82歳からの旅

私の記録

 ~ 未熟な青年教師の頃 ~ 後編 第一章

2017年08月10日 14時09分17秒 | 歴史


     8月10日水曜日曇り 
 自分史後編 第一章 未熟な青年教師の頃  
 第一節 小森江東小学校は 
 宮本武蔵と佐々木小次郎決闘の地、船島
(巌流島)を学校の正面玄関から眺め、更に風光
明媚な関門海峡の景観が180度展望できるのです。
 こんな素晴らしく恵まれた自然環境の下で毎日
はたらくのです。
 此の恩恵を忘れる事無く、生涯教師として未来
を担う児童と生きる幸せを、神様は私に下さ
ったのです。
 追記1 古くは奈良。平安時代の昔より大陸と
の交易の門戸として、遣唐使・遣隋使等送迎の為
に弟子たちが遥々京都から、師匠の帰りを迎えた
場所弟子待の地名が対岸の彦島の西端にあります。
 その他源平最後の決戦場となった、関門の門司
に、安徳帝の御在所の有った場所が、今は柳の御
所として、市民に親しまれています。
 安徳帝が入水したと言われる場所は、対岸の
下関の・みも裾川の(関門海峡大橋の下関の橋げた
のあたり)ではと・・・つづきは…またね・・
パソコンの調子が上手く出来なくて・・・
   
 ()

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ~ 一日立ちどまって ~ | トップ |  ~ 小森江の地名の由来は ~ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦争への前提 (kaeru)
2017-08-10 15:10:00
戦争と教育は深く結びついています。もし全国の教
育現場で「戦争の実態」が語られていて、政府が戦
争政策を進められるはずがありませんから。

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事