タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ウルヴァリン:SAMURAI

2014年02月09日 | 映画他レビュー
監督: 出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ファムケ・ヤンセン

【解説】
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァリンが、日本で自身の運命を大きく左右する戦いに身を投じる。『X-メン』シリーズと前作に続き、『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを力演。メガホンを取るのは、『ナイト&デイ』などのジェームズ・マンゴールド。一大ロケを敢行して撮影された日本の風景をバックに展開する壮絶なバトル描写や、ハリウッドでも活躍している真田広之の共演にも注目。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコ(TAO)を連れ、その混乱から逃げ出すが……。(シネマトゥデイより)


 あんまり期待してなかった作品なんですが、やっぱりマーヴェルコミックですし観ておこうかなあと思い(いつものパターンで)借りたツタヤの4本目のレンタルソフトです。このジンクスはいいですねえ(笑)結構に面白かったですわ、コレ。最初から最後まで飽きさせないね、うん。

 冒頭で始まるシーン・・・日本のどこぞの場所?と思い、観ているとそこは長崎の原爆投下直前シーン。原爆が投下されウルヴァリンが助けた青年・矢志田はその後、戦後日本で巨大企業を築いて成功する。老人となり死が近い彼は再びウルヴァリンを探し出し、ある願いを伝える・・・。

 ここからず〜〜っとアクションの連続です。狙われている矢志田の孫娘・マリコとウルヴァリンの逃避行が始まりますが新幹線でのヤクザ(笑)と戦うシーンは迫力満点!!!ただ日本のヤクザってあんなにモンスター並に武闘派じゃないし、日本の新幹線ってホントはデザインがちょっと違うけどね(笑)それと途中、この逃避行を続けるこの二人がデキちゃうのはどうかなあと思いましたが、それはまあ良しとしましょうか。あとね、やっぱハリウッドが描く日本ってなんか中国的なイメージだよね。なんなんだろう?「HEROES」よりはマシになったけど(笑)それでもどうかなあと。多分、観賞した日本人は皆そう思うハズ!

 そんな中で真田広之さんはいいですねえ、演技派だし迫力もオーラもあるし、もっともっと徹底した悪役をさせて欲しかったなあ。(いいところで終わっちゃいますからね。。。)そしてラストはお決まりの大ボスとの戦い!結構驚きましたよ〜。あの人が黒幕だったなんて!今回は全然気が付きませんでした。ただねイカンよなあ、この"恩を仇で返す日本人"ってなんかアメリカ的な発想だよねえ〜。まだ真珠湾攻撃を根に持ってるのか?まあ面白かったから良しとしますが・・・。

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』日本版予告編
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れの国の岡山が・・・ | トップ | 毎日夢をみます。 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daisuki-johnny)
2014-02-09 21:38:11
申し訳ないのですが色々と笑ってしまいました!
ヤクザさん、物凄い刺青でしたね〜
婚約者の方なんかは、カタコトの日本語でしたしね〜〜

でも、このシリーズに日本の事が
加わって嬉しく思いましたし
ラストにあの二人が出てきて
又、ワクワクしました!
Unknown (けん)
2014-02-10 12:38:50
ホント、これが世界から見た日本なのかなって思うと、もう笑うしかないですよね(爆
特におばあちゃんにお風呂でゴシゴシされるウルヴァリンは笑えました。
真田くんも、監督に「こんなんありませんよ」って注意してあげればいいのに(笑
こんばんは! (ヒロ之)
2014-02-10 23:11:07
私も割りと楽しく見れました。
ていうか殆どツッコミ入れながらの鑑賞でしたけど(笑)。
こちらもおかしな日本描写満載でしたが、ま、ウルヴァリンが日本を舞台にして暴れてくれただけでもファンとしてはうれしいですよ。
それにしてもザコキャラのヤクザが異常に強かったですよね(笑)
daisuki-johnnyさん (タケヤ)
2014-02-11 05:45:17
そうそうそう!ですよね(笑)
あんなカタコトの日本人いねえよって。
だからアメリカ人は日本を描こうとした時には
あのクオリティで"ヨシ"って事なんでしょうね。

