タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ウォルト・ディズニーの約束

2014年04月09日 | 映画他レビュー
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード

【解説】
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す。ポール・ジアマッティやコリン・ファレルら名優たちも豪華共演。頑固な作家の心の奥深くに秘められた、ある思いを浮き彫りにする展開に心打たれる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うためにロサンゼルスに向かう。傑作児童文学の著者である彼女は気難しい性格で周りを困惑させる。スタッフたちはどうにかしてトラヴァースに映画化の契約書に署名してもらおうと心を砕くが……。(シネマトゥデイより)


 「メリー・ポピンズ」を僕は観た事がありません。タイトルは知ってます。いつ知ったかも分かりません。けれど多分名作なんでしょうねえ・・・。それぐらいの知識しかない僕が観賞に臨んだワケですが・・・今作品、良かったです。頑なに自身の生み出したキャラクターを守ろうとする原作者トラヴァース、その心を溶かそうと必死に自身の想いを伝えようとするウォルト。人って強い想いで相手に伝えればその気持ちを理解してくれるものと僕も思っています。だからこそこの作品も僕の中で響いたのかもしれません。傑作さえも知らないのにね(笑)


 幼少時代のトラウマが心から離れないトラヴァース。愛して愛してやまなかった父が彼女も知らない内にずっと心を支配している。そんな彼女が作り出した名作が「メリー・ポピンズ」。そして娘が愛するこの作品をなんとか映画化したいと考えるウォルト・ディズニー。20年間ずっとオファーし続け、ようやく契約の一歩手前までこぎつけるが彼女は事あるごとに脚本に難癖をつけスタッフ達を困らせる・・・。


 はっきり言って偏屈ばばぁです、トラヴァースは。最初は観賞しながらも(ここまでしてディズニーは彼女の作品を映画化する必要あるのか?)とその名作も知らないのに腹が立ちっ放しでした。ただ彼女の幼少期を知れば知るほど(物語は彼女の幼少期と現在とが交互に進みます。)彼女の態度がただの我儘でない事も知ることになります。そしてその心を溶かそうと必死なウォルトは僕らの思うままの人物なのだなあとも感じます。そう、僕らが勝手に想像している"誠実で夢を追い続けた人"そのままです。(実際の人物像は知りませんが。)


 トム・ハンクス、いいですよねえ。今作品では少し太り目な役作りでウォルトを熱演しています。物語の後半でトラヴァースの自宅をたずねて自身の想いをぶつけるシーン、目頭が熱くなりました。これだけ頑なな彼女を説得したのはディズニー・スタッフではなくやはりディズニー本人なのだと。ウォルトを演じるトムを、トムが演じるウォルトをすごく強く感じた瞬間でもありました。そしてトラヴァースを演じるエマ・トンプソン。我儘な原作者、トラヴァースを演じていますが(彼女の心を覆う父親を想う気持ち)の表現が素晴らしく彼女の(最後の涙)には僕も一緒に涙してしまいました。脇を固める部分では運転手ラルフを演じるポールも最高でしたね。アメリカってなんでこういう運転手が存在するんだろう!日本では考えられないのにね。


 また60年代のディズニーランド等が何気に出てきますが、これってファンの方からしたら最高なんでしょうねえ。だって僕だって正月に行ったディズニー・シーが強く甦ってきたぐらいですから(笑)ミッキーの着ぐるみも今とはちょっと違う顔で(あー当時はこんな感じだったんだ。)と知る事ができる瞬間でもありました。ラストはそんなミッキーにエスコートされるトラヴァースのシーン...すっごく良かったです。ディズニーとトラヴァースの雪解けシーンと言ってもいいんでしょうね。名作はこうやって世に出ていったんだ...さあ「メリー・ポピンズ」も観なきゃ!

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)

メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「水底フェスタ」 辻村深月 | トップ | 風俗行ったら人生変わったwww »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2014-04-09 20:37:13
観たいな〜♪と思いつつ
私もメリーポピンズ観てないな〜と思って・・
感動作のようですね♪DVDになったら観ようと思います♪
Unknown (ふじき78)
2014-04-09 21:18:16
> ここまでしてディズニーは彼女の作品を映画化する必要あるのか?

