たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

「遠野物語 remix」

2017年02月22日 10時21分49秒 | 読書記

図書館から借りていた 「遠野物語 remix」(角川学芸出版)を 読み切りました。
日本の民族学の先駆者とも呼ばれている柳田國男の「遠野物語」を 推理作家の京極夏彦が 原文の内容から 全く逸脱することなく 忠実に現代語訳した 分かり易く読みやすい作品です。

原文の「遠野物語」は 明治43年に発表された 岩手県遠野地方に伝わる民話、伝承を記述した説話集で 119の章からなる作品ということですが 本書「遠野物語 remix」は その119の章を順番ではなく バラバラに配置し ストーリーとして 繋がりやすくし 読みやすいように 再構成されています。
文語体の原文「遠野物語」を 読み解く根性は 有りませんが 「遠野物語」の入門書とも言える本書を見つけて 読んでみました。

実は 2013年7月に 「早池峰山」に登るため 盛岡からレンタカーで登山口まで行き 登り始めたのですが 前線の通過と重なり 暴風雨となってしまい 登頂を断念、途中から引き上げてきたことが有りました。
その際 時間に余裕が出来たため 遠野方面に ドライブ、遠野の一部だけですが 巡りました。
遠野といえば 民話の里、柳田國男の「遠野物語」とイメージを 持って帰ってきましたが、当時は まだ 読書する時間も意欲も無く 読むまでに至っていませんでしたが やっと 読むことが出来ました。

Contents

opening ・・「remix 序」で
       著者の京極夏彦は 「この物語は すべて 成城の人柳田國男先生の著された書物遠野物語に記されて居るものなり。・・・・」 
       と 述べています。 

A part ・・「序1」で
       著者の柳田國男は 「これから語る話は すべて 遠野の人である 佐々木鏡石君より聞いたものである。・・・・明治42年
       2月頃から 折々に聞いた・・・・彼の話を聞いた時 私(柳田)自身が感じたそのままを 一人でも多くの人に伝えたかったから
       である」と 述べています。

B part ・・「序3」他

C part ・・「序4」他
       早池峰山が語られる時 良く耳にする話が 出ています。

ending ・・遠野郷で古くから行われていた歌舞「獅子踊り」の歌詞が 書き留められています。
      

 

 


 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 振り返り記事・「外出禁止中」 | トップ | 真冬に戻ったような »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読書 (tango)
2017-02-22 13:05:40
本をよく読まれますね!!
素晴らしい
私も子供のころには毎月1冊本を買ってもらって読んでいました
今では新聞を読み、ねっとでニュースを
調べるのがいっぱいです
お店に入るときは字の練習で本を読んで
いません
クエストというのは本の売り場が広いので
読みたいとこころだけ読み逃げです
村上春樹さんの本を夜中12時から2時間
販売とか??なぜ夜中に販売するかしら?
tango様、こんにちは、 (takezii)
2017-02-22 13:50:34
仕事柄 何十年もの間 本を読む時間も意欲も 有りませんでした。
つい 最近になってから やっと その気になってはいるものの 視力、脳力 減退で 出来るだけ やさいい書を少しずつ 読んでみようかな等と 思っているんですが・・・なかなか。
先日 「大活字本」の存在を知りまして 何冊か読んでみましたが 楽でしたね。
こんばんわ (たか)
2017-02-22 21:42:32
もう別の本(遠野物語)を読み切ってしまったのですか?
早い!!

注目したのは早池峰山の事
「良く耳にする事が出てくる・・・」とは一体何だったでしょう?
伝説だった様な気もしますが随分、昔の事、忘れてしまいました。
私も風雨に泣かされながら登りましたので
そこに、ちょっと興味を覚えました。

怖い中にも夢が感じられる東野物語
もう一度、読んでみても面白いかもしれませんね。
たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-02-22 22:26:11
遠野を囲む山 早池峰山、六角牛山、石神山にまつわる伝承、
大昔 女神がいて 三人の娘に 今宵 良い夢を見た子に 良い山を与えようと言ったそうな。夜更け 姉の姫神の胸に美しい花が降りてきたが 起きていた末の姫神が 盗んで 自分の胸の上に乗せた。結果 早池峰山は 末の姫神のものになった。姉の姫神は 他の山を与えられた。
遠野の女性は 嫉妬を恐れて 山で遊ないという・・ような話ですね。

コメントを投稿

読書記」カテゴリの最新記事