タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

シンデレラ(2015)

2017年01月22日 | 映画他レビュー
監督:ケネス・ブラナー 出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ノンソー・アノジー、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル、ヘレナ・ボナム・カーター

【解説】
古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで監督としても高い評価を得ているケネス・ブラナー。テレビドラマ「ダウントン・アビー」で注目を浴びたリリー・ジェームズがシンデレラにふんし、その脇を『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェット、『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーターといった実力派が固めている。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会い、心惹(ひ)かれるが……。(シネマトゥデイより)


 古今東西より語り継がれてきた誰もが知る物語、それが「シンデレラ」。ラストまでほぼ原作の通りに進むだけなのになんて魅力的な作品!こんなに強く惹かれるとは思いもしませんでしたよ!

 ストーリーの始まりはシンデレラ(実はエラと言う名前らしい)の幼少時代から。彼女が住む家は継母と義姉に乗っ取られたものらしい。なるほどね~、僕らの知る物語はもう既にシンデレラが継母達にいじめられてる所から始まるからね。そこを上手く描いた点をまず評価。(ほうほう)また舞踏会の前にシンデレラと王子が森で出会うシーンがあるのだけど(それがきっかけで舞踏会は開かれる)この辺の運びも非常に上手く矛盾が全くないんだよね。この作品は無駄な肉付けはせず最小限に留めたところが最大の成功要因なんだろうな。とにかく観終わってからシンプルな演出に感心しまくった作品であります。

 登場人物の中で個人的に好きなのは魔法使いのヘレナ・ボナム=カーター。この人のクセのある演技がとても素敵だと思うのは僕だけでないハズ。あとアヒルとトカゲね。こっちも外見のクセが強すぎ(笑)主役のシンデレラが純粋なだけでないところも素晴らしい。義姉達を(心が醜いので)かわいそうだと思ってましたとアナウンスが入るくだりなんかは彼女がただの天然、純心ではないと感じさせる瞬間でもあります(笑)まあだからこそ舞踏会に行きたいわ!って思うんでしょうしね。で最後にガラスの靴がシンデレラのものだと分かった時もスゴい!継母に対し「あなたを母だと思った事はない。今までも。今後も」と言い放つのだ。そりゃあ気持ちは分かるけどさぁ。←言わなくてもいいのにねぇ(笑)案外ディズニープリンセスって気が強い人が多いんだよね。それをふと感じた瞬間でもありました(笑)まあそんなディズニー独自のスパイスを含めた上でも最高の作品でしたけどね。

タケヤの絶対的偏見評価 10/10(10点中10点!)

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーサイド・スクワッド | トップ | エクス・マキナ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (ヒロ之)
2017-01-22 15:27:18
こちらもTBありがとうございました。
おっ!タケヤさんも満点!!
良かったですよこれ。
純粋な気持ちで見れるし、何よりも映像がとても綺麗。
だから可愛いシンデレラが更に美しさを増しちゃって美女好きな私としても何とも心洗われる作品でした。
個々のキャラクターも魅力的でしたね。
誰でも知っている話をシンプルに作り上げつつ、全体的に華やかさを美味く付け足した紛れもない素敵な1本!!
ヒロ之さん (タケヤ)
2017-01-24 11:36:19
良かったですよ、ホント!
よくもまあ、アレンジもほとんどない中で
いい作品を作ったもんだなあと感心しましたもん。

