たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

古い写真から蘇る山の思い出 その19 「天狗岳」

2017年09月14日 05時23分39秒 | あの日あの頃(the good old days)

バカチョンカメラ(小型フィルムカメラ)しか持っていなかった時代、当時は 撮った写真をその都度プリントして アルバムに貼っていたものでした。

かれこれ15年前の2002年7月に 妻と二人で登った天狗岳の写真が貼ってあるアルバムも有り 久し振りに引っ張り出してみました

昔のことを懐かしがるのは 老人の最も老人たるところだと 自嘲しながらも あの日あの頃に思いを馳せているところです。
昨日のことも忘れてしまう後期高齢者ですが 写真や残っているメモ等を見ると あの時、あの場所の情景までが 蘇ってきます。

拙劣写真ばかりですが 紙焼き写真をスキャナーで 取り込んでみました。

唐沢鉱泉から登り 黒百合ヒュッテ、東天狗岳、西天狗岳へ。
西尾根を下り 唐沢鉱泉に戻る 周回ルートを辿りました。

午前3時30分頃 自宅を出発し 午前6時30分頃 登山口の唐沢鉱泉の道路沿いに有る無料駐車場に到着したようです。
その時間帯、20台程の駐車スペースには まだ 6台駐車しているだけでした。
簡単な朝食をとり 7時頃 唐沢鉱泉駐車場を出発です。

苔生した樹林帯から 大きな岩石道へ
渋の湯からの道と合流し 枯れた沢筋、大きな石だらけの急登に喘ぎます。

9時頃 黒百合平、黒百合ヒュッテに到着し 小休憩です。
大勢のハイカーが休憩中、山小屋の雰囲気を共有します。

水無しのスリバチ池から、溶岩台地、大きな岩だらけの急登に 取り付きます。
気温上昇、喘ぎながら ゆっくり、ゆっくり・・・。

東天狗岳山頂まで あと少し・・・。

あと少し・・・。

東天狗岳山頂(標高 2,646m)です。
狭い山頂は ハイカーでいっぱい。
快晴の下、根石岳、箕冠岳、硫黄岳、赤岳、蓼科山、北横岳等 さらに 北アルプス等 大展望を満喫。
後方に見えているのは 西天狗岳。
天狗岳は 八ケ岳連峰のほぼ中央に有って 東天狗岳、西天狗岳の双耳峰を 為しています。

南八ケ岳と呼ばれている 硫黄岳、赤岳等の峰々。

東天狗岳山頂からは ガレ状斜面を下降し 西天狗山頂へ登り返します。

   

振り返り見た 東天狗岳。

西天狗岳山頂(標高 2,645.8m)です。

西尾根を下ります。
しばらくは 大きな岩石が重なる厳しい急下降が続き、やがて樹林帯に入ります。

   

第2展望台、第1展望台を経て 枯尾ノ峰分岐を右へ、唐沢鉱泉に下ります。
樹林帯の中の急下降で 膝が笑い出し・・・。

午後3時頃 唐沢鉱泉の駐車場に帰還したようです。

帰途 中央自動車道、相模湖あたりまでは 渋滞もなくスムーズでしたが 小仏トンネル手前で大渋滞があり 疲れ果てて帰宅した記憶があります。

登りでは暑さにへばり 下りでは膝が笑い出し 帰りには大渋滞に巻き込まれた山旅でしたが 快晴の下 大展望が出来、記憶に残る山旅の一つとなりました。 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静かな静かな里の秋♪ | トップ | バーベナ(美女桜) »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (RW)
2017-09-14 07:19:21
小生が生まれて初めて本格的な登山体験したのは19才の時の南八ケ岳~北八ケ岳でした。天狗岳は本当に懐かしいですね~!還暦過ぎたらまた行ってみたいです!
RW様、おはようございます、 (takezii)
2017-09-14 07:58:25
いつも コメントいただき 有難うございます。
RW様は まだ 還暦前・・、羨ましい!
これからですね。
後期高齢者とて 昔を懐かしがってばかりいて どうしようもありません。
南八ケ岳、北八ケ岳、夫々 趣有って どこを訪れても 印象に残りますね。
RW様の登山の原点、是非 また 訪ねて下さい。
Unknown (mimoza)
2017-09-14 09:05:47
思い出があるから生きられる・・・
なんて聞きますが。
たくさんの山の思い出があるから
歩けなくなった時でもその中に浸れる~そんな良さもありませんか?