せっかくストーリーが面白かったので
実に勿体無い気がします。。。
けんさん (タケヤ)
2014-02-11 05:50:54
けんさんのご指摘ごもっとも(笑)

(ほらっおとなしくしなさいっ)と無理やり
ウルヴァリンを洗うばあちゃん達。
世界が見たら(これが日本かあ〜)
って思いますよね。

ホントあそこらへんはギャグです(笑)
でも面白かったから良かったんですけどね。
ヒロ之さん (タケヤ)
2014-02-11 05:57:05
そっかーやっぱみんな
ツッコミ入れながら観てたんだなあ(笑)
そんな僕もそうですが・・・

日本が舞台っていうのは確かに
親近感が沸いていいですよね。
ただヤクザがあんなに強かったら日本は
エラい国になってると思いますが(笑)
おはようございます (ボー)
2014-02-11 07:57:31
TBありがとうございました。
TBが2つあったので、ひとつ削除したら、なぜか両方消えちゃいました。
よろしければお手数ですが、また一度TBしてください。
映画の中の、あんなニッポン、なかなか楽しかったですね。
こんにちは! (sakurai)
2014-02-11 09:34:53
ヒューさまが、「日本大好き!日本アリガオ!」で作った作品なんで、楽しむのが一番ですね。突っ込みながら!
とはいいつつ、3分に一回は突っ込んでました!
こんにちは (maki)
2014-02-11 09:56:35
なぜかトラックバックはねられてしまうので
コメントだけで失礼をば。

恩を仇で返すというのは日本の美意識から外れていることで、日本人ならあさましいとか思うことでしょうね
ただこの作品の場合、永遠の命が目の前にあって、死期が近いということがあるからこそ、そのあさましさが哀しさにもみえるのですが。
ボロクソとおっしゃられましたが、たいしてボロクソには書いてないですよ^^面白く見ました。かなりの回数頭の中でつっこんでましたが。
ボーさん (タケヤ)
2014-02-11 20:58:14
2度もTBごめんなさい。
ボケまくりですねm(_ _)m

先ほど入れなおしました。
ご確認下さいませ。

sakuraiさん (タケヤ)
2014-02-11 21:02:13
この作品、突っ込んでない人
いないですよね???(笑)

でもみんな楽しんでいるというか・・・
(むっちゃつまらんかった)的な事
言ってる人いないですもんね。

これもヒューの人柄かな?
makiさん (タケヤ)
2014-02-11 21:07:41
いつも失礼をすみませんm(_ _)m
それでも丁寧なコメントをいつも
本当にありがとうございます。

ラストはやはり(うーーーん)ですよね。
アメリカ人の思う日本人はああいう
イメージがあるのかなあ・・・。

まあ全体として楽しめたので良かったとします。
五重塔に忍者にロボットですからね(笑)

こんにちは♪ (yukarin)
2014-02-14 12:58:57
最初から最後までツッコミどころ満載でいろんな意味で面白かったです(笑)
そう、外国の人が描くと中国っぽくなるんですよね^^;
そんな中でも真田広之さんは良かったですね!
yukarinさん (タケヤ)
2014-02-17 22:46:16
皆さんむっちゃツッこんでますもんね(笑)
でもなんでかわかんないですけど
好きですね、この作品。

真田広之さんの活かし方には
ちょいと不満ですが・・・。
Unknown (ふじき78)
2014-03-31 11:12:58
せっかく五重塔に行ったのに「死亡遊戯」みたいに一階一階強敵がってシチュエーションがなく、単に長い建物みたいなのが、うーん。あれ、ラスは五十塔なんですよね。ルパン・カリオストロの時計塔から歯車取ったみたいな。

一階には真田広之が、二階には二人の真田広之が、三回には三人の・・・というのがいいと思います。
ふじき78さん (タケヤ)
2014-03-31 22:50:47
五重塔でしたっけ?
忘れてしまいました(笑)

