たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

トウチャン、カアチャン

2017年11月14日 16時08分02秒 | あの日あの頃(the good old days)

昭和30年代、隣り町の県立高校を卒業するまで M男は 北陸の山村で 祖父母、父母、弟、妹 7人家族で暮していた。
東西が山の狭い盆地で 中央を日本海に向かって 1本の川が 流れ下っている、そんな 童謡「ふるさと」を 絵に書いたような 田舎風景の農村だった。
村落の中心には 1学年1クラスの 小学校中学校併設の小さな学校が有り M男も 9年間、同じクラスメイトと過した。

テレビも無い時代、塾や習い事等も 無関係な貧しい農村で有り 子供達は 学校から帰ると 二人、三人、、、と 子供達にとって 居心地のいい近所の家の庭等に集合し 遊びといっても かくれんぼ、チャンバラごっこ、ゲンゲンパッパ、オハジキ国取り遊び、ビー玉、メンコ、程度しかなかったが 飽きもせず 暗くなるまで 遊んだものだ。
雪が積もれば積もったで 子供の世界、ソリ遊び、カマクラ造り・・・、大きい子から幼児まで 男の子、女の子 一緒になって 飽きるまで。  

「カッカー 呼んどるそい 帰るっちゃ」
従兄弟で同級生のT男が そう言い出す頃には 皆も夫々 引き上げていくのだった。
T男の家は M男の父親の実家であり 昔流に言えば 本家の家、地元の農家では普通だったが 藁葺の屋根の大きな家だったが 何故か T男の家では T男の父親のことを 「トンチャ」、母親のことを 「カッカー」と 呼んでいたのだ。
近所の他の家でも 微妙に 父母の呼び方が違っていて T男隣りの家では 「トンチャン」、「カンチャン」、少し離れた家では 「トトー」、「カカー」と いう具合だった。
M男の家は 太平洋戦争中に疎開した父親の実家の近くに 定住した家で どちらかというと よそもので有り 当時は まだまだ 家族は 東京言葉だったため M男も それに準じて 「トウチャン」、「カアチャン」と 呼んでいたような気がする。
さすがに 当時の北陸の山村では 「おとうさん(様)」、「おかあさん(様)」等という言葉使いは 出来ない雰囲気が有ったのだと思う。
ちなみに 祖父母のことは 「ジイチャ」、「バアチャ」と 呼んでいたが 多くの家では 「ジッチャ」、「バッチャ」、「ジッサ」、「バッサ」等と 呼んでいたような気がする。

わずか60年程前の話であるが M男には 遠い昔話をするような感有りである。

周辺の冬の風景、
当時は 根雪となると カンジキで 一筋の道を踏み固めるものの 春まで 除雪することは なかった。

 

 

ジャンル:
その他
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公園の手品師 | トップ | 畑日誌 2017.11.15 タマネギ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ takeさん (たか)
2017-11-14 21:32:57
私が幼い頃を文に綴ったら前半は全く同じになると思います。
あの頃は男の子も女の子もなくみな同じ遊びをしておりました。
父親は3歳になったばかりの時に他界しましたので
気が付けば「父」という名詞を使っておりました。
母は「お母ちゃん」でした。
でも、そう呼んだのは私だけ、兄も姉も母ちゃんでした。
末の私に姉がそう呼ぶよう教え込んだ様です。
たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-11-14 22:04:08
そうなんですか。
3歳で死別されたお父さんでは、
「オトウチャン」と 呼ぶことも 無かったんでしょうね。
物心ついて 「父は・・・」、
周囲からは しっかりした子供 と見られたと思います。
「お父ちゃん」、「お母ちゃん」、いい響きですね。

こんばんは (からく)
2017-11-15 01:36:28
久しぶりにコメントさせていただきます。

私は県庁所在地に住んでいたので、「お父さん、お母さん」だったと・・・・。
妻は、山奥で育ったので、「お父ちゃん、お母ちゃん」でしたね。
その四人もすでになく、ときどき寂しく思うときがあります。
さて、「お父ちゃん、お母ちゃん」と呼んでた妻は今、私のことをなんと呼んでいるかというと、「パパ」なんですよね。・・・・なんか違和感です。

私は?
「おい、おまえ」です。
ちょっと偉そうにしているかも。
おはようございます (tempo1078)
2017-11-15 06:31:08
65歳のワタクシですが

岩手の片田舎で、
トウチャン、カアチャン、ジイチャン、バアチャンと
呼んでいました。

懐かしく思い出しました。

有難うございます。
からく様、おはようございます、 (takezii)
2017-11-15 06:37:58
爺さんの気まぐれなブログに コメントいただき有難うございます。
その時代、育った土地柄、家柄で 呼び方それぞれでしょうね。
パパ、おい、おまえ・・・いいですね。
幸せなご家庭の様子が目に浮かびます。
からく様のブログ、いろいろなジャンルの音楽に造詣深く 日々 楽しみに拝見させていただきております。

tempo1078様、おはようございます、 (takezii)
2017-11-15 06:45:10
だいたい おんなじでしたね。
tempo1078様、なんと 私より 1回り近く お若い?んですね。
日々のブログ、気力、行動力に感服していますが、納得です。
コメントいただき 有難うございます。
私の家では、M男さんと同じで (masamikeitas)
2017-11-15 08:39:44
takeziiさん、おはようございます。

コメントありがとうございました。

>T男の家では T男の父親のことを 「トンチャ」、母親のことを 「カッカー」と 呼んでいたのだ。

父親と母親の呼び方は、地方にもよりますし、それぞれの家庭においても違うようですね。
私の家では、M男さんと同じで、 「トウチャン」、「カアチャン」と読んでいました。
大人になるまで、そのように呼んでいました。
大人になって、それはまずいと思い、オヤジ、オフクロと呼ぶようになりました。
masamikeits様、おはようございます、 (takezii)
2017-11-15 09:00:05
コメントいただき 有難うございます。
よく 自営業等で 「トウチャン、カアチャンで やってます」と 言うことありますが 家庭的な響き 有りますね。
今は 「おとうさん、おかあさん」「パパ、ママ」が主流なんでしょうが 昭和世代には 「お父ちゃん、お母ちゃん」の方が しっくりするような気がします。

コメントを投稿

あの日あの頃(the good old days)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。