たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

「つもりちがい十ヶ条」

2016年11月08日 08時53分44秒 | うんちく・小ネタ

先日 「みんなのブログ」を 拝読していたところ ある方のブログで 「元善光寺」の記事が 目に止まりました。
すっかり 脳裏から消え去っていた「元善光寺」。
「もしかして あの・・・」、記憶が蘇ってきました。
もう 30年位前になりますが 所属団体の親睦旅行で 1度 訪ねたことのある 長野県飯田市にある 天台宗の寺院です。

早速 調べてみますと
創建は 推古天皇の時代とされており 地元の住人 本多善光が 難波の堀江(現在の大阪)で 「善光寺如来の本尊」を見つけて持ち帰り 自宅の臼の上に安置したところ 臼が燦然と光を放ったことから 「座光寺」としたことが 始まりとされています。その後 勅命によって 「善光寺如来の本尊」は 現在の長野市へ還座され 本多善光の名前を取って 「善光寺」と名付けられたため もともとの「座光寺」は 「元善光寺」と呼ばれるようになったということなんです。

「一度詣れよ 元善光寺 善光寺だけでは 片詣り」

実は ある方のブログで 目に止まったのは 「元善光寺」の沿革等ではなく 元善光寺の住職が作られたという 「つもりちがい十ヶ条」の方なんです。
30年位前に訪れた際には 全く気がつかなかったのか 全く関心が無かったのか いただいた記憶が無いのですが いろいろなところに 広く紹介されていることを 今回 初めて知りました。

「つもりちがい十ヶ条」は 二行で一連、五連の語句になっており 一連毎 なかなか 含蓄のある 人生訓のようで ある種 ユーモアも有って 思わず 頷いてしまったりしてしまいます。
ついつい偏見と傲慢になりがちな私たちに対する警句とも言えます。
なるほどと感じ入りながら 肝に銘じて 暮らして行きたいものだと 思っています。

信州 元善光寺の「つもりちがい十ヶ条」

「高いつもりで 低いのが 教養」
「低いつもりで 高いのが 気位」

「深いつもりで 浅いのが 知識」
「浅いつもりで 深いのが 欲望」

「厚いつもりで 薄いのが 人情」
「薄いつもりで 厚いのが 面の皮」

「強いつもりで 弱いのが 根性」
「弱いつもりで 強いのが 自我」

「多いつもりで 少いのが 分別」
「少いつもりで 多いのが 無駄」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩釜神社 | トップ | 振り返り記事 「初めての映画... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つもり違い十ヶ条 (花を見る花子)
2016-11-08 10:14:09
お早うございます。

善光寺昔1度行ったことがあります。沢山のお参りの人
だったと思います。子どもたちに数珠をお土産に・・・

自分の持っているものに当てはまりますね
なるほどと感じながら肝に銘じて暮らしていきたいですね

有難うございました。
花を見る花子様 (takezii)
2016-11-08 11:26:32
おはようございます。
長野市の「善光寺」は 超有名ですが 飯田市の「元善光寺」の方は あまり知られていないようですね。
そう言えば 私も 太い線香を買って 北陸の実家に 土産としてもって行ったこと、今 思い出しました。
こんばんわ (たか)
2016-11-08 23:36:25
両詣りしたらこの十か条
消えてくれるでしょうか。
「無理ですね」とtakeさんが言いました。

はい!肝に銘じました。
たか様、こんにちは、 (takezii)
2016-11-09 15:02:53
日々の暮らしの中で 思い当たる節が いろいろ有りますね。
弁えて 事に当たれよ、ってことだと思いますが なかなか。
名言?、言葉遊び?、
面白いって 思ってしまいました。



コメントを投稿

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。