たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

カナダ旅行記 その5

2016年10月14日 18時39分54秒 | 旅行記

ツアー 「カナディアン・ロッキーとメープル街道 8日間」 4日目の午前中は ローレンシャン高原観光です。

「ローレンシャン高原」
モントリオールから 車で1時間半~2時間程にある 標高 1,000m前後の山々が連なり 大小の湖沼が点在する 高原地帯で カナダ有数の紅葉の名所です。
前日深夜到着し宿泊したホテルは ローレンシャン高原の奥にある トレンブラン・ビレッジに有るホテルです。

「トレンブラン・ビレッジ」
トレンブラン山の麓に有って 夏は 避暑地、冬は スキーリゾート、秋には カナダ東部の紅葉のメッカとなる 大変人気のある街。
色鮮やかな屋根のレストランや土産物店が軒を連ねており メルヘンチックな おしゃれな街並みが素晴らしく、カナダの軽井沢といったところでしょうか。
「トレンブラン・ビレッジの街中散策」の前に 先ずは 「トレンブラン山・ゴンドラ空中散歩」に 向かいました。

「トレンブラン山・ゴンドラ空中散歩」
午前9時に 宿泊先ホテルを出発、トレンブラン・ビレッジの通りを 10分程歩くと ゴンドラ山麓駅に着きます。
8人乗りゴンドラで 片道 約8分の 空中散歩が楽しめます。
トレンブラン山の中腹に 薄いガスが掛かっていたものの おおむね 好天でした。

ゴンドラ山麓駅

メルヘンチックな トレンブラン・ビレッジの街並みが 見渡せます。

一面の紅葉風景に 歓声が上がります。

トレンブラン山山頂(標高 960m)からは 360度の大パノラマが広がっています。

拙劣写真ばかり 枚数が多いため デジブックにしました。
お時間お有りの方には ご笑覧下さい。

デジブック 『絶景 トレンブラン山』

トレンブラン山山頂で しばし 絶景を堪能した後 ゴンドラで 下山しました。
続いて トレンブラン・ビレッジの街中散策です。

つづく

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ旅行記 その4 | トップ | カナダ旅行記 その6 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ここも懐かしい景色 (verdavojeto)
2016-10-14 21:56:01
もう出掛けることは無いので、特に嬉しく思いました。
このケーブルカーの下の道を頂上迄上ったことがあるのです。別な時に降りたこともありますが。
当時80才のご婦人が私の前を登っていました。ここを登ると言うアイデアはこのグループの方達の希望だったので、私は辛いのを我慢して行くより仕方が無かったのです。
「私が一番最後かと思って」とそのご婦人が言いました。「振り返ると、まだこの子(私のこと)が居るのよね」私まだ60代、フーフー言ってましたから、この日のことは忘れられません。
言い方達ばかりの楽しい旅でした。
verdavojeto様、こんばんは、 (takezii)
2016-10-14 23:12:38
カナダ在住のverdavojeto様ならではのコメント、有難うございます。
時間に余裕の有る旅行であれば 私も 山登り、トレッキングしてみたいと思うカナダですが 駆け巡る観光ツアーですので ただただ 写真を撮るだけでした。
グループの方々との楽しかった、苦しかった思い出、今は 宝物ではないでしょうか。
メルヘンチックな トレンブラン・ビレッジの街並み (tango)
2016-10-15 06:11:13
カナダには行きたいと思っていましたが
とうとう念願かなわず
takejii様の細かい説明で行ったような錯覚です
素晴らしい旅ですね
雪の景色も(@_@)
紅葉も美しい
街並みもメルヘンチック・・・
素敵な旅!
景色が優雅です。夢があります
ヨーロッパとは違う雰囲気
ずっと読ませていただいて旅を続けていますよ~~
ケーブルカーからの絶景も見ごたえありますね
tango様、おはようございます。 (takezii)
2016-10-15 08:30:02
コメントいただき 有難うございます。
自営業の弱みで 長期休暇ままならず 海外旅行等 全く夢のまた夢でしたが その内いつか等と言ってられない齢となり 思い切って行ってきました。
駆け巡る強行軍の格安ツアーでしたが きっと 「あの時 行ってて良かった」と思うんじゃないかと・・・。
カナダの旅、まだまだ 続きます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。