タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

スター・ウォーズ エピソード1/ファントムメナス(3D 字幕版)

2012年03月18日 | 映画他レビュー
監督:ジョージ・ルーカス 出演:リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、フランク・オズ、イアン・マクダーミド、レイ・パーク、アーメド・ベスト、アンソニー・ダニエルズ、サミュエル・L・ジャクソン、ケニー・ベイカー

 結局木曜日の先行上映は観に行けず・・・(そりゃあそうだ。この繁忙時期だもん。)で当初の予定通り土曜日に観賞という事で収まった。いやあ、また映画館のスクリーンで『STAR WARS』が観賞できる。それだけでもかなりの期待である。(SW好きは皆そうであろう。)ちなみに前回、欲しがっていた3Dメガネは数十個しか入ってこないという事であったが・・・さすがは田舎映画館。

あるじゃあないか、限定3Dメガネ。でそれを購入して3D観てきましたよ~。

(あらすじ)
遠い昔、はるか彼方の銀河系。平和だった銀河共和国に混乱が訪れていた。通商連合は辺境の惑星との交易ルートヘの課税問題に決着をつけるべく、武装艦隊で惑星ナプーを武力封鎖。即位間もない若き女王アミダラは連合の要求を拒否し、事態は悪化。元老院は調停のため、二人のジェダイの騎士クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービを派遣するが、背後では暗黒卿ダーク・シディアスによって巨大な陰謀が進行していた。二人は砂の惑星タトゥイーンで少年アナキンと出会う。アナキンに秘められたフォースの力を感じ取ったクワイ=ガン・ジンは、彼をジェダイ騎士団に入れようとするのだが……。(シネマトゥデイより)


 3Dに関しては期待が大きすぎたからだろうか?『まあこんなものか・・・。』というのが正直な感想です。もっと全般的に立体的なイメージを予測していたので3D感の少なさには本当に残念。。。ルーカスは奥行きの深さに力を入れたという事を言っていましたが目が慣れてしまうんですかね?途中から『3Dじゃなくても楽しめるからいいや。』という別の視点に切り替えて観賞(笑)物語は99年当初にはなかったシーンが追加されていたりヨーダがパペットではなくCGで描かれていたりと(ブルーレイ版と同じ)好きな人にはそれだけでも楽しむ事ができます。


 やはり最初にクワイ・ガンとオビワンがはじめるライトセーバー戦、これは何度観ても最高。スピード感があるし、旧3部作とは迫力が全然違う。強化扉をセーバーで破るシーンなんかは未だに大好きなシーンのひとつですね。


 綺麗だけれどもまだ幼いアミダラ。そしてその幼さゆえに・・・騙されてしまうんだよなあ・・・。


 選ばれし者・アナキンとの出会い。そして迫力満点のポッド・レース。公開当初はあまりこういったレースには興味がなかったのだけれど、今はこれも好きなシーンのひとつとなりましたねえ。何度観賞してもハラハラドキドキ(笑)今回も迫力のある映像が堪能できます。やっぱりこのレースは3Dで観賞すべきかな?


 99年にはこのシーンのスティールが各雑誌の特集を飾っていた。当時を懐かしむ1枚でもあります。


 緻密な策略を立てながら着々と権力の頂点へ登り詰めていくパルパティーン。野望が達成すると同時に世界は豹変していく。ああ怖い(笑)


 今回、3Dの中でも特に立体っぽく見えた(?)バトル・ドロイドの軍団。


 やはりファントムメナスと言えばダース・モール。初めてのツインセーバー使いという事で当時は自分もおもちゃのライト・セーバーを購入して遊んでた(笑)映画の中ではあっけなく殺されてしまうのでもう少し何か引っかかるような描き方をして欲しかった。


