Do be Ambitious! 日記館

あくまでも「Do be Ambitious!」の1コンテンツとして。

石田すごい!!!

2010年02月28日 | スキー・ジャンプ


こんなの作っちゃいました。
河原の雪捨て場なのですがね、夕日をバックにしたのですが何かイマイチ感が・・・w
ちなみに進入許可はちゃんと得てますw

距離の女子30キロ、石田選手が凄かった。去年W杯で一度3位に入ってますけど今回、
集団がばらけてトップ集団からは離されたのですが、8~10位の集団に残り、最後スタジアムに
入る少し前は8位争いの3人の最後尾だったのがまずそこを制して8位、さらにそこから
フィニッシュまでにこの大会の金メダリスト3人を次々と抜いて5位入賞、ソルトレーク男子
50キロの今井選手の6位を抜いて距離日本史上最高順位です。
夏見さんもスプリントの選手ながら31位と完走しました。

でもなんか全然注目されてなさげですけどね、スケートの団体パシュート銀メダルと同日ですし。
(こちらも惜しかった、ドイツの自力が勝った…)
距離の男女最長距離、マススタートになってから凄く面白いのになぁ…
女子30キロも最後デッドヒートだったし、このブログを書いてる時点ではもう見たから書くけど
男子50キロも、最後の最後までデッドヒートがあって、ノルウェーのノートグの超人的な
ラストスパートもあったし最高でしたよ。

ところでアルペン、回転で日本勢が振るわなかったのはともかく(ぉぃ
オーストリア勢が男子で74年ぶりにメダルがなかったのが気になりました、どうした一体!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日の丸飛行隊でいいべさ

2010年02月27日 | スキー・ジャンプ


はなまる幼稚園で葉月絵理乃さんが演じてる山本先生、誕生日が5月12日だったのですね。
自分と同じじゃないか!!!w
ちょいと親近感が増した気がします、勝手にですがw

ところで某タレントが日の丸飛行隊とか葛西選手のカミカゼをダサイとバカにしたそうですが…
正直でっかいお世話です。てか日本語の異名付けて何が悪いかと
そもそも日の丸飛行隊って札幌五輪のメダル独占の時に付いた異名だったと聞きましたが。
カミカゼだって葛西選手の90年代半ばの果敢な前傾フォームを賞賛して海外で呼ばれたのが
始まりなわけですし。
まぁ勝手に言ってろって話でもありますけどねぇ…
個人的には日の丸飛行隊もカミカゼカサイも格好いいと思いますが自分だけでしょうか。

(追記:ひでー誤字やらかしてたんで修正しますorz)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国体ジャンプ

2010年02月26日 | スキー・ジャンプ
完全に寝てしまいフィギュアのフリーも見れなかった野々村です。
明日はなんとしてもボブスレー見たいけど大丈夫かなぁ

今日は国体ジャンプが札幌であったので貼っておきます。
とりあえず一言。
毎年成年Bで上位に入ってくる成田巨樹選手って何者!?
秋田県チャンピオンらしいですが名寄や朝日にも出てこないし一体…

第65回国民体育大会冬季大会くしろサッポロ氷雪国体スキー競技会
スペシャルジャンプ ノーマルヒル
札幌宮の森ジャンプ競技場 HS=100m K=90m

少年の部(リザルト
 1  9 渡部弘晃  北海道 札幌日大高校     91.0m 115.0 
 2 14 成田祐介  北海道 下川商業高校     85.0m 101.0 
 3 32 小林潤志郎 岩手県 盛岡中央高校     84.5m 100.5 
 4 17 穂苅雄一  新潟県 八海高校       82.5m  95.5 
 5  1 渡部善斗  長野県 白馬高校       81.0m  93.0 
 6  8 竹花健汰  北海道 札幌日大高校     78.5m  87.5 
 7 37 細田将太郎 北海道 北海高校       77.5m  84.5 
 7 11 宮崎敏也  新潟県 小千谷高校      78.0m  84.5 
 9 35 清水礼留飛 新潟県 新井高校       76.5m  82.5 
10 29 田中寛幸  秋田県 花輪高校       76.0m  81.0


