医大生・たきいです。

医大生的独言。

「真夜中にシュークリーム」を読んで

2016-03-10 23:33:37 | 読書感想文

医学書のベストセラーに「病気がみえる」シリーズがあって、既刊は全部で10巻。メジャー科に加えて産科、婦人科、今後は小児科なんかも発刊されると本の「そで」の部分には書いてある。需要が低い医学書業界で1冊10,000円が常識という中で3,000円台という小売価格を誇るから、やはり売れているのであろう。浅学菲才の私は「病みえ」の持っていないシリーズも結構あって、本棚に並ぶ「病みえ」は10巻に満たない。医学生としてはヤバめな事態かもしれないが冊数だけは私の本棚で「病みえ」を上回ろうとしている作家がいる。今日はその新作のご紹介をば。医大生・たきいです。






真夜中にシュークリーム
はあちゅう
毎日新聞出版


勘のいい「医大生・たきいです。」の読者の皆様はお気づきでしょうけれど、はあちゅうさんの新作のご紹介。初のエッセイ。

帯の「自分に甘い夜」という気になるフレーズは、82頁の一節で、確かにこれはよかった。ヒット作「半径5メートルの野望」の作者と同じ人が書いたとは思えない人間的な一面で、ますますはあちゅうさんのファンになってしまいそう。他人に対しては真夜中のシュークリーム的思考、自分に対しては半径5メートル的思考でいくのが今風な生き方な気がする。

半径5メートルの野望
はあちゅう
講談社


エッセイのいいところは、作家さんの日常に入り込めるところだろう。万城目学のエッセイが好きだが、どうでもいい日常の機微がとてつもなく心地よい。「真夜中にシュークリーム」は彼氏さんとのいちゃいちゃの描写が多すぎるところがはあちゅう好き男子の私としては少し気にかかったけれど、これがはあちゅうさんの日常なのだからこれはこれでよい。


私、何者でもないこんな時間も大好きなんだよな
(p.113)


半径5メートルには書かれていなかった、ありのままのはあちゅうさんがここにはありました。

はあちゅうファンはこれだけでもこの本を買う価値がありますが、実はこの本、「あとがき」が一番の読みどころです。ネット時代に「作家」として生きる30歳女性の覚悟と決意表明が。はあちゅうさんの今後に今後とも目が離せません。エッセイ中に出てきた執筆中の小説が手元に届く日も楽しみにしております。







(後輩に暗記力の違いを見せつけられた人(笑))
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレから呼ばれた気がした... | トップ | あれから5年 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (0年生)
2016-03-11 23:53:31
医学部に合格が決まった者です。
この春休み中にやっとくべき勉強や、入学してから気をつけること大事なことなど何か思いつくことがあれば教えてください。
0年生さんへ (たきい)
2016-03-12 00:46:59
合格おめでとうございます!!

なるほど、新入生がこの時期にやっておくことですね、まとめて近日中に記事にいたしますのでご期待ください
Unknown (0年生)
2016-03-12 07:49:25
よろしくお願いします!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む