たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

カナダ旅行記 その2

2016年10月11日 20時30分00秒 | 旅行記

ツアー「カナディアン・ロッキーとメープル街道8日間」の第2日目は 「カナディアン・ロッキー観光」です。
宿泊先のバンフのホテルを 午前8時に出発、大型チャーターバスの車窓から 山岳景観を楽しみながら ロッキーの宝石と呼ばれている「レイク・ルイーズ(ルイーズ湖)」等 数々の美しい湖や 氷河期の氷が今も残る「コロンビア大氷原」を 目指して ボウ・バレー・パーク・ウエイ、さらに アイス・フィールド・パーク・ウエイを 移動していきます。
山岳地帯ならではの変わりやすい天候で 青空が見えたり、急に雨が降り出したり 雨が 霙、雪になったり 傘と防寒具が必要な1日でした。

世界自然遺産としての「カナディアン・ロッキー」
1984年に 世界自然遺産に登録された 「カナディアン・ロッキー」とは 4つの国立公園(バンフ国立公園、ジャスパー国立公園、ヨーホー国立公園、クートニー国立公園)と 3つの州立公園(マウント・ロブソン、マウント、アシニポイン、ハンバー州立公園)から構成される山岳エリアの風光の全てとなっています。
3000m級の山岳景観はもちろん、湖、滝、氷河、氷原が 数多く点在しており ダイナミックな大自然を体感出来ることで 人気が有ります。

「キャッスル・マウンテン」
バンフから ボウ・バレー・パーク・ウエイを走ってまもなく右側に 古城のように大空に向かって聳え立つ 標高 2、766mの「キャッスル・マウンテン」が 見えてきます。カナディアン・ロッキーを代表する山の一つだということです。
この山は 見る方角によって 山容がまるで異なるため 昔 原住民からは 「道に迷う山」と呼ばれていたということです。

「アイス・フィールド・パーク・ウエイ」
「レイク・ルイーズ」と「ジャスパー」を結ぶ 国道93号線の別称。
全長230kmの「アイス・フィールド・パーク・ウエイ」沿いには 3000m級の山岳や 数多くの湖、滝、氷河、氷原が点在しており カナディアン・ロッキー随一の観光道路と言ってもいいようです。
ただ ガスステーション(ガソリンスタンド)は 1ヶ所しか無いとのことで ガス欠にでもなったら 命にかかわることになりかねません。

峠付近は 雪、霙が 降っており 冬景色です。

「レイク・ルイーズ(ルイーズ湖)」
カナディアン・ロッキーで最も美しく魅惑的な湖と言われ 「ロッキーの宝石」とも 称されている湖。
バンフ国立公園のほぼ中央、標高 1,536mに有る 長さ 2.4km、幅 500mの氷河湖です。
湖面は 季節やその日の天候、時間帯により ブルー、エメラルドグリーン等と 色が変化するそうです。
晴れていれば 正面に ビクトリア氷河を抱いた 標高 3,463mのビクトリア・マウンテン(ビクトリア山)が聳えている見事な景観が見られるはずでしたが 生憎 雨が降り出してしまい 傘をさしての観光となりました。

「ルイーズ」とは 大英帝国時代のビクトリア女王の4女、ルイーズ・キャロライン・アルバータ王女の名前から由来しているそうです。
因みに カナダ アルバータ州も 彼女の名前から由来しているのだそうです。

「モレーン・レイク(モレーン湖)」
氷河で削られ押し出しされた岩石等の堆積物(モレーン)によって出来た湖。
背後に 勇壮な テン・ピークの峰が立つ景観は 旧カナダドル紙幣の図柄にもなっていたという カナディアン・ロッキーを代表するビューポイントなんだそうです。
残念ながら 雨で霞んでおり その絶景には お目にかかれませんでした。

「ペイト・レイク(ペイト湖)」
ペイト氷河から流れ込む堆積物が原因で 季節により、その日の天候により 時間帯により コバルトブルー、エメラルドグリーン等に 湖面の色が変化する神秘的な湖。

「ボウ・レイク(ボウ湖)」
ボウ・バレーの氷河から溶け出した水で出来た湖。
バンフを流れるボウ川の源流になっているそうです。
時折 青空が見えたり 雨が 霙、雪に変わったり 山岳地帯の天候は 激しく変わります。

拙劣写真ばかり 枚数が多いため デジブックにしました。
お時間お有りの方には ご笑覧下さい。

デジブック 『ロッキーの宝石』

つづく

関連記事

◆カナダ旅行記 その1
◆カナダのお土産 

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ旅行記 その1 | トップ | カナダ旅行記 その3 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かなりな強行軍でしたね。 (verdavojeto)
2016-10-11 22:33:39
私も過去に、この辺をご案内した身、懐かしいです。
私自身はあまり悪天候に会いませんでしたが、今回は快晴が少なかったようで、残念でしたね。それは、「又のお出でをお待ちします」と言う意味なのでしょう。
このコースはメープル街道を主にしているのでしょうから、ケベックに入ってからの快晴をお祈りしていますよ。
verdavojeto様、こんばんは、 (takezii)
2016-10-12 22:19:28
コメントいただき 有難うございます。
カナディアン・ロッキーの黄葉は 9月中旬頃が見頃なんでしょうね。
ケベック州の紅葉に 合わせた企画のようでしたので 仕方ありません。
ケベック州の紅葉の方は 良かったですよ。
ロッキーの方は (verdavojeto)
2016-10-14 09:45:12
どっちみち楓が無いので、ケベック方面の紅葉と同じではないのです。だから、それで良いのですよ。
東部(ケベック、オンタリオ)の紅葉が散った後には別の木が色づき黄葉になります。
verdavojeto様、 (takezii)
2016-10-14 10:18:44
有難うございます。
よく 分かります。
気候風土の異なる二つの国を 訪れたような感じがしないでもありませんが カナダは 素晴らしい国ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。