医大生・たきいです。

医大生的独言。

11時30分には腹が減る

2016-11-07 23:59:59 | 医大生的生活

東北のほうではそろそろ雪の季節が始まるそうですが、こちらも日に日に寒くなって参りました。親から送ってもらったレッグウォーマーが重宝します。レッグウォーマーつけると浪人の冬を思い出さずにはいられません。勉強しよ。医大生・たきいです。





職員食堂のお昼の開店時間は11時30分で、その時刻になると腹が減ってしょうがない身体になっておりました。久々の講義ウィークで、午前の授業終了時刻は12時30分。結構つらい。同級生みんなそう言います。

うちの大学、授業開始は8時30分です。他大よりは少し早い気がするけれど、通学時間が全員数分の環境なためでしょう。座学中心だった低学年の頃は8時30分の集合が早くてつらいと思っておりました。ところが病棟実習を基準に考えてしまうと8時30分の集合は実に良心的。遅い気がするくらい。早いときは6時30分に病棟に行ったことがありましたからね。世の中、慣れです。

医者の食事が乱れがちな様子をよく目にします。忙しすぎて食事ができないという話は本当にありうる話だというのを、先輩方の背中を見ながら実感してきました。

「11時30分になると腹減る」

だなんて甘えたことを言っている学生時代ですが、そのうちメシの時刻が毎日バラバラでも慣れてしまう日が来てしまうことでしょう。慣れ、って言い始めてしまうのならば。




(今更ながらJINを読んだらハマってしまった人(笑))
医大生的コラム。医大生・たきいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公衆衛生のmedu4購入してみた | トップ | キャベツおかわりお断り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む