Do be Ambitious! 日記館

あくまでも「Do be Ambitious!」の1コンテンツとして。

伊ノ沢で撮った写真達

2016年04月30日 | 野々村の写真館(その他)
先日伊ノ沢スキー場に2度、ジャンプ台の痕跡を探りに行ったときに
それ以外にも色々写真を撮ったので貼っていこうかな、と。

旭川ロープウェーの碑、昭和30年に高松宮殿下のご助言にて建設されたリフトが
ここにあったそうで、2007年の時点で支柱が1つだけ残ってたそうですが
今はどうか分からず、と言うかこの前行ったとき確かめるべきだったか…?



ふと飛んでいるトビを撮ってみた。
家に帰って確認したら何かを咥えていることに気付いた。ネズミか?



一瞬エーデルワイス?と思ったのは内緒だw
アズマイチゲというキンポウゲ科の花、だよな?
青い方はエゾエンゴサクかしら?他に福寿草なんかも咲いておりました。




余談ですがつぎに行ったときには、下から登ったらザゼンソウが複数咲いているのを発見しました。



スキー場の上の方には池が出来ていました。
ため池って感じでは無さそう、途中から流れ出ていてゲレンデの斜面に垂れ流されておりました。




観音台から降りる途中、目の前をキタキツネが横切り、右の林へ。
でもだいぶ奥に行ってしまい撮りづらいw




そう言えば銀の沢シャンツェにいるときに脇のがけの下の方から何かが斜面を駆け下るような音が聞こえたんだけど
何だったんだろ、聞き間違いか、はたまたあれも狐だったのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼間に雪は降らずとも

2016年04月29日 | 野々村の日常
夜になりうっすら雪化粧です。
でもこれが週明けになると今度は20度ぐらいまで気温が上がるとか、
寒暖の差には気をつけたいところです。

アニメ化決定のテンションで変えてなかった奇異太郎7巻と、
鳩見すた先生の前作「ひとつ海のパラスアテナ」1巻を買ってきたものの
カフェちゃん2巻を買い忘れたことに今気付いてもんにょりしつつ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「奇異太郎少年の妖怪絵日記」がアニメ化だと!?

2016年04月28日 | 漫画・アニメ
かねてより影山理一先生の「奇異太郎少年の妖怪絵日記」など「奇異太郎」シリーズは大好きで
毎回楽しみにしているのですが、今日の更新に合わせて何とTVアニメ化決定というので
この上なくびっくり&テンション上がりっぱなしになっております。
奇異太郎が、すずが、キツねーちゃんが、雪娘が、雪女さんが、妖怪達がアニメで動く、
というのは凄く楽しみです。
製作がおじさんとマシュマロをいい感じにアニメ化した「Creators in Pack」さんなので
出来はそれなりの物になるんじゃないかな?と。多分ここの他の作品からしても5分か10分枠っぽいですけども。
ええ、楽しみでございます。
さすがに霊的な日常の方までアニメ化、というのは高望みですかな?w

ところで明日は雪らしい。マジかあああ (´Д`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京五輪の新エンブレムのこと

2016年04月27日 | オリンピック・スポーツ
2020年東京オリンピックのエンブレムが改めて決定しましたが、
自分としてはこの4案の中ではAかなぁ、と思っていただけにこれで良かったと思ってるってのが素直な気持ちです。
B案は何か人が渦に巻き込まれてるみたいで好かなかったし、D案は水色のせいでパンチがないしどこか
これじゃないよなと言う。C案も風神雷神という案は発想は悪くないけどどこか感覚的ににピンと来ないところがあった。
と思いながら最初は藍色の単色ゆえ気にも留めなかったA案を見ているうちにこれ悪くないんじゃね?となって、
ふっとこの白地に藍の紋様が浴衣とかそう言った感覚を得たんですよね。日本の夏らしさというか。
紋様のパターンは良く見てみると同じパターンが3つ繰り返されている、三つ巴のように。
これに加えて今日知ったのではこれとかこれとかこれの要素を組み合わせたのは考えたなぁ、と。
特に3つめのは思わず声を上げてしまいましたw
そして先ほど見つけたこの記事、これを見てこのカラクリの大きな意味を知ったと言いますか、
なるほどと思わされたのが五輪とパラリンピックは
『「似て非なるふたつのもの」ではなく「違って見えるだけの同じもの」』
『本質的には同じものであり、いつかは融合すべきもの』
と言う表現、なかなかに胸を打たれましたよ。
そしてこれを表現できているのはこの案だけなんですよね。
と言いますかこの記事に関しては他にも個人的に凄く賛同できた部分が多いので気になる方は
一読してみてはいかがでしょう。