カリオストロは憶えていますよ。
おじょーさんの心を盗んでいったヤツですね!
せっかくだから真田分身の術でいっぺんに
100人ぐらいだったらもっとインパクト
強かったかも(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通 (はらやんの映画徒然草)
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気
ウルヴァリン:SAMURAI  監督/ジェームズ・マンゴールド (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  真田 広之  TAO  福島 リラ 【ストーリー】 カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガンは、太平洋戦争時長崎の原爆投下の際、命を救った日本軍人で現在は実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオと共に日本....
ウルヴァリン:SAMURAI (♪HAVE A NICE DAY♪)
う〜む(笑) このシリーズは好きなのですが、日本が舞台なので 多分、突っ込み所は沢山かも??と思いましたが、 戦争があった頃、ウルヴァリンが日本兵を助けて 現在、実業家になった、この日本人のお家に行くのですが・・・ いきなり、おばちゃん二人がお風呂の前...
ウルヴァリン:SAMURAI (銀幕大帝α)
THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン 真田広之:シンゲン TAO:マリコ 福島リラ:ユキオ ハル・ヤ...
劇場鑑賞「ウルヴァリン:SAMURAI」 (日々“是”精進! ver.F)
ウルヴァリン、日本での戦い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309130003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【...
『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は? (映画のブログ)
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウル...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 (或る日の出来事)
ハリウッド映画が描く、変な日本をどう受け止めるかは、観る人の許容度しだい。
『ウルヴァリン/SAMURAI』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
かつて自ら愛する女性ジーンを手にかけたローガンは、カナダの山中で隠遁生活を送っていた。そんな彼の前に日本の実業家・矢志田の使者と名乗るユキオという女性が現れる。かつてローガンは第二次大戦中の長崎で、原爆の投下された日に一人の日本人青年を助けていた。戦後...
ウルヴァリン:SAMURAI (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai/ 前作『ウルヴァリン:X−MEN ZERO』は鑑賞済み。 予告編で、ハリウッドの日本観が相変わらず酷いのは分かっていたけど、ヒュー・ジャックマン観たさに鑑賞してきた。 カナダで人目を避けるように...
ウルヴァリン SAMURAI (迷宮映画館)
決してX-MENではない。
ウルヴァリン:SAMURAI/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
『X-メン』シリーズのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ・ムービーの第2弾です。大量宣伝で周知の通り今作の舞台は我らが日本。この大作ヒットシリーズで日本が舞台となるのは ...
いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』 (水曜日のシネマ日記)
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。
ウルヴァリン:SAMURAI 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカンコミック「X-MEN」の人気キャラ 「ウルヴァリン」主演映画作第2弾 「ウルヴァリン:SAMURAI」が公開されました ので観に行ってきました。ウルヴァリン:SAMURAI 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray] ウルヴァリン:SAMURAI 原題:THE WOLVERINE...
ウルヴァリン:SAMURAI (佐藤秀の徒然幻視録)
武士道とは死なないことと見つけたり 公式サイト。原題:The Wolverine(クズリ)。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、ハル・ヤマノウチ、ス ...
映画:ウルヴァリン:SAMURAI The Wolverine 増上寺,秋葉原,上野... 日本で大暴れだけで十二分に満足! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
何たってウルヴァリンって、Xメンの中心人物。 その彼が過去の因縁で、とはいえ日本それも増上寺、秋葉原、上野、都内とか未近な場所に出没! だけでなく、新幹線廊下、新幹線車両の上(笑)、そして長崎などなどで大暴れ! それだけでもう〜ニコニコなのだ! 最近では...
ウルヴァリン:SAMURAI  (to Heart)
散ることのないサムライ。 原題 THE WOLVERINE 上映時間 125分 製作年度 2013年 原作 クリス・クレアモント/フランク・ミラー 脚本 マーク・ボンバック 、スコット・フランク 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ヒュー・ジャックマン/真田広之/TAO/福島リラ/ウィル・...
