タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ものすごくうるさくてありえないほど近い

2012年11月04日 | 映画他レビュー
【あらすじ】
911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした
少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った
オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。

その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと
考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解く為
旅に出る。(Yahoo!映画あらすじより)



いい意味で予想していた通りの作品でした。
親子の絆、家族の絆、そして父と子の絆とは何だろうかと
いう事をこの作品は考えさせてくれます。


父親の死後、オスカーの行動から読み取れる事は・・・
本当に父親を愛していたという事。普通の人々から見たら
奇妙に思えるような行動も父親を愛しているからこそ
ああいった行動を取ってしまうのだ。


オスカーの父とオスカーはよく"調査探検ゲーム"をした。
父はオスカーに謎解きを与える事で街の歴史や世間の人々
とのつながりを与えようとした。


オスカーは父親から出される謎解き"調査探検ゲーム"が
大好きだった。それは父とオスカーを強く強く結びつける
二人の絆のやりとりであったからだ。


そんな亡き父との絆を求めて鍵穴を探し回る姿は・・・本当
に涙を誘う。やはり後半はグズグズでした。。。


物語は終わりに近づくにつれ父と子の絆だけに留まらず、
家族の絆、親子の絆を考える展開に発展していく。鍵穴を
探す過程で知り合った人々、口にはあまり出さなかった
けれどずっとオスカーを見守っていた母親、鍵穴探しを
協力してくれる老人・・・全ての人々が父親が最後に与えて
くれた大切な宝物であったのだ。


観終わった後、なんとも言えない心の安堵感とでもいうの
でしょうか?不思議な感じでしたね。


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ


映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』予告編【HD】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超でかっ!SUPER BIG... | トップ | ダーク・シャドウ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2012-11-04 20:25:37
とても切なくて私も勿論、泣きました。
ずっと見守っていた母親の愛情に涙・・・
オスカーの切なさに涙でした。
優しいトム・ハンクスも素敵と同時に切なくて・・・

でも、ラストは少しは前向きに向っていく
オスカーの姿で・・・
タケヤさんが仰るように安堵感があって
良かった・・・と思いました。
そうですね (takeya⇒daisuki-johnny様)
2012-11-04 21:59:15
本当に予想以上にいい作品で
映画館で観賞すれば良かったと
少し後悔です。

途中までのオスカーの心情は
非常に苦しいものがあります。

でも最後は・・・いいラストで良かったです。
Unknown (けん)
2012-11-05 12:29:28
泣きどころの多い作品でしたよね。
観た人それぞれ涙する場面が違うんじゃないかな~。
俺は母親が先回りをしていたことを知った息子との抱擁で涙でした。
ホント、劇場で観ればよかった☆
僕も (takeya⇒けん様)
2012-11-05 16:54:33
母親との和解(?)はかなりキました。。。

あんなに愛される父親、素敵だなあって
思います。オスカーも父もです。

ホント、いい作品です。。。
Unknown (ryoko)
2012-11-06 00:11:16
はじめまして。
TBありがとうございました。
父と息子、母と息子、どちらの関係もすごく良くて、
久々に試写会の会場でボロボロ涙をこぼしました。
泣く映画は家で思い切り泣いて見たい派です。
コメありがとうございます。 (takeya⇒ryoko様)
2012-11-06 08:55:19
試写会で観られたんですか?

僕は他の作品を映画館で観た時に
何回か今作品の宣伝を見て
(あ~観たいなあ。)と思ったのですが、
残念ながらソフトにて鑑賞となりました。

家だといいですよ。夜、真っ暗にして
1人で観るとどんなに泣いても誰に
見られても恥ずかしくありません(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 2012年2月2日 ワーナー・ブラザース試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 を試写会で鑑賞です。 私は大好きな映画でした 【ストーリー】  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカー...
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないので切羽詰まった心配をすることはな
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (こんな映画見ました~)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close (いい加減社長の映画日記)
それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (♪HAVE A NICE DAY♪)
9・11、多発同時テロ・・・ きっと、数多くの犠牲者の方も トム・ハンクス演じるトーマスのように 家族に電話をしたり、言葉を残したりしたのでしょう・・・ と思うと辛くて切なかったです そして、突然愛する家族が亡くなったら・・・ 去年の地震も思い出しました....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン (カノンな日々)
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
少年の一歩 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (まてぃの徒然映画+雑記)
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共...
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud & Incredibly Close (勝手に映画評)
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (極私的映画論+α)
 終わりよければ全てよし?
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...