たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

夏の朝 花にオハヨウ 爺散歩

2017年07月16日 16時06分03秒 | ぶらり街巡り・爺散歩

当地も 最高気温 30℃超の真夏日が続いていますが それだけに 日の出前後が この時期 最も 快適な時間帯です。
そんな早朝に、時々 思い出したように 周辺を歩いていますが 今日は 三連休の中日、静かな住宅地の中をあっちこっち、道端や庭先の花を コンデジで カシャ、カシャ撮りながら 一回りしてきました。

雑木林の土手に咲いていた ヤマユリ(山百合)、
毎年 咲いている場所に、やはり咲いていました。
ユリの中では 最大級の花、豪華、華麗であることから 「ユリの王様」等と 呼ばれているようです。

民家の庭から道路側に 張り出して咲いていた ムクゲ(槿)

ウチの庭の二ゲラは すでに種になっていますが 庭先で まだ咲いているニゲラが有りました。

「君の名は?」
グラジオラス です。
(ブログ友のたか様から 教えていただきました)・・・(追記)

 

 

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイミングレッスン | トップ | 花情報に誘われて »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ももこ)
2017-07-16 19:23:10
花におはよう  
私もです。
小学校1年生の孫が学校から
持って帰った朝顔
大きな花が咲きました
おはよう いいます(笑)

上から4番目のお花の名前は
なんですか?
綺麗ですね。
ももこ様、こんばんは、 (takezii)
2017-07-16 20:29:15
早朝 道端やよその庭先の花を やたら、カシャ、カシャ。
ウオーキング中ですよ っていう恰好をして 怪しまれないように 気をつけていますが。
まったく 花に疎い爺さん、とりあえず撮って帰りますが さて 「君の名は?」 です。
珍しい花、知らない花を見つけると 直ぐ撮ってしまいますが 花の名前は 難しく なかなか覚えられません。
いつも コメントいただき有難うございます。
こんばんわ (たか)
2017-07-16 21:12:59
素敵なお花の散歩道
楽しいですね。
清々しい朝の空気が感じられます。

思わず「おはよう」と声を掛けたくなるユリが最初に登場しました。
香り高く凛として咲くユリはいいですね。
王様なのですか?
確かにそんな風格が感じられます。
何時の間にか増えた我が家のテッポウユリは何に例えてあげようかしら。

私も4番目の花が気になります。
フッと浮かんだのがヒヤシンス、でも違っていました。
花束に良く使われる花ですよね。


たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-07-16 21:45:51
毎日 早朝 キチッと ウオーキングされておられる方も多いですが 気まぐれ爺さんは、時々 思い出したように 歩いています。
そろそろかなーと 思っていた ヤマユリは 丁度 満開になっていました。
ウチの庭には 真夏の定番 オニユリが 2~3本有るのですが 今年は まだ 蕾の状態、開花は 1週間後くらいなんでしょうか。
見頃の花を見る って 意外と大変ですね。
再び (たか)
2017-07-16 22:16:33
思い出しました。
グラジオラスでした。
たか様、有難うございます、 (takezii)
2017-07-16 22:34:26
グラジオラス・・・確かに そうですね。
これから 追記します。
花の係の妻も 日頃見かけているグラジオラスと ちょっと色が違ったりして 「?」だったようですが 確認して納得、
よく 眠れると思います。
これからも よろしくお願いします。
Unknown (ももこ)
2017-07-17 17:36:57
グラジオラスですか
綺麗です 初めて見ました

たか様 たけじ様 
有難う ございます。

ももこ様、こんばんは、 (takezii)
2017-07-17 18:33:03
どうも グラジオラスには いろんな種類、色もいろいろ 有るようで 気がつきませんでしたが 教えていただきました。
斯斯然然、花を良く知っておられるブログ友様を頼りにする 爺さんなのであります。アリガタヤ、アリガタヤ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。