医大生・たきいです。

医大生的独言。

回転寿司のカウンターはビールおじさんが多い

2017-03-12 23:59:59 | 医大生的生活

珍しくみっちり勉強した週末でした。気づいたら3月の手帳がリア充過ぎる感じになっておりましたが、勉強もしつつ、3月、4月で産婦人科を極めるという野望でワクワクです。医大生・たきいです。





「ちょっと遅れる」

と言われて許せる時間ってみなさんどれくらいでしょう。スマホやタブレットという究極の暇つぶし道具を持っている現代人はある程度耐性があるかもしれませんが、私の場合は15分が限度かな。「ちょっと」ですからね。社会人としては1分たりとも遅刻は許されないものでしょうが、オフの日の15分くらいだったら私は許せます。都会に慣れていない人との待ち合わせの場合なんかも予めそれくらいは覚悟しておけばイライラしないというのがこれまでの人生で学んだ知恵です。前もって「〇分くらい遅れるごめん」と連絡してくれれば、こちらも別のことをやるのでいくら遅れてもらってもいいんですけど。

貸しのあった友人がメシを奢ってくれるというのでヘコヘコついていった日曜の夜、「ちょっと遅れる」と言って待たされた時間は1時間(笑)。おいおい。その時間があったら洗濯とか部屋の掃除とかやりたいことあったよ。とはいえ待っている途中、さっきまで心臓の勉強をしていたこともあって、まさか突然死したんじゃないかとか、どこかで倒れているんじゃなかと不安になりました。既読にもならないし、電話にも出ないし、しびれを切らして彼の部屋の前に行ってドンドンやっても反応がない。

「ちょっと遅れる」から1時間を過ぎた頃、ようやく彼は来たわけですが、おいおい。心配したんだぞ。1時間も遅れるなら最初からそうと連絡してくれよ。急用が入ったんだとしても先方に断って直ちに連絡を入れるのがマナーでしょ。普通の人なら許してくれないよ。考えを改めないと君の将来が心配だ。君はまだ学生だけど、社会に出ているほとんど同い年の人はそれくらい常識だと思っているはずだよ。もう6年生になるのに後輩に示しがつくの? と、ちょっとお説教してしまいましたが、平謝りする彼は「お詫びに全部奢るから好きな物飲み食いしてくれ」というのでお言葉に甘えて……



ほとんどのことはただ酒で許してあげるタイプです。おれ、なんてチョロい男なんだ。笑



生まれて初めて回転寿司でビール飲んで気が付いたんですが、ジョッキの数はお会計のときに数えられるので下げてくれないんですね(笑)。回転寿司なだけに、「回転」を重視する営業形態でしょうから、お店としても客にはダラダラ飲んでほしくないんでしょうね。ほほう。カウンター席はダラダラ飲んでいるおじさんだらけだったけど。笑

お寿司は数皿しか食べませんでしたが、普段頼まない回転ずしのサイドメニューも意外に魅力的だと知ったのでよしとしよう。







(医者の世界って時間には圧倒的にルーズだとは思う人(笑))
医大生的コラム。医大生・たきいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医者になりたい気持ちが強い... | トップ | 洗顔クリームが凶器になった話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む