新専貨回想

平成の世を駈けたヤード系輸送の末裔

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新潟製タムと言えば

2017-04-29 20:10:42 | 臨海鉄道

 新専貨末期に活動していた私の世代だと、やっぱり三菱瓦斯化学のタム3450と3700ですね。新崎や新潟臨鉄に行くと大抵見られたので、味タムに次いで?馴染み深い2軸タンク車でした。

SUS製タンク体の珍車タム3450ですが、見た目はタム3700新潟製(MGCだと3710-11)とほぼ同じです。新潟製タンク車全般より受ける印象と言うと、細くて背の高いドームでしょうか。太くなった台枠側梁のチャンネルや、帯金の締結方式など時代に応じたアップデートがなされていますが、全体のフォルムは南相馬のタム500の旧い方とそっくりですね。この細長いドームは新潟製タンク車末期のタキ4000(東京化成品所有の34013-17だったかな?)まで受け継がれています。

飯野製は基本フォルムは新潟製に似ていますが、造船屋らしく大型プレスで曲げた大判の一枚板を上下真ん中で接いでいたのが特徴的でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何時の間にか消えた社名 | トップ | 試行中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

臨海鉄道」カテゴリの最新記事