がらなければならないところをまっすぐ突き進んでしまっていたようです
無事駐車場に着くことができました。

左:大荒の滝  中:滝の近く  右:岩屋滝


一日目の滝めぐりは、思ったよりも時間がかかってしまいましたが、予定外の滝にも訪れることができました。
明日のために徳島県の宍喰温泉に宿をとっておいたので、そこまで移動。

途中、国道493号線を通って行こうと思ったら、先日の台風で土砂崩れのため通行止めになっていました。

遠回りになりますが、室戸岬へ向かって海沿いをドライブ…時間が遅かったので真っ暗…
昼間だったら気持ちよかったでしょう

徳島県の滝めぐりに続きます。



おまけ…休憩でよったサービスエリア

お腹がすいていなかったので入りませんでしたが
すごく気になったS&Bのカレー屋さん。

桃太郎の人形は「岡山に来た~」という感じでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無名滝

2011年07月30日 | 高知県の滝
滝の名称:無名滝

所在地:高知県香美市香北町谷相 もみじ峡
 
河川の名称:久保川支流(右岸の沢)

落差:
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩屋滝

2011年07月30日 | 高知県の滝
滝の名称:岩屋滝

所在地:高知県香美市香北町谷相 もみじ峡
 
河川の名称:久保川上流(左岸の支沢)

落差:25m


           上段

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つらら滝

2011年07月30日 | 高知県の滝
滝の名称:つらら滝

所在地:高知県香美市香北町谷相 もみじ峡
 
河川の名称:久保川上流(左岸の支沢)

落差:25m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大荒の滝

2011年07月30日 | 高知県の滝
滝の名称:大荒の滝

所在地:高知県香美市香北町谷相 もみじ峡
 
河川の名称:物部川支流(久保川上流)

落差:38m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

轟の滝

2011年07月30日 | 高知県の滝
滝の名称:轟の滝 日本の滝百選

所在地:高知県香美市香北町猪野々
 
河川の名称:日比原川

落差:80m


              滝下
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍王の滝

2011年07月30日 | 高知県の滝
滝の名称:龍王の滝 日本の滝百選

所在地:高知県長岡郡大豊町佐賀山
 
河川の名称:吉野川支流(紅葉川)

落差:20m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大鷲滝

2011年07月24日 | 福井県の滝
滝の名称:大鷲滝

所在地:福井県勝山市北谷町岩屋
 
河川の名称:岩屋川支流

落差:20m


          下段の滝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加