ディズニー作品は嫌いじゃないんですけど、原作レイプぶりは眉をひそめていたので、私、どっちかって言うとエマ・トンプソン目線で見てました。18年近くも、ストーカーじゃないんだから開放してやれよ。娘と約束したからって、そんなの全然トラヴァース側には関係ない話じゃないか。
Unknown (けん)
2014-04-11 02:11:25
おお〜
これ、トム・ハンクスが出演しているんですか!
全然知りませんでした(汗
そうなると俄然観たくなっちゃいます。
俺はいちお『メリーポピンズ』は観ているので、より楽しめるかな♪
こんにちは♪ (yukarin)
2014-04-11 13:00:05
結構メリー・ポピンズを観てない方が多いんですね。
私も....ちょっと安心しましたが^^;
でも観てからこちらを観たほうがより楽しめたと思います。
観なきゃーっ
daisuki-johnnyさん (タケヤ)
2014-04-12 08:45:09
映画が趣味ってのは
なかなか観たいものを
観られないってもどかしさも
ありますよね。

僕も観たい観たいと思いながら
観れてない作品は山ほどです(笑)
ふじき78さん (タケヤ)
2014-04-12 08:48:14
(100人の人がいて討論しているとします。)
意見が98対2となるのがガマンできない
タイプでした。(なんとか100にしたい!)と。

でもそれは独裁主義なんですよね。
今流行りの"粛清"

僕は世間と同じく情熱的なウォルト
寄りの考えでしたがふじきさんに
そうやって言われると確かに・・・
とも思います。

皆が同じ考えの方向に向かっていく
ってある意味怖いですね。
けんさん (タケヤ)
2014-04-12 08:49:37
メリー・ポピンズ観てたら
むっちゃ楽しめる事間違いありません!
もうこれは断言できますね。

観てないのに・・・(笑)
ぜひ観たら感想教えて下さいね!
yukarinさん (タケヤ)
2014-04-12 08:54:05
でも・・・観てないのって
ある意味不思議じゃないかも???

だって古い作品じゃないですか?
今から観ればいいんです。
そうしたらまたこの作品が観たく
なるから(笑)
メリーポピンズ (iina)
2014-04-13 08:21:16
この作品をよく理解するには、世間がよく知っているメロディの「メリーポピンズ」を観るしかありません。

「メリーポピンズ」が封切された時代のディズニーは、世界に認知されており、しかも「メリーポピンズ」は大ヒットした映画
ですから、作者の自我(わがまま)は受け入れがたい気持ちになるのです。

父親とのトラウマが、「メリーポピンズ」の根っこに流れているらしいですから、それを確認してみたい気持ちです。
なにしろ、たのしいミュージカルです。

iinaさん (タケヤ)
2014-04-13 19:07:02
僕はメロディも知らないんですよね。

しかも自身が生まれてない時代にもこんなに
ディズニーは認知されていたんですね!

ぜひ観てみたいと思います。
こんにちは (maki)
2014-08-08 08:13:45
私も今まで曲はきいたことあっても、
きちんと、「メリーポピンズ」をみたことなかったんです

一緒に「メリー・ポピンズ」を借りてきて、
先にみてからこちらを鑑賞しました
それで正解でした〜

ああ、あのシーンか とか
こうやって作られていたのか とか
なんだか、感動してしまいました

名作たる所以ですが、この作品における父と子の両方の物語もまたいいんですよね
makiさん (タケヤ)
2014-08-09 16:01:34
僕もまだ「メリーポピンズ」
観てません。
ああなんていい加減なんだろう・・・。

makiさんの見方が正解なんでしょうね。
人間って知っているものの裏舞台を
知ると嬉しくなりますもんね!