成年Aの部(リザルト)
 1 35 湯本史寿  北海道 東京美装       95.0m 126.0 
 2  6 作山憲斗  長野県 北野建設       94.5m 124.0 
 3 34 佐々木悠兵 山形県 日本空調サービス   90.5m 114.5 
 4 16 渡瀬雄太  北海道 雪印乳業       90.0m 112.0 
 5  9 田中翔大  北海道 プライススキークラブ 87.0m 106.0 
 6 17 舘岡航平  東京都 日本大学       86.5m 105.5 
 7 26 遠藤晃太  滋賀県 アインズ       86.0m 103.0 
 8 11 高尾康平  岐阜県 岐阜日野自動車    85.5m 102.0 
 9 24 船渡裕太  岐阜県 中京大学       82.5m  96.0 
10 29 佐藤幸一郎 秋田県 鹿角市スキー連盟   81.5m  93.5 

成年Bの部(リザルト)
 1 15 坂野幸夫  山形県 雪印乳業       87.5m 109.0 
 2 18 一戸 剛  千葉県 アシックス      87.5m 108.0 
 3 14 吉岡和也  北海道 土屋ホーム      86.5m 106.5 
 4 13 成田巨樹  秋田県 小坂製錬       82.0m  94.5 
 5  8 東  輝  北海道 日本空調サービス   81.5m  93.0 
 6  2 船木和喜  北海道 フィットスキー    78.5m  86.5 
 7 19 福士和行  青森県 陸上自衛隊青森    71.0m  70.0 
 8 16 永井陽一  岩手県 松尾中学校      67.0m  62.0 
 9 10 田鍋 肇  群馬県 ショップタナベ    66.0m  60.0 
10 11 森  敏  長野県 野沢温泉スキークラブ 65.5m  59.0 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春のにほひが

2010年02月25日 | 野々村の日常


2月下旬、まだまだ冬だと思っていたら急に暖かくなったようで。
家の前の道も完全に雪がぐちゃぐちゃになっていてこの有様。
シャーベットを通り越してますよこれは。
この中を図書館に向かったら歩きにくくて時間がかかる、結局着いたのは
閉館ギリギリの時でした。
おかげで本を返すのがやっと出道スポを読む余裕もなく…

ところでこの時期に暖かくなると独特の匂いがしますよね。
雪融け頃特有のこの匂い、これこそ春の匂いなんでしょうか。

春と言えばこの間ニュース9の春ちゃんがメガネをかけてたそうで。
見逃したんだよなぁ、キャプ拾えたけど。
この時期ニュース9の天気予報は見ものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしくなった作品

2010年02月24日 | 漫画・アニメ
複合団体残念だったなぁ、まさかアメリカが抜け出したことで牽制し合いじゃなくて
デッドヒート戦になったのと後半の雪が誤算でした…この借りはソチで返すしかないでしょう!

ところで昨日複合の時間待ちをしてる間、確かゼノグラのOPを爆れつハンターのOP曲に
合わせたMADを見つけてしまったが最後、しばらくそれと共に小4の頃よく見てたアニメの動画を
見まくってたのですが、やはりそうなるとあの年の自分の中で最高だったりりかSOSに落ち着いて
しまいまして、その関係動画をいろいろ見て懐かしさに浸っていました。
2年3ヶ月ほど前にも書きましたがりりかや星夜と同学年だったもので思い入れ強かったですよ。
まぁ、さすがに放送から14年も経っちゃうと内容ほとんど覚えてませんけどね。
でも何でか見返す気になれないのはあの時の思い出として取っておきたいからなのでしょうか。
ちなみに、pixivでうちのページ見てくれてる人で気付いたかも知れませんが昨日ブックマークに
急にりりか関係の絵が5枚追加されたのはそのプチぶり返しのせいですw
しかしこう子供の頃にはまった物事って何かとぶり返すなぁ…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンクーバー五輪ジャンプ団体戦(書き直し版)

2010年02月23日 | スキー・ジャンプ
ジャンプ団体戦が終わり、五輪のジャンプも全日程が終わりました。
団体戦はみんなベストのジャンプが出来たと思います。
択もここに来て、今年に入って最高のジャンプが出来たんじゃないでしょうか。
とっちーも初めての五輪、ここまで調子が上がらない中実力者が揃う3番手で
上位と遜色ない、やっととっちーらしいジャンプを見せてくれた。
大貴も慣れないトップバッターですが特に2本目は素晴らしかった。
そして葛西さんも、会心とまでは行かないかも知れないけど素晴らしかった。
(あと5mくらい行けてたかな、葛西さんなら立ってたでしょう)

もっとも他の国もいつになく良いジャンプが続出したのもあって
(第2グループなんかまさかあんなに会心のジャンプが続出するとは
  思ってもいませんでした)
メダルには届きませんでしたけど、みんな良くやったと思いますよ。
素直に皆を褒めたいです。

