タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ロボジー

2012年08月16日 | 映画他レビュー
【あらすじ】
家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、 
太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつも
ワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行
ロボット開発を命じられる。

近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。
しかし、ロボット博まであと1週間という時期になって、
制作途中のロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破
してしまう。窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に
人間を入れてごまかす計画を立案。

ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、架空
のオーディションによって、仕事をリタイアして久しい
独り暮らしの老人、73歳の鈴木重光(五十嵐信次郎)
が選ばれる。しかし、この鈴木さん、実はとんでもない
爺さんだった…。

さらに、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子
学生・葉子(吉高由里子)も巻き込み、事態は思わぬ
方向へ転がり出す……。



お盆休み最終日、やっぱりね、翌日から
仕事なワケだから家で大人しくしてようと
思い、DVD鑑賞という事にしました。


この作品なら子供も一緒に安心して観られるしね。


この作品も(絶対、映画館で観るぞ〜。)と何回も
計画しながら結局観に行けなかった作品です。
まあ行かない行けないというのはそこまで強い
信念がなかったという事なんですけどね。
というワケでそろそろ映画の話をしましょうか。。。


ストーリーは至ってシンプル。


あらすじを読んでいただくと分かりますが
ロボットを作り切れなかったおっちょこちょい
社員三人がロボットに人を入れて世間を騙しきる
という映画ならではでのストーリー。


じいさんがロボットに入るからロボット爺さん。
(ロボジー)


普通だったらコンプライアンスの観点から
言って大問題のお話(笑)


でも『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』
の矢口監督、うま〜く作品をまとめています。


誰が観ても不可なく観賞できる作品と言えばいいでしょうか?
僕の場合はと言いますと・・・
あまりに期待が大き過ぎたので・・・
期待以上ではありませんでしたね。


ストーリーがあまりにも思う通りに進んでいくので
そこが残念。もっと大笑いできると思ったんですが。。。
むむむむむ〜。


ところで主演(?)と言っていいかどうか分からない
んですがオタク女子を演じる吉高由里子、
自分はこの子がテレビに出始めた頃は正直
(高飛車な子だなあ。。。)と感じあまり好きでは
なかったのですが・・・。


色んな作品を観るとカメレオンの如く受ける印象が
全然変わる!それは女優としてホントスゴい事ですよね。
今回も超オタッキーな役柄ですが本当にオタクくさい
なあと観ていて感じてしまった。


彼女はやはり色んな意味で大物かも。。。


ロボジー スタンダード・エディション [DVD]
東宝



ロボジースペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
東宝



映画『ロボジー』 公式予告編
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫路セントラルパーク | トップ | 姫路城出陣! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
充実した休みだったんだ。 (gopher0131)
2012-08-17 17:05:48
夏休みも充実した日々を過ごしていたんだ。(笑)
私も、ゴルフに反省会に親戚の集まりにナゴヤド−ム観戦、ついでにDVD鑑賞!
しかし、夏風邪か過労か飲みすぎか…体調悪し…
ナゴヤド−ムなんて、ウサギがいっぱい点を取っているのに心は虚ろ状態(悲)
「酒なんてやめだー」なんて、思っていたら…土曜日が同年会だそうです。優柔不断な僕だから、飲んじゃうよー(笑)
飲めるうちがハナだぁー。

誰か、私を叱って下さい。
充実してましたよ。 (takeya⇒gopher0131様)
2012-08-18 06:09:28
確かにお盆中は呑みましたね〜。

こっち来て数ヶ月。
友達がいないので週末呑み会が
なくなり映画鑑賞が増えましたが・・・

お盆は旅行だから夫婦二人とも呑みますしね。
車だとそうは行かない(笑)
どちらも遠慮して結局呑まない・・・みたいな。

体調は僕は問題ないんですが・・・
体重が増えました

今からまた元に戻していきます。
今日は現場ですしね(笑)

部長も摂生した方がいいかもしれません。。。
まだまだ暑いので身体は十分気を付けて
下さい。

ではまたコメ待ってま〜す(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ロボジー』 2012年1月10日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ロボジー』 を試写会で鑑賞です。 東宝の正月映画はクオリティ高いですね〜 【ストーリー】  弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走して...
ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
『ロボジー』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(...
ロボジー (あーうぃ だにぇっと)
ロボジー@有楽町朝日ホール
[映画『ロボジー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。 後から書き足しをすると思う、あしからず。   ◇ 私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良性)、...
『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! (映画のブログ)
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
ロボジー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ロボット爺ちゃん、がんばる。 「ひみつの花園」「スイングガールズ」などの作品で知られる矢口史靖監督の最新作は、畑違いのロボット開発を命じられた技術者が、破れかぶれで着ぐるみロボットの中に老人を...
ロボジー (銀幕大帝α)
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) −監督− 矢口史靖 『ハッピーフライト』 −製作− 亀山千広 −脚本− 矢口史靖 −出演− *五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光 *吉高由里子『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』・・・佐々木葉子 *濱田...
★ロボジー(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくです 変形しない。 戦わない。 働きもしない。 そんなロボットに 日本中が恋をした――。 上映時間 111分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/01/14 ジャンル コメディ 映倫 G 【解説】 「ウォーターボーイズ」「ハッピー...
「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ (はらやんの映画徒然草)
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
ロボジー (勝手に映画評)
『ウォーターボーイズ』で男子シンクロを、『スウィングガールズ』でビッグバンドジャズを、そして『ハッピーフライト』で航空業界を描いた矢口史靖監督の最新作品。今回は、ロボット業界にメスを入れています(笑)。 何と言っても、主演の『新人』五十嵐信次郎が話題です...
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...