[東京五輪・新エンブレム「組市松紋」が史上もっとも未来的なオリンピック・パラリンピック像を示すエンブレムである理屈。]

あと、グッズ化というのもなるほど、この案は使い勝手が凄く良い。
普通にお皿のデザインにするのでも日本的な小物なら何に使ってもしっくりくるんじゃないかしら。

それと色合いがシンプルすぎて映えないのではと言う意見もあるだろうけど、色々色を変えてもOKみたいなので?
(追記:どうも報道で「そう言う展開をする可能性もある」とあったのを自分の中でミュンヘン五輪などのカラー展開と
 混同させた可能性があります、違ったら済みません)
色々なパターンを考えてみるのもアリかも知れませんね。
と言いますかちょいと何色かやってみました、色見本サイトの日本の色のページから拾って。
左上が手を加えてない元のヤツ。追記で差し替えたのですがパラリンピックのも合わせて。
オリジナルの後は右に空色、蒲公英色、紅、常磐色、2段目が浅葱色、桃色、藤紫、濃紅、元祖藍色です。




と言いますか他の誰かの受け売りになってしまいますが日の丸と交互に合わせるだけでもそれなりに
印象は変わりそうで。
ともかくこのA案、個人的には感覚的にも理論的にも一番アリなデザインだな、と。

ときにこのエンブレムを葬式っぽいとか言って葬儀場みたいなコラを作って話題になった方がおられましたが、
あんなにわざとそうとしか見えないように悪意満載で作ったあのコラに関しては個人的には賛同しかねます、マジで。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伊ノ沢シャンツェリベンジ!したはずが…

2016年04月26日 | シャンツェネタ
野々村です。
その辺に行くチャンスがあったのでちょっと覗いてみたのですが…
それらしき地形を見つけはしたのだけど後で調べたらここも場所が違うっぽい。
行ったのは2枚目のこの辺。
1枚目は左の斜面全体。最初この上に上る道のすぐ上の奥かな、とも思ったのだけどこの奥にはそれらしい
斜面がないんですよね。そして今回行ったところの下もそんな感じだったんだけど、改めて
昭和33年の画像を見るともう少しの奥の方?こうなるともっぺん見に行きたくなるのだけどそこにも
そう言う斜面は見えなかったけどなぁ…それともやっぱりジャンプ台に見えるだけで見間違いだったのかな。



この左の部分がデコのあたりで、右がカンテ、それが数十年の時を経て土が崩れたのでは、
とも思ったのだけどね。そうじゃないっぽいのよね。



間違ってなければこれがカンテから上と下を見た画像なんだけど無理があったね。



収穫があったかに思えた今回の探訪、どうやら何も得た物はなかったのかも知れない。
木村様のコメントにあったシャンツェはヤグラはなかったらしいのでそういうのが
この伊ノ沢のどこかにあるのは確かなんですよね。うーん、気になる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伊ノ沢のあの場所に本当にシャンツェがあったのかどうか見てきた

2016年04月25日 | シャンツェネタ


以前、伊ノ沢スキー場の古い写真にシャンツェらしき姿を見たことを書きましたが
雪が融け、草も伸びきらない今の時期を狙って先日ちょっと行ってきました。

行く前にちょいと銀の沢シャンツェに下から挨拶。
この時期だと上のコンクリも少し見えてる気がします。



さて、伊ノ沢へ。
行ったところは斜度も緩く、ただ有り得るかな、と思った場所を見てみたのですが、
上の方に怪しげなカンテじみた段差とコンクリの物体がいくつかあったのが気になるだけで
確定的な物は得られず。
後で調べたら写真の場所はもっと下だったかも知れません。今度もう一度見に行ってみるか。