葛西さんは次を目指すと宣言しましたね、今回出番がなかった岡部さんも
黙ってはいないでしょう。大貴もとっちーも択も、また国内で虎視眈々と
その座を狙う若手達、4年後に向けてどうなっていくか楽しみです。

まぁそれはこれからのこと、ひとまずは代表の皆さん、本当にお疲れさまでした。

バンクーバー五輪 ジャンプ・ラージヒル団体
ウィスラー(カナダ) HS=140m K=125m FISリザルト(HTML PDF) 五輪公式

 1 12 AUT - AUSTRIA                         1107.9
   12-1 LOITZL Wolfgang        138.0m 138.5m 
   12-2 KOFLER Andreas         132.0m 142.0m 
   12-3 MORGENSTERN Thomas     135.5m 135.0m 
   12-4 SCHLIERENZAUER Gregor  140.5m 146.5m 
 2 11 GER - GERMANY                         1035.8
   11-1 NEUMAYER Michael       137.0m 136.5m 
   11-2 WANK Andreas           128.5m 139.0m 
   11-3 SCHMITT Martin         128.0m 122.0m 
   11-4 UHRMANN Michael        135.0m 140.0m 
 3 10 NOR - NORWAY                          1030.3
   10-1 BARDAL Anders          128.0m 127.0m 
   10-2 HILDE Tom              127.5m 139.0m 
   10-3 EVENSEN Johan Remen    131.5m 129.5m 
   10-4 JACOBSEN Anders        138.0m 140.5m 
 4  9 FIN - FINLAND                         1014.6
    9-1 HAUTAMAEKI Matti       133.5m 130.0m 
    9-2 HAPPONEN Janne         128.5m 139.0m 
    9-3 KEITURI Kalle          123.0m 132.0m 
    9-4 OLLI Harri             134.0m 134.5m 
 5  6 JPN - JAPAN                           1007.7
    6-1 ITO Daiki              129.5m 133.5m 伊東大貴(雪印乳業)
    6-2 TAKEUCHI Taku          125.5m 129.5m 竹内 択(北野建設)
    6-3 TOCHIMOTO Shohei       128.0m 132.0m 栃本翔平(雪印乳業)
    6-4 KASAI Noriaki          133.5m 140.0m 葛西紀明(土屋ホーム)
 6  8 POL - POLAND                           996.7
    8-1 HULA Stefan            129.0m 127.5m 
    8-2 RUTKOWSKI Lukasz       123.0m 127.5m 
    8-3 STOCH Kamil            126.5m 134.5m 
    8-4 MALYSZ Adam            136.5m 139.5m 
 7  5 CZE - CZECH REPUBLIC                   981.8
    5-1 HAJEK Antonin          129.0m 135.0m 
    5-2 KOUDELKA Roman         131.0m 135.5m 
    5-3 HLAVA Lukas            125.0m 126.0m 
    5-4 JANDA Jakub            128.0m 129.0m 
 8  7 SLO - SLOVENIA                         958.8
    7-1 PIKL Primoz            124.0m 119.5m 
    7-2 MEZNAR Mitja           126.5m 131.0m 
    7-3 PREVC Peter            132.0m 127.5m 
    7-4 KRANJEC Robert         129.0m 139.0m 
 9  3 FRA - FRANCE                           419.8 
10  4 RUS - RUSSIAN FEDERATION               414.1 
11  2 USA - UNITED STATES                    340.0 
12  1 CAN - CANADA                           294.6 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日を祝わずにはいられないな!

2010年02月22日 | 漫画・アニメ
今夜のジャンプ団体のことはあとで別記事で書こうと思います。

その前に…

誕生日おめでとう池田ァ!
と久保コーチは言うのでしょうか、咲-Saki-の池田華菜の誕生日って事で描いてみました。
咲-Saki-の一部主力キャラの誕生日が某「ラブじゃん」で明らかになりましたが、個人的に
お気に入りのキャラ5人(まこ、ともきー、佳織、みはるん、華菜)の中で明らかになった3人中
最初に誕生日が来たのがこいつだったわけです、今回はお絵かきツールで描ききましたが
(スキャナのあるPCは親のなんで)3月10日のともきーのには手描きのを入れようかな、と。
いや華菜ちゃんのも手描き線画の用意してたんですけどねぇ…
とりあえずおめでとう!