そうそう映像も綺麗でしたよね!
いい作品は全てが上手く作用するという
典型的な作品でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シンデレラ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
シンデレラも、ありのままで! 古くからヨーロッパ各地に伝わる灰かぶり姫の民話をもとにした、シャルル・ペローの童話「シンデレラ」を、ウォルト・ディズニーが美しいアニメ......
映画『シンデレラ』観た(*бωб*)♪ (よくばりアンテナ)
いやぁ〜ほんとに映画館で映画観るの久しぶり。 半年も観てなかった・・・ 『美女と野獣』以来です。 最近になってようやくあれもこれも観たいって気分になってきました。 ......
劇場鑑賞「シンデレラ」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の愛を見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504260000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】シンデレラ オリジナル・サウンドトラック [......
「シンデレラ」(1回目) (或る日の出来事)
主演のリリー・ジェームズさん、見ているうちに、グレース・ケリーさんのように思えてきた。
6才のボクがシンデレラ (Akira's VOICE)
「シンデレラ」 「6才のボクが、大人になるまで。」
シンデレラ (銀幕大帝α)
CINDERELLA 2015年 アメリカ 105分 ファンタジー/ロマンス 劇場公開(2015/04/25) 監督: ケネス・ブラナー 『マイティ・ソー』 出演: ケイト・ブランシェット:まま母(トレ......
シンデレラ (いやいやえん)
【概略】 過酷な状況の中でも勇気と優しさを忘れないヒロイン・シンデレラが生み出す“奇跡の愛"を圧倒的な映像美で描き出す。 ラブストーリー 誰もが知っているおとぎ話......
『シンデレラ』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
画面の美しさと音楽の流麗さにうっとり…。おとぎ話の映画化はこうじゃなければ。主役二人にあまり華が感じられませんが、ケイト・ブランシェット扮する継母の憎々しさ、出番僅か......
『シンデレラ』 2015年3月28日 ディズニー試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『シンデレラ』 を試写会で鑑賞しました。 今日の試写は男性限定での試写であった。 結構人は少なめだった。。。 【ストーリー】  貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子......
シンデレラ (映画好きパパの鑑賞日記)
 だれもが知るディズニーのおとぎ話を忠実に映画化。連休中とあり、小さな子供をつれた親の姿も目立ちました。ディズニー映画にありがちですが、併映の短編アニメ、「アナと雪の......
シンデレラ ~ 見習い王子さま (まぜごはん)
シンデレラ 観てきました。 公式HP 継母と意地悪な姉たちにいじめられていたエラ(シンデレラ) 亡くなった母がエラに託した言葉 ”Have Courage Be Kind ” を胸に意地悪な...
女子にとっては永遠の憧れ。『シンデレラ』 (水曜日のシネマ日記)
世界的に古くから親しまれている童話「シンデレラ」を実写化した作品です。
シンデレラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) シャルル・ペロー版を基にしているのでお子様でも楽しめる。
シンデレラ(2015) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
有名なおとぎ話であるシンデレラの最新映画版で 製作はディズニー、監督はシェイクスピア俳優 としても有名で脚本や監督業と多岐に渡って活躍する ケネス・ブラナーが務める『シン......
キラ☆キラの魔法~『シンデレラ』 【字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 CINDERELLA  両親を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、継母(ケイト・ブランシェット)と義 理の姉妹に 「シンデレラ」=灰かぶり姫と呼ばれ、召使同然の扱いを......
映画「シンデレラ」 (FREE TIME)
GW中に映画「シンデレラ」を鑑賞しました。
シンデレラ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを......
映画「シンデレラ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シンデレラ(日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は何とか ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー ......
シンデレラ(2015) (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画     「シンデレラ(2015)」 原題:Cinderella 監督:ケネス・ブラナー 2015年 アメリカ映画 105分 キャスト:リリー・......
『シンデレラ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「シンデレラ」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 クリス・ワイツ□キャスト リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カータ......
『シンデレラ』('15初鑑賞37・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:40の回を鑑賞。
『シンデレラ』 (beatitude)
幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、悲しみにくれながらも母の「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という教えを守り、ピュアな......
シンデレラ (風に吹かれて)
頼れる王子様登場 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/cinderella 監督: ケネス・ブラナー 幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くし、彼女の“どんな時で
シンデレラ(日本語吹替版)  監督/ケネス・ブラナー (西京極 紫の館)
【出演】  リリー・ジェームズ   (声:高畑 充希)  ケイト・ブランシェット (声:塩田 朋子)  リチャード・マッデン  (声:城田 優)  ヘレナ・ボナム=カーター(......
シンデレラ (そーれりぽーと)
ディズニースタジオ自らによる、実写リメイク版『シンデレラ』を観てきました。 ★★★★ たまに『フランケンシュタイン』や『マイティ・ソー』みたいな娯楽映画を撮る事も有るけ......
時間が経ちすぎてもう独立した感想にできないや映画たち祭2 (ふじき78の死屍累々映画日記)
題名まんまです。 ※割ともうどれもこれも覚えてなくてヘロヘロです。 『バベルの学校』UPLINK X★★ 『たまこちゃんとコックボー』トーホーシネマズ渋谷6★★ 『暗殺教室』トー......
「シンデレラ」 今時珍しい直球勝負のおとぎ話 (はらやんの映画徒然草)
最近のディズニー映画ではプリンセスを扱ったとしても、「眠れる森の美女」とか「白雪