タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

マン・オブ・スティール(3D 日本語吹替え版)

2013年09月01日 | 映画他レビュー
監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、 ラッセル・クロウ

【あらすじ】
ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。(シネマトゥデイより)


 土砂降りの中、いつもの映画館へ向かう。今日はちょいと遅め。みんな雨で行く所がないとは思うけど、今日はやけに込むよなあ。。。『風立ちぬ』や『ワールド・ウォーZ』『謎解きは・・・』なんか満員御礼になっているよ、なんだこの混雑は???で映画館を見渡すと・・・そうか!今日は映画1000円デーなんだ~! んっでも待てよ。『マン・オブ~』の前売券を購入した時は確か1300円を払ったよなあ。。。しかも今日の回は3D上映しかないし。・・・あ~あ、勿体無い。まあしょうがないか。という事で3D追加分の400円(計1700円)を払って待ちに待ったスーパーマン、観て来ましたよ~。

 出だしはクリストファーリーブ版のスーパーマンに同じく、クリプトン星の壊滅から始まります。噴火する山、崩れ落ちる地面・・・やっぱり30数年前とは確かに迫力が全然違いますね。そりゃあそうだ。期待に胸が高まります。。。ラッセル・クロウもカッコいいしね。で場面は変わって地球。結構早くにスーパーマン登場です!!!あれっ大分オッサン???ヘンリーの容姿は知っていたけれど髭ぼうぼうで予測以上におっさんな感じに少々驚き。幼少時代はカット?と思いきや大人になってから回想するんですね。悩みに悩んだ幼少時代を。。。ここから過去のスーパーマンとは全く違う展開を見せていきます。それがいいか悪いかは人それぞれだと思うのだけれど・・・。

 結論から言うと今回のスーパーマンも期待が大きすぎました。クリストファー・ノーランの製作だからリアルなヒーロー像が今回も描かれるだろうとある程度予測していましたが・・・苦悩しすぎですね、クラーク・ケント。バットマンじゃないんだからさあ、全編が暗すぎます。リーブの時のような明るさが全く感じられない。時代が変わったから?そう言われればそれまでだけれど・・・やはりスーパーマンは他のヒーローとは違って輝いていて欲しい唯一のヒーローなんだよね。
(そういった点ではジョン・ウィリアムスのあの曲がないのも本当にさみしい。。。BGMは重厚なんだけど・・・来るぞ来るぞ~という感じが全くないのだ。)

 自身の力や生い立ちを知ったスーパーマンがまずは人助けに励むかと言えばそうではなく、いきなりゾッド将軍からの呼び出しがあり、それを迎え入れる。その間全然見せ場なし。えええ~。地球人(アメリカ人?)はスーパーマンを見て(あいつ誰?)的な感じだし・・・。いやーーー昔の底抜けの明るさ(鳥だ!飛行機だ!いや、スーパーマンだ!)はいらないかもしれないけどさあ、アメリカ人に一生懸命媚びようとするスーパーマンもどうかなあと。まずは人助けをコツコツとして世間に認めてもらいましょうよ!それとゾッドとの戦いでは街壊しすぎ!もう核弾頭でも落ちたか?と言わんがぐらい。。。これじゃあますます人間との距離縮まらないよ(笑)

 今回のロイス・レイン(エイミー・アダムス)はすっごく可愛い。でもスーパーマンとの関係性は全然掘り下げられない。そこもすっごく残念。それなのにゾッドとの戦いの手前でチュウ。あり得ん。最後はもっとイカン。クラーク・ケントはゾッドを倒してからデイリープラネット社に入社するのだ。その時には編集長もロイスもクラークの正体を知ってるなんて・・・なんか違うんだよな~。昔のスーパーマンに思い入れが強すぎるのかなあ。もう今の時代にはそぐわない???でもよくよく考えるとこのように描くのが自然な現代の流れだよなぁ。スーパーマンという素材自体がもう料理するには古すぎるのかもしれない。。。そうやって思うと少し悲しくなりましたね。

タケヤの絶対的偏見評価 5/10(10点中5点!)

<マン・オブ・スティール 予告編>
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LOOPER/ルーパー | トップ | クラウド アトラス »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (恵)
2013-09-02 11:06:10
最近は映像をよくご覧になってるのですね
とても、しっかり書かれたレビューを読むと、それがたとえイマイチな感触だったであろうとも、観たくなる気持ちにさせられます
昔のスーパーマンは確か観たことがあるような。。。
うろ覚えです
新旧見比べるのも映画の醍醐味ですよね
Unknown (けん)
2013-09-02 11:12:04
ありゃ~
タケヤさん的にはちょっとイマイチだったのかな。
この作品の予告を観た時に「タケヤさん嬉しいだろうな~」って真っ先に浮かびました。
俺の『スーパーマン』のイメージはどちらかというと”コメディタッチ”なんだけど、本作はそんな感じじゃないみたいですね。