ところで2月22日なのはやはり猫っぽいからだろうかw(この日は猫の日でもあるわけで)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ買ってきた

2010年02月21日 | 漫画・アニメ
先週に続いて駅前に行ってきました。
と言いますのもネギま!の最新巻が出てたのと、ゼノグラのベストコレクションを発売から
ずいぶん経ってやっと買う決心が付いたのですね。
後者は先週買うべきだったかも?w
まぁでもこちらはゼノ学を見て買う決心がついたような物なので一概にゃ言えないか。

あと中古レコード屋で「岬めぐり」のシングルがないかな~と思ったら無くて、代わりに100円で
買ってきたのがYMOの「君に、胸キュン。」だったりしますw
まりあ†ほりっくのEDとしてカバーされましたが最近アニメ関係でJ-POPや懐メロがカバー
されるケースがちょくちょくありません?5の2とか、見なかったけどそらのおとしものとか。
らき☆すたのカラオケED辺りからなのでしょうかねぇ…あ、DROPSの存在を忘れてましたw
そういえば国生さゆりさんのバレンタイン・キッスがテニプリのキャラソンとしてカバーされて
いるのを知ったときにはブッたまげたものですw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五輪ラージヒル個人、葛西意地の入賞!

2010年02月20日 | スキー・ジャンプ
野々村です、3年ほど前に上げた「スキージャンプ夜話」が変な意味で誤解受けてしまい
地味に大変なことになりかけたのでしばらく隠します。
いやその誤解も悪い内容ではないのですが今思えばあの記事もいろいろ不備が
あってあの形で載せたのはまずかったんじゃない勝って今更思っただけで。
必要ならそのうち少し書き直して上げ直しますが。

ともあれラージヒル決勝ですが、日付上は明日朝ですがもう載せちゃいます。
1本目惜しかったのはテクニカルブレイクの後葛西さんから大貴含めて
クラニエッツあたりまで上空が追い風のゾーンにぶち当たったことでしょうかねぇ…
2本目は大貴も葛西さんも意地を見せました。大貴が1本目30位タイから一気に10個上げて20位、
そして葛西さんが圧巻でした、1本目21位だったのがタイミング若干遅れ気味でしたけどそれでも
135mまで伸ばして一気に8位入賞までジャンプアップしました。
んー1本目のテクニカルブレークがなければ、とも思いましたが2本目の条件が悪い一にぶち
当たってた可能性もあったわけで一概には行かないでしょうかね、
10位以内なら良い条件で飛べたんでしょうけど。
メダル勢はノーマルと全く同じ顔ぶれですな、順番もw
アマンは言うこと無し、別格過ぎてwwww
それととっちーと択は大丈夫でしょうかねぇ、気負いすぎていやしないでしょうか。

バンクーバー五輪 ジャンプ ラージヒル決勝
ウィスラー(カナダ) HS=140m K=125m FISリザルト 五輪公式

 1 50 AMMANN Simon           SUI  144.0m 128.0m 283.6 
 2 45 MALYSZ Adam            POL  137.0m 139.0m 269.4 
 3 49 SCHLIERENZAUER Gregor  AUT  130.5m 136.0m 262.2 
 4 47 KOFLER Andreas         AUT  131.5m 135.5m 261.2 
 5 48 MORGENSTERN Thomas     AUT  129.5m 129.5m 246.7 
 6 34 NEUMAYER Michael       GER  130.0m 130.0m 245.5 
 7 32 HAJEK Antonin          CZE  128.0m 129.0m 240.6 
 8 36 KASAI Noriaki          JPN  121.5m 135.0m 239.2 葛西紀明(土屋ホーム)
 9 42 KRANJEC Robert         SLO  118.5m 135.5m 233.7 
10 46 LOITZL Wolfgang        AUT  129.5m 121.5m 230.3 
20 40 ITO Daiki              JPN  117.0m 128.5m 216.9 伊東大貴(雪印乳業)
37 21 TAKEUCHI Taku          JPN  110.5m ---.-m  83.9 竹内 択(北野建設)
45 28 TOCHIMOTO Shohei       JPN  105.5m ---.-m  73.4 栃本翔平(雪印乳業)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バンクーバー五輪、ラージヒル予選

2010年02月19日 | スキー・ジャンプ


某地元の町のSNSの人の日記で木に新聞の束が吊り下がってる場所があると知って
見に行ってきました、何ですかこのシュールな光景は。
ちなみに同じ木にもう一束吊り下がってました、カラスの仕業かはたまた人為的なものか。
謎は深まります。