『ウルヴァリン/SAMURAI』 2013年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルヴァリン/SAMURAI』 を観賞しました。 ミュータント少なっ 日本人のミュータントはどんなの出るか期待してたんだけど 【ストーリー】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある...
『ウルヴァリン:SAMURAI』('13初鑑賞83・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 9月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。
タイトルデザイン_35(Picture Mill) ヒュー・ジャックマン主演、ジェームズ・マンゴールド監督『ウルヴァリン:SAMURAI』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『X-メン』シリーズのメインキャラクターのひとり、ウルヴァリンを主人公にした第2弾『ウルヴァリン:SAMURAI』。出演はウルヴァリン=ローガンにヒュー・ジャックマン、他
ウルヴァリン:SAMURAI (花ごよみ)
ヒュー・ジャックマン主演で 今回は日本が舞台の、 スピンオフ色のある作品。 監督はジェームズ・マンゴールド。 過去に命を救った大物実業家・矢志田との、 再会を遂げるためウルヴァリンは日本へ。 間もなく矢志田は亡くなり、 ウルヴァリンは矢志田の孫娘、 マリ....
ウルヴァリン:SAMURAI ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「X-MEN」シリーズの人気キャラクターでヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリンを主人公とした「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009)の続編。カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、ある因縁で結ばれた大物実業家・矢志田に請われて日本を訪れる。しかし、重病....
ウルヴァリン:SAMURAI (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(F) 英国自動車バラエティ番組でヒューが最新映画の裏話してた
ウルヴァリン:SAMURAI (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE 2013年/アメリカ/125分 監督: ジェームズ・マンゴールド 出演: ヒュー・ジャックマン/真田広之/TAO/福島リラ/ハル・ヤマノウチ 公開: 2013年09月13日 公式サイト カナダの山奥...
ウルヴァリン:SAMURAI (だらだら無気力ブログ!)
ツッコミどころは多いけど、面白かった。
ウルヴァリン:SAMURAI (そーれりぽーと)
同じウルヴァリンの名前を冠する前作は微妙でしたが、『X-MEN』シリーズは全部抑えているので嫌な予感がしつつも『ウルヴァリン:SAMURAI』を観てきました。 ★★★★ 「本編が終わってからがこの映画の一番の見どころ」と皮肉な事になっているんだけれど、本編も『ウル...
ウルヴァリン:SAMURAI (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン 散ることのな....
ウルヴァリン:SAMURAI (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月17日(火) 19:00〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1600円(シネマイレージデイ+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 日本男児にサムライ不在 『ウルヴァリン:SAMURAI』公式サイト 長崎に原爆が落とされた時に、捕虜になっていたウルヴァリン。 原爆投...
ウルヴァリン:SAMURAI (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジェームズ・マンゴールド 【出演】ヒュー・ジャックマン/真田広之/ファムケ・ヤンセン/TAO/福島リラ/ウィル・ユン・リー/スヴェトラーナ・コドチェンコワ/ハル・ヤマノウチ 【公開日】2013年 9月13日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 鋭利...
ウルヴァリン:SAMURAI (風に吹かれて)
日本で撮影してくれてありがとう〜公式サイト http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai監督: ジェームズ・マンゴールド  「17歳のカルテ」 「ウォーク・ザ・ラ
映画『ウルヴァリン:SAMURAI』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-72.ウルヴァリン:SAMURAI 3D■原題:The Wolverine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:126分■料金:1,300円■観賞日:9月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ジェームス・マンゴールド◆ヒュー・ジャックマン◆真田広之◆TAO◆福島...
『ウルヴァリンSAMURAI』をよみうりホールで観て、トンマ日本OKふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★長崎で切腹だ】    今更、鑑賞です。 多分『47Ronin』と歴史続きの日本。 馬鹿にしてるとも思わないし、こういうの嫌いじゃない。 ハラキリ、ニンジャ、ブ ...
ウルヴァリン:SAMURAI (RISING STEEL)
ウルヴァリン:SAMURAI / THE WOLVERINE  2013年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:ジェームズ・マンゴールド 製作:ローレン・シュラー・ドナー  ハッチ・パーカー 製作総指揮:スタン・リー  ジョー・カラッシオロ・Jr 脚本:...