たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

カナダ旅行記 その3

2016年10月12日 09時55分14秒 | 旅行記

「コロンビア大氷原観光」
続いて カナディアン・ロッキー観光のハイライト、「コロンビア大氷原観光」です。
13時頃 アイス・フィールド・パーク・ウエイのほぼ中間点にある グレーシャー・ディスカバリー・センターに到着です。
センター内には カフェテリア、レストラン、資料展示コーナー等があり 観光客で ごった返していました。

目の前に広がる アサバスカ氷河の景観を眺めながら レストランで昼食、
昼食後も 展望デッキで ゆったり休憩出来ます。

コロンビア大氷河観光には このセンターから 20分毎に発車する 50人乗り 特別仕様の雪上車で 向かいます。

「特別仕様の雪上車 アイス・エクスプローラー」

カナダ国内で製造された特殊車両、車両本体価格は 約6000万円、タイヤ1本 50万円(6本で 300万円)、
全長 13m、高さ 3.8m、タイヤ直径 1.5m、最高速度 42km/h、
32度の傾斜でも 余裕で 上り、下り出来る車両です。
現在 カナダ国内で 22台、南極で 1台、使われているということです。

雪上車に乗り込んでから 約15分で 標高 2,210mの アサバスカ氷河中央地点の氷原に 到着です。
天候は 目まぐるしく変わり 氷原到着時点では 吹雪の状態になっていました。
真冬です。

雪上車 アイス・エクスプローラーの ひょうきん愉快なドライバーが 積極的に 写真撮影の応じてくれます。

アサバスカ氷河の厚さは 最大 350m、1年間に平均 15m移動していると言われています。
氷河は 降り積もった雪が 30m以上にもなると 下層部が圧縮され プラスチック状の氷になって 出来ていくんだそうですが 氷が 1cm出来るには 12m以上の積雪が必要だということです。

つづく

関連記事

◆カナダ旅行記 その2
◆カナダ旅行記 その1



 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ旅行記 その2 | トップ | 2週間ぶりのプール »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (たか)
2016-10-12 21:07:37
あらあらと言っている間にもうNo2になってしまいましたね。

やはり雄大ですね。
ヨーロッパアルプスとは一味違うなと1&2をジックリ拝見し終わったところです。
身震いする程の景色が次々に現れ見直したりしていましたら
相当な時間が掛かってしまいました。

場所によっては冬景色の様で皆さん寒そう!
ドテラが欲しくなりませんでしたか?

寒さに弱い私
この国は一体いつ観光したらベターなのでしょう。
たか様、こんばんは、 (takezii)
2016-10-12 22:11:49
どうも カナディアン・ロッキーの方は 9月中旬が 黄葉真っ盛りで 最適なようです。
メープル街道の方は 9月下旬から10月初旬、
今回は どちらかというと メープル街道の紅葉に合わせた企画と言えるようです。
まあ 行ってみないと分からないですからね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。