さて、ラージヒルの予選が深夜3時くらいからありました。
日本は葛西さんと大貴がワンツーで決勝進出、残る二人も予選通過です。
葛西さんや大貴はタイミングが遅れていながらあのジャンプ、合っていたらもっと飛んでた
でしょうけどそれじゃ危険ですな、本番はゲート下がるからあるいは…
とっちーと択も失敗気味、裏を返せばまだまだ伸びる、明日頑張って欲しいです。
あとアマンは相変わらず異次元ですな。
リザルトを載っけておきます、予選免除組の結果は五輪公式の方にあるみたいですね。

バンクーバーオリンピック ジャンプ ラージヒル予選
ウィスラー(カナダ) HS=140m K=125m FISリザルト 五輪公式

 1 47 KASAI Noriaki        JPN   142.5m   143.5 葛西紀明(土屋ホーム)
 2 51 ITO Daiki            JPN   139.5m   142.6 伊東大貴(雪印乳業)
 3 46 WANK Andreas         GER   137.5m   138.0 
 3 43 HAJEK Antonin        CZE   137.5m   138.0 
 3 36 HAUTAMAEKI Matti     FIN   137.5m   138.0 
 6 50 EVENSEN Johan Remen  NOR   137.0m   137.1 
 7 33 BARDAL Anders        NOR   136.5m   136.7 
 8 41 HILDE Tom            NOR   136.5m   135.7 
 9 49 OLLI Harri           FIN   137.0m   135.6 
10 48 CHEDAL Emmanuel      FRA   137.0m   135.1 
19 39 TOCHIMOTO Shohei     JPN   130.5m   123.4 栃本翔平(雪印乳業)
22 32 TAKEUCHI Taku        JPN   129.5m   121.6 竹内 択(北野建設)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

過去絵でお茶を濁してみる

2010年02月18日 | 野々村の日常


カーリングに見入ってしまったのと朝6時前に跳ねてしまったので距離女子スプリントや
滑降などことごとく見逃してしまった野々村です。

今回は過去絵でお茶を濁してみましょうか。
05年の6月10日の日記に載せた、羽衣の滝をまもる天女のいなほちゃんです。
ちなみにオリキャラですが、名前は2007年に考えました。
本当は当時の日記記事も紹介したいところなんだけどCGIBOYの日記はバックアップ取らないまま
サービス終了で消えてしまったので紹介できないのが残念です。

ところでゼノグラで面白いMADを発見したのですがw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナニコレ珍百景Part2~雪面の奇跡~

2010年02月17日 | 野々村の日常


2月10日に続いてこの手のネタですw
何かいかつい人の顔に見えませんか?w
今日図書館からの帰りに道端の雪が上手い具合にこういう形になってたんですよ。


しかしその直後、道の対岸の寺の入り口に衝撃的な物を見つけてしまいました。
どう見ても犬だろこれ!!!w
雪面に出来た模様でここまで奇跡的なものは初めて見た気がしますw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピードスケート&伊藤杯ジュニア

2010年02月16日 | スキー・ジャンプ
スピードスケート男子500m、長島選手が銀、加藤選手が銅メダルを獲りましたね!
道産子としては銀メダルの池田町出身の長島選手、1本目やや出遅れた感がありましたが
2本目の快走は素晴らしかったとおもいますよぉ。

さて、日曜に札幌の荒井山で伊藤杯ジュニアがありましたね。
これ、元々TVh杯だった奴でしょうか、TV録画放送は今年からはもう無いんでしょうかね…
実は一度この大会は見に行こうかな、とも思ったのですがやめた経緯があります。
(一度は荒井山の大会、生で見てみたいんですよねぇ)
まぁ日曜オフ会やれたこと考えたら行かなくて正解ではあったかな…w

ともかくそのリザルトです。
札幌の大会ともなると初めて見る名前もちらほらあるわけで、その中で1人、
小学1部の大井駿君、2年生ながらこの飛距離、飛型点を見た限り2本目に転倒したようですが
それでも7位に入りました、これからちょっと楽しみですね。
ちなみに今回も岩佐君、将充君、幸椰君がそれぞれ順当勝ちしたようですねw
中学の部は渡辺知也君も差を詰めてきたようですけどもそれでも強い、さすがです。

