たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

逍遥 史跡 八王子城跡

2017年01月11日 21時55分28秒 | ぶらり街巡り・爺散歩

非常に強い寒気が日本列島を覆い被さってきました。北海道や日本海側では 荒れた天候になっているようですが 当地、今日のところは 好天でした。
お昼頃の気温が 15℃前後になり、好天に誘われて 午後になってから 近くに住んでいながら なかなか訪れる機会が無かった 国の史跡 「八王子城跡」を 訪ねてきました。
八王子市教育委員会生涯学習スポーツ部文化部のホームページ等で 概要を調べ 予備知識を得ていましたが 実際 現地に立ってみると 歴史の臭いのようなものが伝わってきました。

八王子城は 小田原に本拠を置いた後北条氏の三代目 北条氏康の三男 北条氏照が 標高 460mの深沢山(現在の城山)に築いた 関東屈指の山城でした。
天下統一を進める豊臣秀吉が 秀吉の軍門に下らない北条氏を攻めて 小田原城を包囲、こう着状態が続いたことは 有名ですが 多勢な秀吉軍は 小田原城攻めと同時に 各地に分散していた 北条氏の支城を 次々と攻め落としていました。
八王子城も 天正18年(1590年)6月23日に 秀吉の軍勢に加わった 前田利家、上杉景勝、真田昌行等の部隊 1万5000人に攻められて 落城しました。
当時 城主北条氏照以下家臣の多くは 小田原城に駆け付けており 八王子城には 城代横地監物吉信と 僅かな家臣、将兵、領内から動員した農民、婦女子、およそ 3000人が立てこもっていたに過ぎなかったといいます。
死傷者 1000人以上の激戦の末、八王子城は 1日で落城し 氏照の正室をはじめ 城内の婦女子は 自刃、あるいは 御主殿の滝に身を投じたとされています。
この戦いによって流された血は 城山川を三日三晩染めて 麓の村では 川の水で米を炊けば 米が赤く染まる程だったという言い伝えがあるそうです。このことから 先祖の供養には 小豆の汁で米を炊いた「あかまんま(現在の赤飯)」で 供養する風習が 今も尚残っているそうです。
城代の横地監物吉信は 落城前に かろうじて脱出したものの 奥多摩の小河内付近で 切腹したとされています。
この八王子城落城が決め手となり 北条氏は 本拠小田原城を開城、小田原城で籠城していた 八王子城城主 北条氏照も 兄の北条氏4代目 北条氏政と共に切腹し 北条氏は 滅亡したわけです。

北条氏照は 最初 八王子城より北方8キロに有った滝山城を 拠城にしていましたが 武田軍に攻められて落城寸前に追い込まれることがあって 滝山城より堅固な 八王子城を築城し 移っってきたとされています。
氏照の構想した城郭は壮大なもので 落城時は まだ未完成だったと考えられています。

江戸時代には 徳川幕府の直轄地となり 明治になってからは 国有林となったため ほとんど人の手が入らず 御主殿周辺等の遺構が良好な状態で残っていたようです。
昭和26年(1951年)には 国の史跡に指定され、平成18年には 日本城郭協会から 「日本100名城」にも 選定されました。
落城400年目という節目だった平成2年頃から 発掘調査や復元工事、周辺整備が進み ガイダンス施設や駐車場も出来て 今では 見学者や観光客が気軽に訪れることが出来るようになっています。
ただ 城跡と言っても 山城です。標高 460mの山頂の「本丸跡」へは 急峻な山道となり 駐車場から 約40分掛かりますので しっかりした靴が必要です。

駐車場(無料)

ガイダンス施設

八王子城の歴史についての映像や各種資料等 無料で 利用出来ます。トイレも有ります。

奥に見える山頂が 「本丸跡」がある 城山山頂です。

復元された曳橋(非常時には壊して敵の侵入を防ぐ橋)

虎口(こじち)(直進出来ないように、侵入しずらいように工夫がされている 御主殿への階段)

御主殿跡(城主北条氏照の館等が有った場所。発掘調査で概要が明らかになっています)

御主殿の滝(落城時 御主殿の武将、婦女子等が 上流で自刃し 次々と身を投じたといわれる滝です)

金子曲輪(金子三郎右衛門家重が守備していたと言われる曲輪、尾根をひな壇状に造り、敵の侵入を防ぐ工夫がなされていたようです)、
曲輪(くるわ)とは 土塁等で囲んで作られた平らな場所。何重もの要塞が築かれていたようです。

柵門跡

東方に 筑波山が 見えます。

新宿副都心、スカイツリーも 見えました。

八王子神社

本丸跡(八王子城の中心、最も重要な曲輪、標高 460mの狭い平地、天守閣等有る大きな建物ではなかったと考えられています。城代横地監物吉信が守備していたといわれています)

「北高尾山稜」への登山口ともなる 八王子城跡入口ですが 冬のこの時期、出会ったハイカーも数人、静かでした。

 

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川柳考 | トップ | 「老年の品格」 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (たまボブ)
2017-01-12 10:47:49
読者登録ありがとうございました。

たかさんのブログでお見掛けして以来、時々ブログを
拝見していました。
お近くにお住いのようなので、今後ともよろしくお願いします。
こんにちは (おじしゃん)
2017-01-12 10:58:56
takezii さん、こんにちは♪

八王子城址、日本百名城の一つと知り、見入ってしまいました。
義理の兄が百城巡りをしているということで、もしや訪ねたのではと思い興味を持ったしだいです。
なかなか歴史深き、いわれのある城だったようですね。
たまボブ様、 (takezii)
2017-01-12 13:47:17
初めまして。
爺さんの 気まぐれなブログですが こちらこそ よろしくお願いします。
多分 たまボブ様とは 近い気がします。似たような 記事になりそうですね。
おじしゃん様、こんにちは、 (takezii)
2017-01-12 13:51:55
百名山巡り ならぬ 百名城巡り ですか。
もしかしたら 八王子城跡にも?
全国 歴史を勉強しながら 旅する ってことも
素晴らしい趣味ですね。
おじしゃん様も 写真を 趣味にされ・・・、
皆さん いい趣味 お持ちですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。