天狗岳は私も回想の山です。
一度目の厳冬期は何本歯のアイゼンカ忘れましたが
装着して。
食べようと持参したみかんがカチカチに凍ってしまいました。

いつもご家族や奥さまと歩くことができておしあわせですね。
いつも楽しませて頂いております☆ (みつ)
2017-09-14 09:31:35
takejii様 お早うござます。
毎日楽しみに必ず拝見させて頂いておりますが・・
コメントを書かせて頂くのは初めてで ドキドキしています。
今朝は思い切ってお邪魔させて致しました..
山での素敵な想い出・・ 素晴らしいですね~~☆
私も山のある風景が大好きで..
唐沢鉱泉まで行き 光り苔などを観ながら散策をしたこともありました♪
奥様の健脚には感動しています☆ 素晴らしいですね!!!
takejiiさんの登られた山々には 同じ様にだいぶ以前に登ったことがあって..
私は蝶ヶ岳と唐松岳・・そして夜叉神峠など 少しなのですが 
思い出しながら..とても楽しませて頂いております☆..*
いつも素敵なブログを拝見させて頂き・・本当にありがとうございます<(_ _)>(^^*)
mimoza様、こんにちは、 (takezii)
2017-09-14 10:14:44
いつも コメントいただき有難うございます。
青春時代を 山と過ごされたmimoza様こそ、山の思い出いっぱいでしょう。
私共の場合は 子育てを終わった頃からの山歩きですから 初級の初級。
今になってみると あの時 あの山に行ってて良かったと つくづく思いますね。
もう過去に戻ること出来ませんから せいぜい 懐かしがっている次第です。
みつ様、こんにちは、 (takezii)
2017-09-14 10:25:59
コメントいただき 有難うございます。
私も みつ様のブログ、特に 丁寧に撮影された写真を 毎度拝見させていただいており なんだか 初めてのような気がしませんが。
後期高齢者とて もう 高い山には行けそうになく 昔の山歩きを懐かしがっている次第です。
NHKの番組「日本百名山」等を見るにつけても 自分が実際行った山等 懐かしくなりますね。唐沢鉱泉あたりまで行かれておられんですね。
蝶ヶ岳、唐松岳、夜叉神峠・・・名前を聞くだけで 情景が思い浮かんでくるようです。
沢山の山の思い出を持ってられ、良いですね。 (nakayoshinotabi )
2017-09-14 11:28:06
天狗岳へ行った事が無いので、楽しく拝見いたしました。奥様と共に登った山は二人の共有財産ですね。私は妻とはハイキング程度で高い山は行った事がありません(雲取山へ一度あり)。良い山の思い出を沢山持ってられ羨ましいですよ。
nakayoshinotabi様、こんにちは、 (takezii)
2017-09-14 12:33:32
コメントいただき 有難うございます。
当時は 自営業で まとまった休みも取れず 生活にも余裕無い中 無理して 出掛けていたように思いますが 今になってみらば あの時 あの山に行ってて良かったと思うようになっています。
もう 過去に遡ること出来ませんものね。
こんばんわ、takeさん (たか)
2017-09-14 20:57:53
またまた懐かしいお写真が拝見できました。
でも登山口が違いますので見覚えが有るのは天狗岳だけですが
結構、厳しそうですね。
今からでは、とてもとても無理そうですが八ヶ岳の雰囲気はお写真から十分、感じとれ
とても懐かしい気持ちになれました。
「もう終わりか、帰りたくないな」 ボソリと言った主人の言葉が蘇ります。
たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-09-14 22:17:49
たか様ご夫婦であれば 余裕で登れる山、「もう終わりか?・・・」でしょう。
「別のコースで 黒百合ヒュッテにも泊まってみたいし・・・」等と言っていましたが 結局 実現しませんでした。
今になってみれば あの時 行ってて良かった と 思いますね。

コメントを投稿

あの日あの頃(the good old days)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。