そのあと銀の沢シャンツェに久しぶりに立ち寄って帰宅。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーフォーミュラ2016開幕戦

2016年04月24日 | モータースポーツ


開幕しましたねぇ、野々村です。
ポールポジションの部長こと山本尚貴がスタートも決めてぶっちぎりの走りで圧勝してしまいましたな。
これまで2勝してるとはいえフルレースでは初めての優勝、遂に花開いたか。
持ってる実力はガチで本物とは思ってましたけれども。
国本選手が2位に入りましたな。部長にしろスタートはあんまり得意じゃないイメージあっただけに
二人ともしっかり決めたのは嬉しい話。
3位にバンドーン、予選3位の関口選手は残念なことに11もポジションを落としてしまいました(ノ∀`)
石浦さんは結局11位まで上がったけどそこまででした、野尻、JPとの9位争いはなかなかに壮絶でしたが。

しかしまぁヨコハマのタイヤは予想以上荷物と言いますか、交換したら負けって言うレースになってしまった感じで。
ただやはりどこかでグリップが落ちるとかそう言ったのがないとレースは面白くなりにくいというか
2011年にも思った、タイヤが持ちするぎるのも何だかなぁ、というのは思いました。
夏になって路面温度が上がるとまた違ってくるのかも知れませんが。

ところで国本車のリアウイングも映像で見られましたがいいVサインです。
石浦さんは殆ど不運が理由って感じだったし次回は得意の岡山、上層気流に乗って欲しところ。
国本選手も今年はいい感じだし次回は揃って良い成績が見たいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーフォーミュラ2016開幕戦予選

2016年04月23日 | モータースポーツ
スーパーフォーミュラ、2016年開幕戦鈴鹿の予選、ニコ生で放送があったのだけど
予定があって見られず、色々あったようですね…
ポールポジションは山本尚貴、相変わらずの鈴鹿の予選で強い男です。
そして2番手にINGINGの国本さん、3位に何とルーキー関口選手です。
4番手にバンドーンで5番手に野尻とダンデコンビが何とこの2人の差は1000分の4秒とかスゲェ。

で、昨年のチャンプでワタクシが一番応援してる石浦さんはQ1アタック中にすぐ前でブラーがスピンして
黄旗になってしまいそこで減速した上で2番手タイムも黄旗の時のラップがトップタイムになったら抹消という
ルールで中嶋大祐共々記録抹消でQ1落ちという悲しいことに。今日石浦さん誕生日なのに…。・゜・(ノД`)・゜・。
セッション終盤でこういうケース、こういう時はいつも通り赤旗にできなかったんかなぁ…
ブラーが自力復帰できる状況だから難しかったのかなぁ…
しかし今回ロッテラー、JP、中嶋一貴と言った実力者もスピンして注意下位に沈んでしまい
明日の巻き返しが望まれます、とんでもないレースになりそうな気がする。楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなと誕2016

2016年04月22日 | 放課後のプレアデス
4月22日、「放課後のプレアデス」のヒロイン(違)、みなと君の誕生日です。
と言うことで描いたのだけど、しかも前日の「みなとの星空」作者の菅浩江先生の誕生日と合わせて
お祝いしたのに、しかも一番乗りだったのに、あろう事か年を間違えて2015と書いてしまっていた大失態
慌てて直したけど時既に遅しと言ったところか、やってしまいました。
と言いますかひかるちゃんの時も眉の色を間違えたり詰めが甘いんだよなぁ…気をつけないと。
ともあれみなと君誕生日おめでとう!
菅先生、お誕生日おめでとうございました。