俺はとりあえず明後日こそ『スタートレック』観に行ってこようと思ってます(汗
こんにちは♪ (yukarin)
2013-09-02 18:29:25
予告編を見た時から今までとはガラッと変った内容なんだなーと思ってたので、新たな気持ちで観たのが良かったのかもしれません。
私は結構楽しめました~。
恵様 (タケヤ)
2013-09-02 21:04:05
僕はですね、昔のスーパーマンに
愛着がありすぎて・・・
ちょっとヒートダウンしてたところです(悲)

新旧・・・難しいですね。色々(笑)
けん様 (タケヤ)
2013-09-02 21:06:06
そうなんです~。
期待が大きすぎると人間ダメですね。

予告を初めて観た時は心臓バクバク
しましたもん(笑)
コメディタッチ・・・今考えると確かに
そうかもしれませんよね~。
これはダーク過ぎます。
ダーク・スティールです(笑)
yukarin様 (タケヤ)
2013-09-02 21:08:53
すごいyukarinさん、楽しまれた
ようですね。レビュー見て感じました。

僕はイカンかったなあ。。。
(そう思い始めると多分余計ダメなんですね。)

愛着が強すぎるというのは逆に新しいもの
を受け入れがたくなるのかな~。
SW7が少し不安です(笑)
私も・・・ (ひろちゃん)
2013-09-03 16:12:27
期待が大きすぎました(汗)冒頭のクリプトン星のシーンとかは良かったんですけどねえ・・・

>自身の力や生い立ちを知ったスーパーマンがまずは人助けに励むかと言えばそうではなく

そうそう、そうなんですよねえ・・・
その辺もアッサリした描かれ方でしたよねえ・・・
漁船助けたくらい?(少年時代にバスでした)

私もタケヤさんと同じで、昔のスーパーマンが好きなんですが、それでも、ノーラン監督が好きなので、シリアスならそれなりに、もっと感動とか(ダークナイトのように)
もらえたら、それなりに作品に納得できたのですが(汗)

>それとゾッドとの戦いでは街壊しすぎ!ラストバトルも街を壊しすぎでしたね。

あのへんは、300のシュナイダー監督だからなのかなあと思いました。
とりあえず、次回作に期待します^^
タケヤさんは、次回作はパスかな?(汗)
ひろちゃん (タケヤ)
2013-09-05 05:59:06
こんにちは!

昔のスーパーマンを知る者には
少し残念なような結果になって
しまいました(汗)