僕もこの時は興奮して長々とレビュー
しちゃいました。
父娘の関係、言われるようにホント
良かったですよね。

映画の事が頭に蘇ってきました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ウォルト・ディズニーの約束』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・...
『ウォルト・ディズニーの約束』 2014年3月27日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォルト・ディズニーの約束』 を鑑賞しました。 平日の夕方の回でありながら、いい感じでお客さんが入ってました。 意外とヒットしている映画かも(笑) 【ストーリー】  1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハン...
劇場鑑賞「ウォルト・ディズニーの約束」 (日々“是”精進! ver.F)
父娘の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403220000/ [CD] (オリジナル・サウンドトラック) ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラ...価格:3,675円(税5%込、送料別) 【送料無料】メリ...
エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演、ジョン・リー・ハンコック監督『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』監督はジョン・リー・ハンコック。出演はエマ・
ウォルト・ディズニーの約束 (昼寝の時間)
2013年製作 アメリカ 126分 原題「Saving Mr. Banks」 公
ウォルト・ディズニーの約束/エマ・トンプソン (カノンな日々)
不朽の名作『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を原作者であるP.L.トラヴァースとウォルト・ディズニーの物語としてファンタジックに描いたヒューマンドラマです。ウォルト・ディズニー ...
ウォルト・ディズニーの約束  Saving Mr.Banks (映画の話でコーヒーブレイク)
ディズニーの「メリー・ポピンズ」は大〜好きな映画の一つです。 映画の挿入歌を歌いたくて、辞書をひいて、カタカナで発音を書き、何度も歌った覚えがあります。 本作を見ている時、思わず一緒に口ずさみました。結構覚えているもんです。 大好きな歌の製作シーンがこん....
映画『ウォルト・ディズニーの約束』観たよ〜 (よくばりアンテナ)
公式HPはコチラ 1961年に製作されたディズニー映画の『メリー・ポピンズ』の 原作者と制作側の葛藤を描く。 P.L.トラヴァースが『メリー・ポピンズ』の作品にこめた思いと 子どものための楽しい仕掛けがたっぷりの映画を作りたいという意図が うまく噛み合...
「ウォルト・ディズニーの約束」 (或る日の出来事)
ていねいに、心のこもったドラマがつむがれていって好感。 映画「メリー・ポピンズ」は大好きだから、なおさら感動する。
『ウォルト・ディズニーの約束』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  原題は『SAVING MR.BANKS』 映画の内容を考えると原題の方が映画を現していると思いました。 英語があんまりできなくて残念に思いました。 きっと 英語ができれば 内容をもっと深く味わうことができたと思います。  『メリー・ポピンズ』を映画化した...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) 昔の英国淑女ってみんなあんな感じなんでしょうか^^;
ウォルト・ディズニーの約束 (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代の名作映画、メリー・ポピンズの制作秘話というこの作品。メリー・ポピンズは子供のころみたので、ほとんど覚えていないのですが、それでも十分楽しめました。ファンだったらなおさらたまらないでしょうね。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ジ...
ウォルト・ディズニーの約束 (風に吹かれて)
父への想い 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt 監督: ジョン・リー・ハンコック  「しあわせの隠れ場所」 1961年、経済的
『ウォルト・ディズニーの約束』をUCT5で観て、物語を守ること壊すことふじき★★★(ネタバレ・・・かな) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ディズニーとトラヴァースのどちらを支持するかで言えばトラヴァース】 『メリー・ポピンズ』原作は未読、映画は大昔見た筈だけど記憶が曖昧。 ディズニー ...
ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す...
ウォルト・ディズニーの約束 (そーれりぽーと)
『メリー・ポピンズ』製作の裏側を描いた『ウォルト・ディズニーの約束』を観てきました。 ★★★★★ 楽しい『メリー・ポピンズ』の原作者がこんなにも偏屈な女性だったなんてと言うギャップにまずやられるのだけれど、幼少期を平行して描くことで彼女が心に抱えるトラ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (ラムの大通り)
(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束....
ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks (勝手に映画評)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (beatitude)
夢のある映画を作り人々を喜ばせてきたウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は、魔法を使うシッターを描いた児童文学『メリー・ポピンズ』を映画化しようとするが、原作者のP.L.トラヴァースはそれを拒否。しかしウォルトは決して諦めようとせず、トラヴァースは住んで...
ウォルト・ディズニーの約束 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パ...
映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味...
DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニーの約束」鑑賞の影響。すると驚く事に… (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ....
『ウォルト・ディズニーの約束』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話。 秘話?映画になるほどの秘話があったのかと思ったのです。 メリー・ポピンズの小説があることも知らなかったので。 ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を描いた映画は初めてですね。 スタジオジブリを撮影した...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画と本の『たんぽぽ館』)
メリー・ポピンズは子どもたちを救いに来たのではない * * * * * * * * * * 1964年、ディズニーのミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の制作秘話。 ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は 娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の....
『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに...
ウォルト・ディズニーの約束 (こんな映画見ました〜)
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー....
ウォルト・ディズニーの約束 (心のままに映画の風景)
1961年、ロンドン。 パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うため、ロサンゼルスへと向かう。 気難しい性格のトラヴァースは、アニメやミュージカルに難癖...
ウォルト・ディズニーの約束 (とりあえず、コメントです)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の製作過程を描きながら、原作者P.L.トラヴァースの父への想いや ウォルト・ディズニーとの交流を描いた心温まるドラマです。 エマ・トンプソンとトム・ハンクスの二人がどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしていました。 強烈な...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)....
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”...
メリー・ポピンズ/父の娘〜『ウォルト・ディズニーの約束』 (真紅のthinkingdays)
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズ...
「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え! (はらやんの映画徒然草)
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現
ウォルト・ディズニーの約束 (迷宮映画館)
メイキング・オブ、メリー・ポピンズ!そして、愛。
映画『ウォルト・ディズニーの約束』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-33.ウォルト・ディズニーの約束■原題:Saving Mr.Banks■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・オーストラリア■上映時間:126分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:4月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:ジョン・リー・ハンコック◆トム・ハ...
ウォルト・ディズニーの約束 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ウォルト・ディズニーの約束 '13:米 ◆原題:Saving Mr. Banks ◆監督:ジョン・リー・ハンコック「しあわせの隠れ場所」「アラモ」 ◆主演:トム・ハンクス、エマ・トンプソン、コリン・ファレル、ポール・ジアマッティ ◆STORY◆夢のある映画を作り人々を喜ばせて...
ウォルト・ディズニーの約束 (いやいやえん)
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 ...