第1回伊藤杯ジュニアジャンプ大会
札幌荒井山ジャンプ競技場 リザルトpdf

小学1部(スモールヒル HS=27m K=25m)
1 20 岩佐勇研 4 札幌藤野小   25.0m 24.5m 219.3
2 19 佐藤友星 4 上川小     22.5m 21.5m 187.6
3 16 大井 栞 4 札幌三角山小  21.0m 21.0m 178.3
4 13 齋藤祐輝 4 札幌篠路西小  20.0m 20.0m 170.5
5 18 松本祐依 3 札幌日新小   19.0m 20.0m 153.8
6 37 宮崎海翔 4 小樽天神小   18.0m 19.0m 153.8
7 14 大井 駿 2 札幌三角山小  18.5m 20.0m 137.9 ※2本目転倒
8  7 鈴木雅也 4 岩見沢南小   17.0m 17.0m 136.6

小学2部(スモールヒル HS=27m K=25m)
1 34 伊藤将充 6 下川小     24.0m 25.5m 219.3
2 33 尾形優也 6 札幌大倉山小  23.5m 24.0m 209.0
3 30 佐藤慧一 6 下川小     24.0m 23.0m 206.8
4 27 竹原光祐 5 下川小     23.5m 23.5m 203.3
5 23 相生啓佑 6 由仁三川小   23.0m 23.0m 196.4
6 26 中島康之 5 北広島大曲小  23.5m 22.5m 195.4
7 31 渡邉 陽 6 札幌西野第二小 21.5m 21.5m 183.2
8 29 清水建吾 5 札幌宮の森小  22.5m 19.5m 178.3

中学生の部(ミディアムヒル HS=59m K=55m)
1 60 佐藤幸椰  石狩花川北中  50.0m 55.0m 207.5
2 58 渡辺知也  名寄中     48.5m 54.5m 201.9
3 57 瀬川 友  名寄中     49.0m 51.0m 191.0
4 54 高橋真情  下川中     48.5m 50.5m 188.2
5 53 奈良拓実  余市東中    47.0m 51.5m 184.3
6 51 渡部陸太  札幌宮の森中  46.0m 51.0m 179.6
7 44 黒川暁稀  余市東中    50.0m 46.5m 178.7
8 45 中村直幹  札幌宮の森中  49.5m 46.5m 176.3
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小林もうちょっと!

2010年02月15日 | スキー・ジャンプ
複合、小林選手惜しかったですなぁ、
最後、よく滑る板の滑りに任せてスパートかけたけどあそこで我慢してそのあとの登りのあと
一気に、というのはさすがに無理があったのでしょうかね。
でも夢見させてもらいましたよ。個人ラージと団体戦でも期待したいところですね。

ところで滑降見てたらソファーで寝てしまったorz
時間も時間なのでジャンプの伊藤杯ジュニアのことは16日付で書くとして今日はこれだけにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お稲荷さま。再び姿を現す

2010年02月14日 | 野々村の日常


遠く河原に目をやると動く影があった。
カメラのズームをいっぱいにしてみるとキタキツネだ。
あの日見つめ合った、あの個体だろうか、するとこちらを向いたような気がした。

その瞬間シャッターを押すことは出来なかった。
キツネはすぐに川原を遠くへと歩いていき、姿が見えなくなった。

一昨日、去年キツネを見かけたあの雪捨て場での一コマでした。

今日はアニメイトであまんちゅ!の第2巻、バガタウェイとパラブルのそれぞれ第3巻を
買いに行ってきたのですが(ついでにソ・ラ・ノ・ヲ・トのOPも。)アリレさんが来ることに
なってプチオフ会やったりもしました。まぁ今回は時間は余り取れませんでしたが(^^;
(まぁでも今日はお疲れさまw>アリレさん)

そう言えば2月14日、バレンタインデーという奴ですね、自分は縁が遠いですけど絵はほぼ毎年
描いていたりするわけですが、こう毎年同じキャラ(今年もうちの藤咲ゆかりです)にやらせると
構図とかいろいろ困ることになりそうです、来年は久々にウェートレス服着せるかな。
と思ったらこいつをここで描くのまだ2回目だったw(しかも去年描いてないしw)
それとも国生さゆりの「バレンタイン・キッス」のパロディでもするか。
大きいのはクリックしたら見れるんで、例によって。



ところでカスガさんの久まこコピー本、とらのあなに再入荷したってんで通販で買ったのですが
今日届きました。いやはや最高すぎるぜ!!(リンク先年齢制限注意)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加