タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ホビット 竜に奪われた王国(2D 字幕版)

2014年03月09日 | 映画他レビュー
監督:ピーター・ジャクソン 出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ 、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー

【解説】
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの60年前を舞台にしたJ・R・R・トールキンの冒険小説を実写映画化した『ホビット』3部作の第2章。邪悪な竜に奪われたドワーフの王国を取り戻す旅に出たホビット族の青年ビルボ・バギンズら一行を待ち受ける過酷な運命を、壮大なスケールで描く。マーティン・フリーマン、イアン・マッケランら前作からの続投組に加え、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのオーランド・ブルームもレゴラス役で再登場。伝説の邪竜スマウグの声を、ベネディクト・カンバーバッチが担当する。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
ホビット族の青年ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)や屈強なドワーフの一行と共に、たった一頭で一国を滅亡に導くと伝えられる邪悪な竜スマウグに奪われたドワーフの王国を奪取すべく旅に出る。竜の潜む山を目指す道中、巨大なクモの大群や凶暴なオークたちが一行の行く手を阻むように次々と立ちはだかり……。(シネマトゥデイより)


 前売り券を購入していたこの作品、少しでも時間が空いたらどこかで観に行こうと考えていました。ようやく一週間遅れでの観賞と相成りましたよ。劇場は人気作とあって結構込んでいましたね~。「ホビット1部作」、「ロード・オブ・ザ・リング」ともにあんまり世界観に入り込んでない僕は(大丈夫かな~)と思いながら観ましたが今作はストーリー・登場人物をあまり理解していなくても場面場面で楽しめる作りになっているかな?樽で一行が川を下っていく場面なんかは結構に楽しみましたしね。あとビルボと竜のシーンもね。ただ3時間近くの尺はとにかく長い!もう少し縮めてもいいんでは?と思う所もあったので。。。(1作目は自宅観賞だったからあまり思わんかったんかな?)まあ好きな人にはたまらない161分でしょうけど。

 レゴラスを演じるオーランド・ブルームは本当に綺麗というかイケメンというか・・・年齢を感じさせません。ただ作品を鑑賞しながらバルド役のルーク・エヴァンスがすっごくブルームに似ていて観賞中は(一人二役?)と思いましたが違いましたね。他の人は分かるのかなあ?ベネディクト・カンバーバッチの竜の声は迫力満点!音響が激しすぎて座席にドーーーンと響いてくる(笑)最後の最後は(え~~、ここで終わりなん?)というところでジ・エンド。こりゃあないよね~(笑)町の人達だけでなく観客にとっても災いですよ、これは(笑)

ちなみに僕の観た劇場では3Dの字幕版は上映してません。今作は2Dで観てても3Dを感じられるので・・・3Dではもっと作品を楽しめるかもしれません。 

タケヤの絶対的偏見評価 6/10(10点中6点!)

映画『ホビット 竜に奪われた王国』本予告【HD】2014年2月28日公開
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとしつこいよ・・・。 | トップ | 映画ドラえもん 新・のび太の... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2014-03-09 12:10:26
俺はこの系はDVDかテレビ待ちになっちゃいます。

で、たまに俳優さんの見分けつかないことってありますよね。
やっぱり特に外国の方は分からなくてこんがらがっちゃうことがあります(爆

あっ、ちなみに俺は昔、
倉田まり子と石川ひとみ
小野寺昭とはらたいら
の見分けがつきませんでした(笑
けんさん (タケヤ)
2014-03-09 15:22:57
映画館まで!とはならないんですね。
そういうのって誰でもありますよ。
趣味嗜好(笑)

