たけじいの気まぐれブログ

スローライフ人の日記風雑記録&フォト

ジャニー・ギター

2017年06月13日 21時22分03秒 | 懐かしいあの曲

当地 今日は 1日中 小雨が降り続いていました。
午前中 近くの内科医院へ 月に1度の処方薬を受けに出向きましたが 天候のせいなのか タイミングが良かったのか 待合室には 1人も居らず 受付、即、血圧測定、診察、会計・・・、10分足らずで 済んでしまい 午後は ゆっくり、のんびり、うとうと・・・。
いい 休息日となりました。

部屋の片隅に 埃を被ったまま置いてある 古ーい 古ーい ギターが有ります。
かれこれ50年位前、昭和40年代に、転職をしたことが有るのですが その際 元の会社の送別会で 関わった先輩後輩、同僚達一人一人が、ボディーの表板に寄せ書きをして記念品として贈ってくれた クラシックギターなんです。
これまで 何度も引っ越しをしましたが 廃棄処分出来ず、押入れ、物置に眠らせてきたものです。身辺整理雑物処分を心掛け始めて久しく 引っ張りだしてはみたものの 懐かしくなり 飾り物?になってしまい・・・・。
驚くことに ギターは 未だに健在で、時々思い出しては 調弦し ボロローン♪ と 音を出してみたりしているんです。

手持ち無沙汰の夕暮れ時、ふっと 映画「大砂塵」の主題曲 「ジャニー・ギター」が 思い浮かんできてしまいました。
映画を いつごろ、どこで 観たのか、全く記憶が蘇ってきませんが 1954年製作の映画ということですから やはり 昭和40年代、50年代の頃だったのでしょうか。

ストーリーの詳細も記憶曖昧になっていますが 断片的なシーンや ペギー・リー歌う 主題曲「ジャニー・ギター」だけは 脳裏に焼き付いてしまっています。
「ジャニー・ギター」は ビクター・ヤング作曲で 作詞は 歌っている ペギー・リー自身なんだそうです。
西部劇映画の主題曲とは思えない 美しく、物悲しい曲調であると思っています。

Youtubeから 共有させていただきました。

JOHNNY GUITAR: Canción de Peggy Lee y escenas de la película. 1954.

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨に咲く花 | トップ | 畑日誌 2017.06.14 タマネギ収穫 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-06-14 05:20:59
高校時代に
ギターをいじってみたことが
ありましたが、結局はモノには
なりませんでした。

音楽は
ワタシにとっては
演じるものではなくて
聴くもののようです。

Johnny Guitar~
知っていますよ。
名曲だと思っています。
ギター (maria)
2017-06-14 06:26:38
おはようございます。
ジャニーギター、縦目懐かしく聴かせていただきました。
みなさんからの想い出がいっぱいのギター、これは宝物ですね!

若い頃私も西部劇をよく観ていました、と言うより西部劇の映画が多かったです。
初心者の?ギターを買ってもらい、自己流でボロンボロンとつま弾いたことが有りますが、それだけでした(^。^)
ある日バリッと行っちゃいました〜涙
tempo1078様、おはようございます、 (takezii)
2017-06-14 08:38:40
全く 私も 同じです。
若い頃 憧れて いじっくったギターですが 習った訳でも無し、音楽の才も無し で 結局 放ったらかし。
音楽は 専ら ボケー っと 聴いて楽しむ方です。
昔の記憶がどんどん無くなる齢になっても 若い頃 聴いた音楽は 思い出せる って 不思議ですね。
mimoza様、おはようございます、 (takezii)
2017-06-14 08:52:28
昭和40年代頃だったでしょうかね。
洋画と言えば 西部劇ってな時期、有りましたね。
ギター・・・、
今はもう 昔昔の忘れ物?となって 埃を被っています。
なかなか 処分出来ずに・・・。
こんにちは (九州より)
2017-06-14 17:27:34
確か中学生の時だったと思います。
テレビの深夜劇場で「大砂塵」を見ました。
その頃は、深夜によく洋画を放映していました。
西部劇で粗筋は忘れましたが、主題歌が印象に残っています。
当時、我が家の押し入れは土壁で、壁紙代わりに新聞紙が張ってありました。
その紙面の中に、「大砂塵」の映画広告があったことを覚えています。
古い思い出です。
九州様、こんばんは、 (takezii)
2017-06-14 17:50:10
最近のことは直ぐ忘れてしまいますが 若い頃の思い出は、断片的にですが 脳裏に焼き付いていて 忘れないものですね。
新聞紙の映画広告・・・、凄い記憶ですね。
それは まさに 九州様だけの思い出話です。いいコメントいただきました。有難うございます。

コメントを投稿

懐かしいあの曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。