たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」

2017年04月18日 15時13分54秒 | 読書記

数年前のことですが 朝日新聞の「天声人語」で 心理学者 多湖輝の著書の中で紹介されたという 「教養と教育の話」を知り そのことについて 書き込んだことが 有りました。

★教養(?)と教育(?)のある人 → 2015年3月13日の記事
★手帳が頼りの日々 → 2015年5月16日の記事

その著書とは 「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」ボケる頭の使い方、ボケない頭の使い方)日文新書)でした。
1度読んでみようと ずっと思っていながら なかなか読めず 先日やっと 図書館から借りてきて 読んだところです。

目次

プロローグ(百歳でも笑い笑わせサクサク頭脳)
「教養」と「教育」のある人はボケない?
〇ワンパターンの生活は 頭もワンパターンにする
〇独居老人は なぜボケやすいか
 ・・・・・・等々

第1章 「ボケ防止」に「笑い」はつきもの
〇「笑い」こそ人類が編み出した老化防止の知恵
〇長寿記録保持者と、ユーモアの関係
〇自分の失敗談は、話す人も聞く人も頭が若返る
〇料理する男はボケない
〇ジョギングより散歩のほうが頭にはいい
 ・・・・・・等々

第2章 今すぐ始められる脳のトレーニング
〇同じ頭でもボケる使い方、ボケない使い方がある
〇やらなかった後悔より、やった後悔の方が脳にはいい
〇計画は「いい加減」なほうが いい「加減」になる
 ・・・・・・等々

第3章 脳を若返らせる生活習慣
〇ものの名まえも 「あれ」「それ」をやめる
〇出かけなくても服装は毎日変える
〇星や花の美しさに感動したら、その名を調べてみる
 ・・・・・・等々

第4章 ボケない頭を作る「食事術」
〇食事は出来るだけ大勢でしたほうが体にも頭にもいい
〇食べるのが面倒なものを意図的に食べる
〇酒は話や歌の「潤滑剤」として飲む
 ・・・・・等々

第5章 脳にいいこと、脳に悪いこと
〇前頭葉、側頭葉に血が流れるとボケない
〇側頭葉に血を送るには 「記憶」を文書化する
〇認知症は ふだんの頭の使い方で防げる
 認知機能予備力を高める要件、
 ①有酸素運動をする(少し息が切れる程度の運動、例えば早歩きの散歩等)
 ②野菜をたくさん食べる食生活をする。
 ③自分の趣味に合わせた知的活動をする(楽しい会話をするとか、コーラスに参加する等)
 三要素を満たしている 社交ダンスが もっとも効果があるのではないか・・・・。
 ・・・・・等々

朝日新聞の「天声人語」で 紹介されたのは プロローグの1文からでした。

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古い写真から蘇る山の思い出 ... | トップ | 畑日誌 2017.04.19 イチゴ マ... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ももこ)
2017-04-18 20:32:59
なるほど なるほど 真剣に
読みました(笑)
私は、笑いヨガ講座に行ってるから
少しはいいかも ちょっと安心
Unknown (ももこ)
2017-04-18 20:34:46
追伸 そうそうコーラスも習ってるから更に安心ですね。
何事も積極的に
ちなみに パートはアルトです
はもるの大好き
ももこ様、こんばんは、 (takezii)
2017-04-18 20:49:28
ヨガも、コーラスも・・・、凄い、
大丈夫でしょう。
女性は 皆さん お元気・・、
カルチャーセンター、スポーツセンター、旅行、友達とのおしゃべり、etc、
体も脳も鍛えて ボケ防止ですね。
呆けない為に (たか)
2017-04-18 21:22:26
・今日、用 有り
・今日 行くところ有り
   面倒臭がりな私・・・ズシリと来ました。
   お友達のお誘いの電話に本当は空いているのに
   「ゴメン、その日 用事が有って・・・」
   これがいけないんですね。

・あれ、これ
   その言葉を使わないと会話が途切れてしまいます。

そんな私は絶対、痴呆症予備軍ですね。
心配になってきました。
たか様、こんばんは、 (takezii)
2017-04-18 21:37:12
あ・うんの呼吸で通じるたか様ご夫婦、
「ほら、あそこで買ったあれ、どこに置いたっけ?」
「あっ あれね、あれは あの棚の下よ」
「わかった。わかった。」
ですよね。
あれ、それ 無しでは 暮らせません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。