外国の俳優さんってうまく化けますからね。

倉田まり子・・・知らないです。。。
小野寺昭とはらたいらは区別付きましたよ~。
Unknown (ふじき78)
2014-03-09 22:22:20
ホビットと関係ないけど、倉田まり子と石川ひとみは似てる。
確かに。。。 (七子)
2014-03-10 00:03:35
倉田まりこと石川ひとみヮ 似てる!
でも アタシのいとこに 石川ひとみ似がいるケド 倉田まりこにヮ 似てなぃ。。。
スイマセン。。。アタシこそカンケーなぃ話を賛同?してみたッ。。。
てか。。。倉田まりこ。。。知らなぃのね。笑っ~。
ふじき78さん (タケヤ)
2014-03-10 23:01:29
えーーーーー、そこですか!!!(笑)

僕のブログですが会話について
いっていません。
倉田まり子調べておこうっと!
七子さん (タケヤ)
2014-03-10 23:02:31
七子さんも知ってるんですね、、、

皆さん芸能通なようで。。。
いとこは絶対知るべしもないですが(笑)
Unknown (iina)
2014-03-20 10:07:04
>ストーリー・登場人物をあまり理解していなくても場面場面で楽しめる作りになっている・・・
ホビット①を観てなくても話についていけました。②を観てから①のストーリーも気になります。

次の③で竜を倒すには、きっとあの箇所に矢を射ぬくのでしょうね。




iina様 (タケヤ)
2014-03-21 19:26:42
「1」観てないんですかっ!
すごいですね~。

まあ観ていてもよく分かってない
僕みたいな輩もいますけどね(笑)

あそこ・・・でしょうね(笑)
それしかないですもんねぇ。
彼を倒すには。
こんにちは (maki)
2014-07-09 08:46:03
全力駆け足感と、作品全体の展開における強弱がなくて、
常に同じテンションでいっている感じがしていまひとつ…
2時間でだれました(笑)
後半スマウグがでてからの40分はあれ必要なん?と思うくらいだれました(笑)
弟にそれいったら「そこ盛り上がるとこじゃん」と
つっこまれました~
こんばんは! (ヒロ之)
2014-07-11 00:25:28
面白い。
長いけど面白い。
160分しっかり見せる所は流石のピージャクかなぁと。
ただ1部と比べると若干見せ場が少なかったような気もしますが、3部目で大きな展開を迎えるのでしょうから、楽しみに待ちたいと思います。
あと、ドラゴンがベラベラとお喋りなのは余り好きじゃないかも。
黙々と暴れてくれた方が良かったかなぁ。
こんばんは! (makiさん)
2014-07-11 18:28:53
ダレダレだったんですね(笑)
好き嫌いの出る作品では
あるでしょうね。

それはなんとなく分かります。
ドラゴンシーンは確かに長い。。。
迫力はガオーーーーってな感じ
であったんですけどね(笑)
Unknown (ヒロ之さん)
2014-07-11 18:35:50
僕も(まあまあ)派でした(笑)

面白かったですけどちょっと
長かったかな?

