タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

地球の静止する日(1951)

2017年06月02日 | 映画他レビュー
監督:ロバート・ワイズ 出演:マイケル・レニー、パトリシア・ニール、ヒュー・マーロウ、サム・ジャッフェ、ビリー・グレイ、フランシス・ベイヴィア、ロック・マーティン

【解説】
突如、ワシントンに飛来した円盤。降り立った異星人クラトゥは地球人の未来を懸念し、人類に核兵器の放棄を要求する。そして要求が受け入れられない場合、地球上の全エネルギーを停止させると宣言した……。(allcinema ONLINEより)


 中古ショップでDVDを108円にて購入。ここまで古い作品(1951年)とは思わなかった(笑)キアヌ・リーブスの作品でリメイクされているもののオリジナルです。この26年後にスターウォーズが全世界に旋風を巻き起こすワケなんですよね。そうやって考えると確かにこの頃のSFは全くゴテゴテ感がない。地球へやってくるUFOも余計な飾りものは一切ナシでつるっつる。画面では白黒だけど多分本当の色はシルバーだと思う(笑)ロボットのゴートもそう。見事な程にシンプル。でもそれが逆に不気味さを増す印象となっているんだけどね。

 ストーリーは地球人の野蛮さから地球の未来を危惧し、警告にやってくる宇宙人と地球人の姿が描かれる。「地球の静止する日」というタイトルからそこの部分ばかりクローズアップされがちだけどここでいう静止は地球の"電気"で動くものが30分間静止するという至ってシンプルなもの。その事よりも地球人と宇宙人の理解し難いそれぞれの立場と誤解の描写の方が魅力的です。冷戦時代を危惧して作られた作品というけれど、その意志は(SFという形ではあるけれど)十分に反映されているかと思う。人間ってなぜ少しの違いからもお互いを理解しようとせず争おうとするんですかね?悪い意味で僕らは変わらないんだね。

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)

地球の静止する日 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトロー | トップ | 赤穂の街で朝早くまったりし... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あっち)
2017-06-06 11:40:38
お疲れさまです!

これ、前から観たかったんです!
飽きたら郵送して下さい!

よろしくお願いします!

なお元払
Unknown (あっちで見たぜ)
2017-06-06 11:42:10
すいません・・・
名前が「あっち」のみで終わってました(笑)
あっちで見たぜさん (タケヤ)
2017-06-07 06:36:34
古いながらも面白かったです。
やっぱりストーリーがしっかりしていると
古かろうが新しかろうが面白いものですね。

どこかで伺う時に(忘れなければ(笑))
持っていきますね~!

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。