医大生・たきいです。

医大生的独言。

横歩取り定跡で覚える高齢者総合機能評価<CGA>

2017-12-08 13:16:55 | 医大生的生活

お昼に軽めのメシを食いながら、ブログ書いている時間だけが至福のひと時です(笑)。医大生・たきいです。






初手から、

▲76歩△34歩▲26歩△84歩▲25歩△85歩▲78金△32金▲24歩△同歩

となったのがこちらの局面。



次の1手は誰がどう見ても
▲24同飛
です。

2四飛車
にいよんひしゃ……


いよ
しゃ

に………認知機能
いよ……意欲
しゃ……社会的環境

これに医学生おなじみのDEATHSHAFTを加えてあげれば(↓)、

信州大学医学部医学教育研修センター医学教育部門HP>「医学生豆知識-高齢者の日常生活動作(ADL)と手段的日常生活動作(IADL)」


DEATH-SHAFT!
▲2四飛


横歩取りの飛車って、殺されると困る軸の駒ですからね。

(参考)
日本老年医学会CGA7(高齢者総合機能評価)(評価内容・正否と解釈・次へのステップ)
D-Dressing(着る)
E-Eating(食べる)
A-Ambulating(歩く)
T-Toileting(トイレ)
H-Hygiene(衛生(入浴))
S-Shopping(買い物)
H-Housekeeping(そうじ)
A-Accounting(お金の管理)
F-Food preparation(調理)
T-Transport (乗り物に乗れる)
に-認知機能
いよ-意欲
しゃ-社会的環境





たぶん臨床的には、

「▲に~よんおなじくひしゃ」と聞いたら横歩取りの局面を想定せよ

というのが格言ですかね。

「2四飛」の横にある歩を取るから、「横歩取り戦法」と名付けられていることもあわせてチェックしておいてください。






日曜日の朝回診、患者さんが観ているTVはNHK将棋トーナメント、という局面。


「今週は横歩取りですか~」


って言えるかどうかで患者さんとの距離を詰められるかどうかがかかってくるはずです。笑

というわけで、みなさんも将棋を覚えましょう。

CGAが近頃よく出題されるのは、日本の高齢化が進んでいるから。
高齢化が進んでいる日本で医療職を目指そうとしているならば、将棋を学ばなければなりません。







(国試終わったら画像編集技術をちゃんと学びたいと思っている人(笑))
医大生的コラム。医大生・たきいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医学部6年生の熾烈な争い | トップ | 5分間だけ仙台なう »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問です (ぽちゃ)
2017-12-08 18:33:00
お忙しい時にすみません、自治医大受験を考えてます。浪人は不利だと聞きましたが実際どうなのですか?ちなみに四浪です‥年齢に関係なく学力と面接小論の点数次第ですか?教えていただきたいです
Re:ぽちゃさんへ (たきい)
2017-12-08 19:31:52
コメントありがとうございます。

結論から言うと、「浪人が理由で落とされることはない」です。私自身一浪していますし、同級生や後輩に多浪の人も少なくありません。四浪して入ってきた人もいます。

寒くなり勉強も辛くなってくる時期ですが、お互いがんばりましょうね。
Unknown (ぽちゃ)
2017-12-09 01:28:29
なるほど‥お忙しいところありがとうございました。頑張ります。必ず自治医大合格します。お互い頑張りましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医大生的生活」カテゴリの最新記事