たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

逍遥赤城山その2 荒山高原から鍋割山往復

2017年06月18日 13時13分40秒 | 山歩記

逍遥赤城山その1 からの続き

その2 荒山高原から鍋割山往復

荒山高原から鍋割山頂にかけては 緩やかなアップダウンが有るものの 標高差は わずか70数m、展望の良い尾根道だ。
残念ながら 時期的に ヤマツツジの花は ほとんど終わっており 見事な景観は見れなかったが 好天の尾根歩きは快適だった。

荒山高原を見下ろす、

クサタチバナ

キンポウゲ

タカトウダイ

ネバリノギラン

鍋割山山頂(標高 1,332.3m)

前橋市方面眺望、

往路を戻る、

荒山高原まで戻ってから 次に向かう 荒山だ。

地元の中学生の大集団が 登ってきたので しばし 待機。
元気良く 余りにも大声で 次から次に 「こんにちは」、「こんにちは」・・には 思わず苦笑してしまう。

荒山高原に戻り着いた時 丁度 10数人の女性だけのグループが 女性ガイドに導かれて 鍋割山方面に向かって出発して行った。

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逍遥赤城山その1 姫百合駐車... | トップ | 逍遥赤城山その3 荒山高原か... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鍋割山 (たか)
2017-06-18 21:25:29
いらっしゃった両日、最高のお天気に恵まれましたね。
「今頃どの辺りを登っているのかしら」と思いながら
台所へ立つ度に窓から赤城山を眺めておりました。
竃山辺りのレンゲツツジは終わってしまっていたのですね。
トンネル状になるヤマツツジを縫って登りあげた あの辺りが
稜線を赤く包む様に咲く(レンゲツツジ)場所なのですが目にして貰えなかったのが何としても残念です。
でも花が無くても上越の山々や関東平野を見ながらの気持ち良い稜線歩きは鍋割ならですよね。

ワッ、クサタチバナ見つけましたね。
その上のお写真の花はズミでしょうか?
私がツツジの頃、登った時はレンゲツツジは見られましたがズミは終わっておりました。
植物は頃合いが難しいですよね。

たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-06-18 21:55:25
梅雨期ですので 雨も覚悟して 予定したのですが 最高の天気に当たりました。
とりあえず 赤城山デビュー?果たせました。花の開花時期は 毎年 微妙に変わりますので 難しいですね。また 季節を変え 目的を変え コースを変え 訪れたい赤城山です。たか様のおかげで クサタチバナ 初めて知り 見つけました。
有難うございました。
覚満淵、
なんだか たか様の後ろを追っているいるような感じの記事、UP予定です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。