タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

オーメン(1976)

2016年10月08日 | 映画他レビュー
監督:リチャード・ドナー 出演:グレゴリー・ペック、リー・レミック、デヴィッド・ワーナー、ハーヴェイ・スティーヴンス、ビリー・ホワイトロー、ホリー・パランス、レオ・マッカーン、アンソニー・ニコルズ、パトリック・トラウトン、マーティン・ベンソン、トミー・デュガン、ジョン・ストライド

【解説】
6月6日6時に産まれた悪魔の子ダミアンと彼の正体を探る父。適度に配分された殺人シーンとアンチ・クライストのテーマによって「エクソシスト」に次ぐ大作ホラーとして大ヒット。不気味なテーマ曲“アヴェ・サンターニ”などJ・ゴールドスミスの音楽はアカデミー賞に輝いた。 (allcinema ONLINEより)


 中学の頃、何度も観た作品。今観ても全く古さを感じさせない非常に格調高い作品でもあります。

 6月6日6時に産まれた悪魔の子、ダミアンの物語。「666」 今でもこの数字を見るとこの作品を思い出すぐらいですからね(笑)それぐらい、当時少年だった僕の心に強烈に・鮮烈に刻み込まれた。

 何度観てもダミアンを演じるこの子役は実に素晴らしい。幼い中にも時折見せる恐ろしい表情は本当に悪魔の魂が宿っているかのよう。ラストでソーン夫妻の葬儀中にこちらを振り向いて微笑む姿には本当にゾクッとしますもん。そして予告された数々の衝撃の殺人シーン。悪魔に操られ首吊りする乳母、串刺しとなる神父、首が飛ぶカメラマン記者。幼少時代に観たら絶対トラウマとなる事、間違いなし(笑)ただ・・・大人になって久々に鑑賞し、思う事は作品自体にリアリティがあるという事。(この作品はノンフィクションです。)って言われても全然不思議じゃない。40年経過しても全く色褪せない本作品。購入して良かったです(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 9/10(10点中9点!)

オーメン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シックス・センス | トップ | HK/変態仮面 アブノーマル... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イブ)
2016-10-08 14:37:34
なつかしい!
わたしの中で怖い映画と言ったらこれなんです。
小学生の頃、しかも低学年だったと思うのですが土曜か日曜の昼間にTVでやっていたんです。
今でもところどころ鮮明に覚えています。
音楽が鳴り出すと残酷に人が死ぬシーンになるので「はやくにげろ!」とか「だめー!!」とか心の中で思いながら手に汗にぎっていました。
よっぽど恐怖を覚えたんでしょうね。
あれ以来一度も見返したことがないんです。
今でも怖いです 笑
製作 (隆)
2016-10-08 17:33:43
「オーメン666」を観ましたが、ホラーって、誰が観ても怖いものとしては、普遍性があると思います。映画を作った製作陣の狙いがばっちり嵌る事が、そうした、新しいホラーの血液を循環させることで、製作には、好ましいものなんじゃないでしょうか。

子供が大人を怖がらせる、という意味では、製作者は大人ですから、子供である事を、上手く利用していますよね。主人公を子供に託すのは、下からのルサンチマンを、抱いているからだと思います。
Unknown (あっちで見たぜ)
2016-10-11 12:09:35
私の2大トラウマ作品の一つがこの「オーメン」なんです。
もうひとつのトラウマ作品「マタンゴ」には及びませんが、これも十二分な怖さです・・・

それにしてもグレゴリー・ペック渋いですよね!!
ね?
イブさん (タケヤ)
2016-10-12 18:29:02
なんか皆さんすげートラウマなんですね(笑)
今観てもすっごく完成度高い作品ですから
そりゃ子供はそーでしょーなー(笑)

ぜひまた観返して下さい!
隆さん (タケヤ)
2016-10-12 18:35:22
隆さん、コメント難しいです(笑)

要は「何年経っても色褪せない作品」って
事ですよね?

子供という立場を利用した悪魔・・・
ホント上手く作られた作品です。
あっちで見たぜさん (タケヤ)
2016-10-12 18:37:54
久々にハマって(!)いただいて嬉しいです(笑)

僕はトラウマという程ではないのですが
(かなり好き)なんでしょうねー。あの当時の作品
なのに今観ても面白かったというのが何よりの
証拠ですね。

「マタンゴ」・・・よくブックオフで見かけます。
生きている内になんとか・・・(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。