おっしゃるようにノーラン監督が製作という事で
僕も期待があったんですけどね・・・。

次回作・・・行っちゃうかも。
案外、この展開に慣れたりして(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マン・オブ・スティール(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリ...
マン・オブ・スティール (悠雅的生活)
滅びゆく星。善なる者。文字ではない。
マン・オブ・スティール (ぷかざの映画感想記)
マン・オブ・スティール観ました。 [満足度:★★☆☆☆]2/5 ※ネタバレありの
マン・オブ・スティール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 地球外知的生命体による侵略モノとしても一級品!
マン・オブ・スティール~キリスト再臨 (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙最強美女戦士アンチュ・トラウェが最高! 公式サイト。Man of Steel。クリストファー・ノーラン原案・製作、ザック・スナイダー監督。ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マ ...
『マン・オブ・スティール』 2013年8月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マン・オブ・スティール』 を試写会で鑑賞しました。 よみうりホールでまたまた3Dでの試写会です。 3Dだから目も疲れるし、椅子もあれだし、傾斜も少ないから、 よみうりホールで2時間越える映画は、かなり辛いです。 【ストーリー】  ジョー・エル(ラッセル...
マン・オブ・スティール(3D字幕) / Man of Steel (勝手に映画評)
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。 凄いのは出演者だけではありません。出演者に応じて、内容もすごいです....
マン・オブ・スティール・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ヒーローは皆、十字架を背負う。 なるほど、タイトルが「スーパーマン」でない事も納得である。 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン製作、「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督という、アメ...
マン・オブ・スティール IMAX-3D/ヘンリー・カヴィル (カノンな日々)
『スパイダーマン』『バットマン』が新シリーズとして再映像化されたようにクリストファー・リーヴの主演で大ヒットした『スーパーマン』もクリストファー・ノーランの製作、ザッ ...
ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容と台詞に触れています。ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーランデヴィッド・S・ゴイヤー原案によるスーパーマン再起動(再定義)作品『マン・オブ・スティール』音楽はハンス・ジマー。物語・ジ
マン・オブ・スティール (あーうぃ だにぇっと)
マン・オブ・スティール@よみうりホール
『マン・オブ・スティール』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』(1984)が作られた後は製作会社が変わって『スーパーマン4/最強の敵』...
映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 私は運よく本作を試写会で2回見ることが出来た。
『マン・オブ・スティール』 (時間の無駄と言わないで)
「リターンズ」は無かったコトにして、ビギンズ的な感じで仕切り直しに。 クリストファー・ノーランにハンス・ジマーにゴイヤーにと、もうそこらじゅうからバットマン三部作臭が ...
[映画『マン・オブ・スティール』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立ちから語られなくてはならず、それが「かったるい」のが予想さ...
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右) ノー...
『マン・オブ・スティール』 Man of Steel 、その他感想 (グドすぴBlog)
灼熱で有無を言わさず連日晴れ続けた真夏から一転、連日の雨天が続く今日この頃。 どっちにしてもあまり外には出たくない時に、今夏は面白そうな映画がどんどん公開されるので映画鑑賞が捗りますね! 『マ...
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論に(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 にもかかわらず... 当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右) ノー...
劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたは、奇跡を起こした… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308300003/ マン・オブ・スティール (スーパーマン) ポスター MAN OF STEEL - (HOPE)¥3800...
Man of Tomorrow (MESCALINE DRIVE)
「マン・オブ・スティール」を観た。 原案と製作はクリストファー・ノーラン。彼は、「闇の騎士」として知られるバットマンの苦悩と英雄伝説を題材にした三部作、ダークナイト・サーガを完成させた。「メメント」以降、観客の度肝を抜くことにかけて人後に落ちない映像作...
汎クリプトン主義 (MESCALINE DRIVE)
前回の記事で、次に続くような雰囲気を出さないまま記事を締めくくったけれど、今回も「マン・オブ・スティール」を取り上げる。 クリストファー・ノーランとザック・スナイダー、デヴィッド・S・ゴイヤーがチームを組んで描くは、「鋼鉄の男」ことスーパーマンの伝説。...
マン・オブ・スティール (Akira's VOICE)
スーパーかっけー! スーパー泣ける!  
マン・オブ・スティール (試写会) (風に吹かれて)
クリプトン生まれで地球育ち公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel8月30日公開 製作: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「30
マン・オブ・スティール (花ごよみ)
クリストファー・ノーラン脚本、製作、 ザック・スナイダー監督によって、 新たに制作された「スーパーマン」、 誕生からスーパーマンになるまでを描いています。 スーパーマン、クラーク・ケントには、 ヘンリー・カビル。 生みの親にはラッセル・クロウ 育ての親にケ...
マン・オブ・スティール ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘン...
★マン・オブ・スティール(2013)★ (Cinema Collection 2)
MAN OF STEEL 新スーパーマン、始動。 誰もが知るヒーローの、誰も知らない誕生の瞬間。 上映時間 143分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/30 ジャンル アクション/SF/アドベンチャー 映倫 G 新スーパーマン、始動。  【解....
マン・オブ・スティール (Memoirs_of_dai)
ビジュアルから変わったスーパーマン 【Story】 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリ...
マン・オブ・スティール (心のままに映画の風景)
クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。 偶然、宇宙船を発見したジョナサン(ケヴィン・コスナー)と...
マン・オブ・スティール (to Heart)
原題 MAN OF STEEL 上映時間 143分 監督 ザック・スナイダー 脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー 音楽 ハンス・ジマー 出演 ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/ローレンス・フィッシュバーン/ダイアン・レイン/ケビン・コスナー/ラッセル・クロウ/マイケル・シャノン/ア....
マン・オブ・スティール (だらだら無気力ブログ!)
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ!
『マン・オブ・スティール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場...
マン・オブ・スティール ★★★★☆ (センタのダイアリー)
クリストファー・ノーラン製作によりスーパーマンも見事にダークナイト化。 ハンス・ジマーの音楽がそれをいやがおうにも盛り上げる。 そして、これまでのスーパーマンならあり得ないほどの豪華俳優陣に...
「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか (はらやんの映画徒然草)
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
マン・オブ・スティール やるならここまでやらなきゃ! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【45 うち今年の試写会5】 今日は昨日より波が小さくそのうえ風も吹いてだめ~、だもんで徹底的に筋トレして、それから映画を観に川崎へ。 この3日間で、「マンオブスティール」「スター・トレック イント...
マン・オブ・スティール (こんな映画見ました~)
『マン・オブ・スティール』---MAN OF STEEL---2013年(アメリカ)監督:ザック・スナイダー出演:ヘンリー・カヴィル 、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン 、ラッセル・クロウDCコミックスが誇る最強のスーパー...
「マン・オブ・スティール」 Man of Steel (2013 WB) (事務職員へのこの1冊)
わたしの世代だと、スーパーマンといえば1978年製作の(日本公開は悠長な時代だか
マン・オブ・スティール(3D日本語吹替版) 監督/ザック・スナイダー (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船...
マン・オブ・スティール (銀幕大帝α)
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノーラン 原案:クリストファー・ノーラン 出演: ヘンリー・カヴィル:クラーク・ケント/カ...
マン・オブ・スティール (いやいやえん)
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこ...
映画『マン・オブ・スティール3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-74.マン・オブ・スティール3D■原題:Man Of Steel■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,100円■観賞日:9月21日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ザック・スナイダー◆ヘンリー・カヴィル◆エイミー・アダムス◆マイケル・...
映画「マン・オブ・スティール」レビュー(見所はファオラ=ウル(アンチュ・トラウエ)とスーパーマンとの戦闘シーン) (翼のインサイト競馬予想)
映画「マン・オブ・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思
マン・オブ・スティール (映画大好きだった^^まとめ)
601 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/30(金) 15:09:17.92 ID:4lRGMnWVケビンコスナーとダイアンレインが一番良かったね。確かに最後のバトルはくどすぎたかも。カツ丼と牛丼を2つ食べる感じ。で ...