ドラゴンは迫力はあったので
良かったんですけどね。
そっかーおしゃべりは嫌われますね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ホビット 竜に奪われた王国」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 今回私はYahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれた。客入りは大混雑の満席。3D字幕版で映画は上映された。
ホビット 竜に奪われた王国 (Akira's VOICE)
開幕してすぐピーター・ジャクソンがニンジンかじってるよ!w  
映画『ホビット 竜に奪われた王国』★竜の炎に燃え〇〇に萌えまくる(*^_^*) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161234 ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、それほどでもないです ^^; ) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem...
劇場鑑賞「ホビット 竜に奪われた王国」 (日々“是”精進! ver.F)
スマウグ、飛び立つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402280001/ 【送料無料選択可!】ホビット 竜に奪われた王国 [2CD/輸入盤][CD] / O.S.T.価格:2,700円(税込、送料別) 【送料無料】ホビット?竜に奪われ...
ホビット 竜に奪われた王国 (あーうぃ だにぇっと)
ホビット 竜に奪われた王国@よみうりホール
ホビット 竜に奪われた王国 (佐藤秀の徒然幻視録)
ここは佐渡島かよ 公式サイト。原題:The Hobbit:The Desolation of Smaug。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ア ...
ホビット 竜に奪われた王国 (2D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(AF) 敢えて2Dをチョイスしたが十分迫力は伝ってきた。
ピーター・ジャクソン監督『ホビット 竜に奪われた王国(The Hobbit : The Desolation of Smaug)』"ゆきて帰りし物語"が待ち遠しい! (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「ロード・オブ・ザ・リング(以下「LOTR」)3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした前日譚を描く3部作・第2弾『ホビット 竜に奪われた王国(The
ホビット 竜に奪われた王国 (だらだら無気力ブログ!)
相変わらずドワーフ達13人の区別がつかねぇ!
ホビット 竜に奪われた王国 (とりあえず、コメントです)
ロード・オブ・ザ・リングの前日談を描いた“ホビット”シリーズの第2弾です。 前作が期待通りの大迫力でワクワクする映像を見せてくれたので、今作も楽しみにしていました。 相変わらずハードな戦いと冒険が目白押しで、2時間40分があっという間に過ぎていきました~
『ホビット 竜に奪われた王国』をトーホーシネマズ六本木7で観て、首2本付けて出直してこいやふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★こっちもなげー】    副題が小説の『スマウグの荒し場』から『竜に奪われし王国』に変わった事で、原作マニアが残念がってるけど、私は分かりやすくなって ...
ホビット 竜に奪われた王国 (to Heart)
原題 THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 161分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/オーランド・ブルーム/エイダン・ターナー/...
ホビット 竜に奪われた王国 (心のままに映画の風景)
魔法使いガンダルフ(イアン・マッケラン) に誘われ、トーリン(リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフ達と、かつての王国があった“はなれ山”を目指していたホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、闇の森で巨大クモに襲われるが、間...
色気がなくなった…?(WUGとか劇場版モーレツ宇宙海賊とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【東京レイヴンズ 第20話】夏目さんが北斗さんの正体を明かそうと思った矢先、春虎くんの方の正体が明かされちゃったお話。ラブ方向に行くかと思った矢先、とんでもないおじゃま ...
ホビット (もののはじめblog)
 竜に奪われた王国 2Dの字幕篇を2度と、3Dの吹替篇を1度鑑賞。 『ロード・オブ・ザ・リング』の時代より60年前の物語。思いがけない冒険をはじめたホビット3部作の中の2作目。 竜に奪われた王国を取り戻すべく行動を起こす物語りが3時間近くも活写されるが、...
「ホビット 竜に奪われた王国」 ザ・活劇 (はらやんの映画徒然草)
おもしろかった~。 ピーター・ジャクソンの作品らしく、例によって2時間半以上の長
ホビット 竜に奪われた王国  監督/ピーター・ジャクソン (西京極 紫の館)
【出演】  マーティン・フリーマン  イアン・マッケラン  リチャード・アーミティッジ  オーランド・ブルーム  エバンジェリン・リリー 【声の出演】  ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグ) 【ストーリー】 ホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いの...
映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観て (kintyre's Diary 新館)
■14-27.ホビット 竜に奪われた王国 3D■原題:The Hobbit:The Desolation Of Smaug■製作年、国:2013年、アメリカ・ニュージーランド■上映時間:161分■料金:2,100円■観賞日:3月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作・脚本:ピーター・...
ホビット 竜に奪われた王国 (いやいやえん)
三部作の第二部。 160分超えしてるのですが、その2時間40分のうち2時間は長く感じません(スマウグのところにいってからちょっと長かった)。このファンタジーどっぷり感、やっぱりいいですよね。 イケメンが多く出演しているので目の保養にも。原作にはいないレゴ...
ホビット 竜に奪われた王国 (銀幕大帝α)
THE HOBBIT: THE DESOLATION OF SMAUG 2013年 アメリカ/ニュージーランド 161分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2014/02/28) 監督: ピーター・ジャクソン 『ラブリーボーン』 製作: ピーター・ジャクソン 原作: J・R・R・トールキン ...