たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

藤沢周平の短編小説集 「たそがれ清兵衛」

2017年03月19日 14時32分34秒 | 読書記

図書館から借りていた 大活字本 藤沢周平著 「たそがれ清兵衛」を 読み終えました。
「たそがれ清兵衛」を表題作として 短編小説 全8作品が 収録されています。
老眼、視力低下の爺さんには 大活字本が 助かります。

  (大活字本)

各作品共 外見、容貌が冴えなかったり、あだ名で蔑まれたりしている下級武士が主人公。
実は その主人公 剣の腕前は 並外れていて 藩の危急を救ったりするという 歴史短編小説です。

たそがれ清兵衛」
うらなり与右衛門」
ごますり甚内」
ど忘れ万六」
だんまり弥助」
かが泣き半平」
日和見与次郎」
祝い人(ほいと)助八」

 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かくして 今日も・・・ | トップ | ファイトー イッパーツ ・... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
藤沢周平 (tappe)
2017-03-19 18:57:41
とても好きな作家です。ほとんど読んでいます。
最近図書館はご無沙汰していますが、行けば必ず 藤沢周平の書棚に寄っています。
tappe様、こんばんは、 (takezii)
2017-03-19 20:13:42
ほとんど読んでおられるんですか。
私等は 改めて 本を読んでみようと思い始めたのは つい最近のこと、ボチボチ、読んでいきたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。