たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

逍遥赤城山その5 大沼(おの)・湖畔の宿

2017年06月19日 21時30分42秒 | 山歩記

逍遥赤城山その4 からの続き

その5 大沼(おの)・湖畔の宿

まだまだ 日暮れには たっぷり時間の有る午後4時頃、大沼湖畔の宿 青木別館に 到着しました。
ネットで知り 予約しておいた宿です。
観光地 大沼の湖畔で 食堂、土産物店を営んでおられる 民宿風の まさに 湖畔の宿です。
食堂から入ると 家族で出迎えてくれ コーヒーをいただきながら ごく家庭的な雰囲気で いろいろな話が始まりました。

今年の冬は大雪で 常連のワカサギ釣り客迎え入れのため 除雪、除雪で ムスコ?は 大変だった とか、
大沼は 標高 1,345m、冬季は 極寒、大沼の氷の厚さは 50cm、60cmに及ぶ、とか
冬季も そんな訳で 結構 忙しい、とか
東日本大震災発生時、大沼の氷に ヒビが入り ワカサギ釣り客が あわやとなったが なんとか無事で良かった、とか
大沼湖畔は 地盤が弱いため 建物施設に あちこち被害が出て 未だに完全に修復出来ていない箇所もある、とか
・・・、

案内された 2階の客室の窓からは 大沼が・・、

一浴後 湖畔をぶらぶら・・、

暮れ行く 山の湖

ストーブの上に アジサイ、

食堂で 夕食を済ませた頃 女将が ムスコ?、ムスコ?と呼んでいた 若主人が帰宅、気さくで 打ち解けた感じで いろんな話をしていただき 小1時間を 過ごしました。
地元の観光振興に尽力されているようで 日々多忙のご様子です。

白樺牧場の話・・・現在 通常 立入禁止になっているが 牛はもう いないのだそうです。
牧場内には 素晴らしい自然環境が残されており 有料無料一般開放してしまうと 三脚を持ち込むカメラマンや 旅行会社の団体ツアー客が 大挙押し寄せ たちまち 自然環境が崩れてしまう恐れがあるため 今のところ 期間限定、人数限定(1日、最大10人)と決めて 地元ガイド同行の 「赤城白樺牧場ツツジ散策ツアー」を 実施しているとのこと。

参考サイト→こちら

若主人もそのガイドの一人で その日も ツアー同行したようでした。
ガイドをしていても 毎度 牧場内で 素晴らしい景観に 感動している様子を 熱く語る 若主人。
観光資源として 地元有志、自治体、ボランティアで 整備、企画をしているようです。
「白樺牧場のレンゲツツジ、今日がピーク、天気も最高、最高の日に 来ましたね」と 言っていただき 万歳三唱したい気分になり・・・。
若主人、以前は 赤城山の花等にあまり興味関心が無かったと言いますが 今では かなり詳しくなって 日々 写真を撮っては ネット、フェースブック等で 発信しているそうです。
やる気十分、「AKAGIやる気塾」のメンバーなのでしょう。

早朝散歩

朝日が当たってきた黒檜山

赤城神社

地蔵岳

国定忠治像

朝食後直ぐ 赤城神社に 向かい、その後 覚満淵、小沼を 訪れます。

(つづく)

 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逍遥赤城山その4 白樺牧場の... | トップ | 逍遥赤城山その6 大沼・赤城神社 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤城山の大沼(おの)を昔から「おおぬま」と言ってました。 (nakayoshinotabi )
2017-09-06 11:06:44
高校時代に前橋からバスで赤城山大沼へスケートしに行った事がありました。日中は良く晴れていたのですが三時過ぎから天候が急変し吹雪になってしまいました。バスが登って来なくなり、寒さを凌いで何時間も待った記憶があります。寒くて寒くて仕方がありませんでしたがやっと来てくれて、最終列車で帰る事が出来ました。
 おとといの9月4日、妻と娘と共に車で榛名湖巡り、伊香保巡りして温泉宿に宿泊しました。翌日五日は伊香保から赤城山大沼食事や観光し、もちろん赤城神社詣でもしました。それから世界遺産の富岡製糸工場見物し帰って来ました。
 takeziiさんの赤城巡りの方が良かったですよ。
nakayoshinotabi様、こんにちは、 (takezii)
2017-09-06 11:25:57
9月4日、ずいぶん走りまわられましたね。赤城山には 今年初めて訪れた次第で あまり詳しくないのですが 見所も有り 静かで いいところですね。私も オオヌマとばかり思っていました。オオヌマでも通用するようですが あえて オノと呼んでみたんです。
榛名湖も、伊香保も、富岡製紙工場跡もまだ行ったこと無く 行ってみたいと思っているんですが。 
コメントいただき 有難うございます。

コメントを投稿

山歩記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。