医大生・たきいです。

医大生的独言。

医大生・たきいの美酒が飲みたい #7 春一番(福島県)

2017-04-05 19:45:11 | 美酒(うまざけ)が飲みたい
春の美酒祭!

本醸造でも心から旨い!と言えちゃうお酒は福島県南会津にありました

不定期新連載『医大生・たきいの美酒が飲みたい』。「美酒」と書いて「うまざけ」と読ませます。残りの大学生活、どんな美酒との出会いが待っているのでしょうか。ぼくも今から楽しみです。このブログ記事は、栃木の地酒、全国の地酒、本格焼酎を中心に、厳選した全国のお酒を各種揃える淀川酒店さん<宇都宮>のご協力でお送りいたします。医大生・たきいです。




本日ご紹介する1本は、4月のこの時期にぴったりのお酒です。



南会津は国権酒造さんからで、「春一番 しぼりたて生酒」。桜の舞う美しいラベルです。


「本醸造」とは精米歩合60%以上で、お米をあまり削らずに作られたお酒のことを指します。吟醸酒と比べればお米の味が強く残ったお酒といえるでしょう。そのため、本醸造酒には私のような若輩ものにはクセが強く飲みづらいものも中にはあるのですが、春一番は違いました。一言でいうならば、お米がうまい。これぞニッポンの心であります。


おっとっと。ついつい飲んじゃう、春一番。肉料理にも、合うんです。


限定品の生酒。アルコール度数も少々高めですが、強い感じは全くありません。「もろみ」を絞っただけのフレッシュな味わいに魅了されました。

自然豊かな福島県南会津は国内でも有数の原生林が残っているのだそうで、それが会津の酒の底力であるに違いありません。

わたくしの故郷・仙台の飲み屋さんで「会津の酒はうまい」と言っている日本酒通のおじさんをよく見かけるのですが、国権酒造さんもそのひとつだったんですね。勉強になりました。

だんだん暖かくなってきて、お酒がうまくなってきた春。一番最初に思ったことは、


――お花見しよう。誰か。――




Author 医大生・たきい
「日本酒の日」が誕生日。ビール、焼酎、ウイスキー、ワイン。何でも飲むけど特に日本酒をこよなく愛する医大生ブロガー。
Blog:医大生・たきいです。
Twitter:@takimaru_gt

参考文献:国権酒造HP(最終閲覧日2017/4/5)
協  力:淀川酒店(宇都宮)

(記事をためずに放出したい人(笑))
医大生的コラム。医大生・たきいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強会室デビューしました | トップ | 医大生・たきいの美酒が飲み... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美酒(うまざけ)が飲みたい」カテゴリの最新記事