 最初にも伝えましたけど3D感は少なからず感じるものの今までの3D映画(トランスフォーマー以外は)と大した差はない。つまり2Dでもいいって事だ。けれども元々SWは迫力満点の映画作品なので映画館で再度観賞できただけでもSWファンには儲けものである。今回は3Dとしては残念な結果であるが・・・お祭りとしては大いに楽しめたし、また再度観賞に行こうと考えている。好きな人に多少の裏切りがあっても・・・人は許してしまうんだよなあ。そう思いませんか?(笑)

 来年はEP2。基本ベ-スが恋愛映画だし3Dは期待できないけれど・・・最後のクローン戦争始まりに・・・超期待!!!(加筆 ※2014・6現在、結局EP2 3Dは未だ公開されず・・・でも来年12月はEP7公開!!!)

タケヤの絶対的偏見評価 9/10(10点中9点!)

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D」 特別映像:3D化の過程

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スターウォーズ 限定3Dメガネ | トップ | お世話になりました。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (yukarin)
2012-03-18 22:10:19
3Dでも2Dでもファンとしては大画面でスター・ウォーズを観る!のがうれしいんですよね。
3D効果もまぁこんなもんかーって感じではありましたけどね^^;
別にいいんです観られれば(笑)
そうですよね! (takeya⇒yukarin様)
2012-03-21 22:05:19
僕も同じくです。

映画を大スクリーンで観られただけ
で幸せです。

それでいいんです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D字幕版/リーアム・ニーソン (カノンな日々)
『アバター IMAX-3D』を鑑賞したときに、この環境で『STAR WARS』全シリーズをもう一度観たいなと思った『STAR WARS』大好きな私です。さすがはジョージ・ルーカス監督ですね、やっぱり3D化 ...
STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D (新・映画鑑賞★日記・・・)
【STAR WARS: EPISODE I - THE PHANTOM MENACE 3D】2012/03/16公開 アメリカ 137分監督:ジョージ・ルーカス出演:リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、イアン・マクディアミッド、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイ....
STAR WARS エピソード1 / ファントム・メナス 3D (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★“プリクエル・トリロジーにはなんとなく違和感を抱いてたけど、ちゃんと観たらスター・ウォーズらしい面白さがあった”自分の中でスター・ウォーズはルーク・スカイウォーカー達が活躍するエピソード4~6(通算1~3作目、オリジナル・トリロジーとも呼ばれる)が...
「STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D (字幕版)」みた。 (たいむのひとりごと)
作品はもう何度となく観ているのだけど、3D公開となれば観て見たいと思ってしまう悲しい性。でもどうせ観るならば大スクリーンでしょ、ってね。そして、本当は3D字幕って苦手なのだけど、これは何度も観ているだ
[映画『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』を公開前夜祭で観た(超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この作品、公開当時、「スターウォーズ」シリーズの括りでは、ファンから非常に評判が悪かった記憶があるのだが、私には非常に面白かったもんだ^^  クライマックスで、可愛いアナキンが予想外の大活躍をするが、当時、「なんだよ、この都合の良過ぎるガキの活躍は!...
スター・ウォーズ1 前夜祭 3D公開 (★tip of the iceberg★)
なぜ、今更? と思うなかれ。 むしろ、今こそなのだと思います。 近隣で特典付きの映画館が2軒ある中で、 なにも特典がついていない映画館をあえて選びました。 お客さん、7人でした。 でも、集中できてよかった。 3Dも、もちろん良いんだけど、 それよりこの作...
STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 1999年に公開され、世界中を熱狂させたSF映画の名作『スター・ウォーズ』 シリーズの序章の新バージョン。 最先端デジタル・テクノロジーをフル投入しただけではなく、初公開時には 見られなかった3分間の映像を追加収録し、パペットであっ...
[映画『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』を公開前夜祭で観た(超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この作品、公開当時、「スターウォーズ」シリーズの括りでは、ファンから非常に評判が悪かった記憶があるのだが、私には非常に面白かったもんだ^^  クライマックスで、可愛いアナキンが予想外の大活躍をするが、当時、「なんだよ、この都合の良過ぎるガキの活躍は!...