[Pixiv]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィジカという悪い薬師

2016年04月21日 | 野々村の日常
オルダさん、もといアマガイタロー先生、どっちで呼ぶべきか。
挿絵を担当されると言うことで鳩見すた先生の「この大陸でフィジカは悪い薬師であった」を購入したのが
数日前の話。最初の出だしは何だかなぁ、とか思ってたらフィジカが未来的(読者側からしたら近代的)な
理論持ちで協会側で古い知識しか知らないけど何だかんだ真実は受け入れる主人公アッシュにツッコミを入れたり
かと言えば大金をギャンブルにつぎ込んで大負けしてアッシュに怒られてカワイイ一面を見せたり、
それでいて驚きの事実が明らかになったり、時々切ない思いにさせられたり、なかなかに良い作品でしたわ。
パナケイアブレイクなどパナキアさんのターンもなかなか良い、いいキャラしてましたわ。
鳩見先生の前作「ひとつ海のパラスアテナ」も気になります、冒頭チラ読みだけだとなかなか良さそうですが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

INGINGの今年のニューカラーがなかなか素晴らしい件

2016年04月20日 | モータースポーツ
スーパーフォーミュラの各チームのカラーリングが先のファン感で出そろう中、
少し前には岡山テストにてインパルの新カラー車両がお披露目、なかなか良いカラーリングをしておりましたね。

さて、本日は我らがP.mu/CERUMO・INGINGが遂に今年のカラーリングを発表しました
基本カラーはマイナーチェンジ程度に見えますが、変更点もけっこう目立ちます。
まずサイドポンツーンのプロミューのロゴがこれまでのグリーンからブラック&シルバーに、
これはかっこいいんだけど目立たなくなるんじゃないかとちょっと気にかかります。
そして美羽ちゃん、サイドポンツーンのSD美羽ちゃんは躍動感をましました。
そしてフロントの美羽ちゃんは石浦さんを応援するDAI安吉日のDAIGOさんのキメポーズのウィッシュ!
リア翼端板は石浦さんがナンバー1にあやかってベッテル風のナンバーワンポーズ、
そして画像は出てませんが国本さんのカーナンバー2はVサインになるそうで、こちらも早く見てみたいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南鎌倉高校女子自転車部

2016年04月19日 | 漫画・アニメ
アニメ化が正式発表になった「南鎌倉高校女子自転車部」、少し前に8巻が出て購入したのだけど
7巻の後半から8巻一杯まではバーチャルでバンクを走るって言うので途中から別の高校の子が混ざったりして
何ヶ月も続いたのは連載中は途中作者の松本先生の入院で連載が止まっていたことも含めて滅茶苦茶長く感じた
のだけど一気読みすると割と読めますね、といいますか今月の最新話でその他校の娘が眼鏡っ娘だと判明w
だがそれよりも今回温泉回だったのだけどサンディがセクシーすぎて全部持って行かれた感があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マナコちゃん

2016年04月18日 | 漫画・アニメ
首都ではもうリュウの6月号が明日にも出ちゃいますが(描いてる時点ではもう今日か)、
5月号のマナコちゃん回が凄く好きだったのだけど、マナコちゃん+キツネ面ってのが凄く気に入ったので
いつか描こうと思ってたのがこんな時期になっちゃったわけで。
最初はちょっと照れ笑いっぽかったのですが考えたらマナコちゃんそう言う表情しないよな、と思って
ちょっと口元を修正しました。
しかしこういうキツネのお面って何か不思議な魅力がありますよね。


[Pixiv][修正前]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【悲報】俺氏、またしてもFesteを見逃す

2016年04月17日 | 音楽
なお3回連続の模様、野々村です。
Florian Silbereisenの「Feste der Volksmusik」、今朝放送があったのを
全く事前チェックも忘れてまたも見逃してしまうことに。

今回は元フリッパーズDie FlippersのオラフOlaf Malolepskiさんが3月に70歳になった関係か、
2月に新曲「Du bist wie Champagner(君はまるでシャンパンのよう)」を発表した彼が出演しただけでなく、
司会のFlorian SilbereisenがオランダのJan Smit、ベルギーのChristoffと昨年結成した
3人組ユニットKLUBBB3がフリッパーズに扮して(Florian→Olaf、Jan→Manfred Durban、Christoff→Bernd Hengst)
フリッパーズ・メドレーなんてのをやったそうじゃないですか、リアルタイムで見たかったなぁ…
オラフさんも大喜びで最後には混ざっていましたw




