「蟹工船」日本丸から、21世紀の小林多喜二への手紙。

小林多喜二を通じて、現代の反貧困と反戦の表象を考えるブログ。命日の2月20日前後には、秋田、小樽、中野、大阪などで集う。

島村輝講演6/6 名古屋「蟹工船」と青年なぜ読まれる「蟹工船」

2009-06-05 01:36:36 | 多喜二イベント案内
小林多喜二26歳、世界恐慌が起こった1929年に刊行された「蟹工船」。「おい地獄さ行ぐんだで!」ではじまり、「そして 彼らは 立ち上がった −もう 一度!」で締めくくられている「蟹工船」。国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されています。
多喜二が卒業した小樽商科大学(旧小樽高等商業学校)と白樺文学館多喜二ライブラリー共催の「Up To 25『蟹工船』読書エッセーコンテストが、小林多喜二の代表作「蟹工船」の小説とマンガの読書を通じて、これからの日本社会のあり方を深く考えるという趣旨で公募され、117編の力作が応募。受賞者は25歳、14歳、16歳、20歳……。その作品は瑞々しい感性の作品群です。
その選考委員会委員長の島村輝先生を招いて、なぜ今「蟹工船」がブームになっているのか? 多喜二が私たちに伝えたかったものは何か? などを考える講演などの集いです。
どなたでも参加できます。皆様のご参加をお待ちしています。



2009年6月6日(土) 14時〜
第1部】14:00〜 講演
テーマ:なぜ今「蟹工船」がブームになっているのか?
 多喜二が私たちに伝えたかったものは何か?
講師:島村 輝 先生(フェリス女学院大学文学部日本文学科教授)
 1957年東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。女子美術大学講師・助教授・教授を経て、2009年4月より現職。小林多喜二に関する研究、著作、講演多数。「蟹工船」エッセーコンテスト選考委員長を歴任。2008年9月には、イギリス・オックスフォード大学で開催された「2008年オックスフォード多喜二シンポジウム」の共同コーディネーターを務める。

第2部】16:30〜 島村輝先生を囲んでトーク 
【番 外】18:30〜 軽食付き交流会
【会 場】:愛知民主会館2F(書店が1F)
【参加費】:一般1,000円  青年 200円
準備の都合で希望者はご連絡ください。

主催:ほっとブックス新栄 
〒461-0004 名古屋市東区葵1丁目22-26
Tel:052-936-7551  Fax:052-936-7553
http://www.kyodo.ne.jp/hotbooks/


                    
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
小林多喜二 女子美術大学 東京大学文学部 はじまり、 1929年 高等商業学校
コメント (3) |  トラックバック (1) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 6/7 早稲田9条の会案内 | トップ | 保護される人生はいやだ、反撃だ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい企画 (未来)
2009-05-24 08:01:06
トークや交流会などいい企画ですね。若い人たちにたくさん参加して欲しいですね。
ほんとうに〜 (めい)
2009-05-24 18:06:21
島村先生、名古屋でご講演第二弾ですね!!
交流会すてきですね^^☆〜
先生のご活躍うれしいです。
ありがとうございます (Prof. Shima)
2009-06-05 02:32:22
お知らせありがとうございます。名古屋とのご縁もだいぶ深まりました。今回は二時間と長い講演なので、背景から作品の中身、今後の展望と、じっくり語ってこようと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「蟹工船」と青年 なぜ読まれる「蟹工船」 (未来)
 まだまだ続く「蟹工船」ブーム。「蟹工船」化された社会の変革へ「そして、彼等は、立ち上った。―もう一度!」と「連帯」の行動も広がっています。そんな中、6月6日(土)に「ほっとブックス新栄」主催の講演会が開催されます。たくさんの青年に集まっていただきたい...