たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

逍遥赤城山その3 荒山高原から荒山

2017年06月18日 16時07分13秒 | 山歩記

逍遥赤城山その2 からの続き

その3 荒山高原から荒山

鍋割山から荒山高原に戻り 小休憩した後 棚上十字路経由で 荒山に向かう。

荒山高原

棚上十字路、休憩舎が有る、

棚上十字路を左折、小沼方面へ、関東ふれあいの道を登る、
次第に急登になる。

尾根上、小沼への分岐に到着、
樹木に囲まれており展望は無いが 広場になっており 休憩するには良い。休憩舎も有る。

左折して 荒山山頂に向かう。
しばらくは 急登の連続、喘ぎながら、一歩一歩・・・、

鍋割山では ほとんど見ることが出来なかった ヤマツツジやサラサドウダン、ベニサラサドウダン、レンゲツツジ等が そこここに咲いており 意気は上がるが 息も上がる。

樹林帯の途中、展望台の如く突き出した ひさし岩

荒山山頂(標高 1,572m)

サラサドウダン

ベニサラサドウダン

荒山山頂からの下山は 荒山高原方面に向かうが いきなり 急下降の悪路。

午前中 ピストンした鍋割山山頂と尾根すじが見える

展望の広場
なのに、
樹木に囲まれていて 展望は無い。
右折し 姫百合駐車場方面に下る、
ジグザグ急下降で ついに 膝が笑い出す

ふれあいの十字路

午後3時頃 やっとの思いで 姫百合駐車場に 帰還し 案内板で 歩いたルートを確認。
標準歩行所要時間は 5時間位となっているが 無理せず ゆっくり 楽しんだ分 1時間以上はオーバーしていた。

時間に余裕有り、天気も上々なので 白樺牧場に寄ることにして 駐車場を出発した。

(つづく)

 

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逍遥赤城山その2 荒山高原か... | トップ | 逍遥赤城山その4 白樺牧場の... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
荒山 (たか)
2017-06-18 21:45:43
鍋割を登った後に荒山とはスゴイ体力ですね。
10年位前は私も両山登りましたが今は片方ずつ
と言いましても荒山は暫く登っておりません。
荒山は鍋割に比べますと地味な山ですが静けさがいいですよね。

結構な急登でしたでしょう。
でも、たくさんのお花に出会えて良かったですね。
私も胸を撫で下ろしております。

前の記事にも書きましたが梅雨のさ中、takeさんを待っていた様な上々の天気は
takeさんご夫妻が余程、運の強い持ち主としか言いようが有りません。
お帰りになったと同時に崩れ始め今日辺りは窓の向こうに赤城の姿は有りませんでした。

たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-06-18 22:06:30
鍋割山から 荒山高原まで戻って さて どうしようと考えたんですが ちょっと 時間が 有り過ぎるので ゆっくりゆっくり 登ろうかと 向かってしまいました。
かなりの急登、急下降で 最後は 膝が笑い出してしまいましたが なんとかクリア、ツツジが予想外に有りましたので 結果オーライ、良かった、良かった とは なりましたが。
山宿の方にも 言われましたが 最高の天気で、ついていましたね。
おはようございます (tempo1078)
2017-06-19 05:42:47
お天気も
悪くなさそうで

快適に歩けたのでは
ないでしょうか。

標識も多くて
迷うことはないのでしょう。
人気の山なんでしょう。

ヤマツツジでしょうか、
綺麗に咲いておりますね。
tampo1078様、おはようございます、 (takezii)
2017-06-19 06:36:39
コメントいただき ありがとうございます。
地元の方もおっしゃってましたが この時期としては珍しい 最高の天気だったようで ついていました。
気力体力減退の爺さんですが なんとか 歩けて 思い切って訪れて 良かったなと思っています。
写真を撮りながら 休み休み ですが。

コメントを投稿

山歩記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。