しかしオラフさんもJürgen Drews程とは流石に言えませんが70歳になっても本当元気で
歌も衰えを感じません、顔は流石にシワが増えましたが。
この2人にしろ1つ上のCosta CordalisにしろTony Marshallにしろ、また今回出演したHeino氏にしろ
70代の元気さが眩しいですわ。

そのHeino氏はUdo Jürgens氏が1978年のサッカーW杯アルゼンチン大会のドイツ応援ソング?として歌った
Buenos dias Argentina」をロックカバー!
2年前にはアルゼンチン出身のSemino Rossiも歌ってましたが、あの時はオリジナルよりのアレンジでした。
近年すっかりフォルクス・メタルへの転身を遂げた感のある彼のパワフルな歌唱とロックサウンドがいい感じに
マッチして本当かっこいいです。そして今回はスーツだけど背中はしっかりスカルというw



他にメドレーも歌ってましたがこれは往年の曲でアレンジも大人しめですね。
そんな中で「Ja, ja, die Katja, die hat ja」はなかなかノリノリですが、オリジナルも似たようなもんでした
1981年の曲なので時代相応だったのかしら。
なお昨年のアルバム「Schwarz Blüht der Enzian」でカバーした際にはガチのロック化した模様

最新アルバムがドイツ、オーストリア、スイスでゴールドディスクを獲得したAndrea Bergも出ていましたが
あれ、アンドレアさんの髪色が赤じゃなくなってる!(前回出演時もそうだったようだけど)
いやさすがにいつも赤とは限らないんでしょうけど赤く染めてるイメージが強かったモノで。
この髪色じゃだいぶ印象変わりますな…


[直前のゴールドディスク受賞シーン込みの動画]
[その前の曲] 他に2曲歌ってたようです

今回、たぶん番組の最後だと思うんですが出演者全員でSchlagerメドレーを歌っていましたが
Heinoの「みつばちマーヤ」にもびっくりしましたが、
ラストがジンギスカンの「Moskau(めざせモスクワ)」だったのもびっくり。
いや実際そうなんでしょうけど彼らもやはりシュラーガーに含めて良かったのかな。



うーん、見逃したのが痛いぜ(ノ∀`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BaciaryのTVライブ?の映像3本

2016年04月16日 | 音楽
ワタクシの大好きなポーランド・フォークのバンドBaciaryですが、
昨年ポーランドの音楽チャンネルの番組か何かでスタジオコンサートみたいなのをやったようですが、
久しぶりにYouTubeで検索かけたらその映像が3つほどそのチャンネルから投稿されておりました。
といいますかまず何のライブなのかがワカラナイ、「Chorzowskie Centrum Kultury」という
ライブホール的な場所なんでしょうか、そう言う感じのサイトがありましたが。
「listopad 2015」って事なので昨年11月に行われたようです。

投稿されたのは一番最近のモノですがライブの冒頭を毎回飾るので先に紹介します。
「Jak się bawią ludzie」、色々映像にエフェクトをかけたりしてPV化しておりますな。



続いて「Hej Kawalerowie」、2013年のグレイテストヒッツでのアレンジに近いですが
後半のロック調になるところで今回ロックンロール風にしてきてびっくりしましたw



そして最後に聞いてビックリしたのが毎回ライブの〆で演奏している彼らの代表曲の一つ「Agnieszka」。
何かイントロ付いてるんですが!しかも妙にかっこいいんですが!
Janさんのミュートギターに載せて流れるメロディー誰のだろ。Bartekさんはバイオリンを弾いてないし
見えにくいけどAndrzejさんのキーボード?いやJanさんのギターのオーバーダブか。
といいますかこれ去年までのライブでも聴かなかったアレンジなのでびっくりです。
いいもん見たわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加