タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

ロボコップ(2014)

2014年03月22日 | 映画他レビュー
監督:ジョゼ・パヂーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン

【解説】
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジャラス・ラン』などにも出演したスウェーデン人俳優のジョエル・キナマンを抜てき。ゲイリー・オールドマンやマイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソンら実力派俳優が脇を固める。ブラックを基調とする新生ロボコップのデザインやさまざまなガジェットなど、クールな武器にも注目。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな日々を過ごしていたが、ある日、車の爆破に巻き込まれる。かろうじて命を取り留めたアレックスは、オムニコープ社の最先端のテクノロジーによってロボコップとして生まれ変わり……。(シネマトゥデイより)


 87年のリメイク版"ロボコップ"。まあ前作のインパクトが強すぎるポール・バーホーベン版には勝てないでしょうけど、観ないワケにはいきませんので(笑)

 ただね、観賞後の感想を言うと思っていた以上に好印象。基本設定はもちろん変更無しですが・・・前作とアプローチが全く違うんですよね。もう「ロボコップ」としてではなく別の作品として観れば非常に優秀な作品といった所でしょうか?前作は近未来都市を意識していた建築物が多かったけど今作はあくまで自然を重視した内装を意識している気がします。またロボコップとして生まれ変わった後、ロボではなく人間として目覚める所も前作とは全く逆です。(もう自身の姿を二度と見たくないと涙を流して訴えるマーフィー。)そして家族との関係を深く描いていたとは言い難い前作に比べ今作は奥さん、息子が深く関わっています。開発者とロボコップの関係性が深く描かれる部分も全然異なりますしね。

 登場人物もいいチョイスしてるんですよねえ。旧「バットマン」のマイケル・キートンがオムニ社のCEO。新「バットマン」のゲイリー・オールドマンが今作新キャラクターのノートン博士。粋な計らいじゃないですか、ねえ(笑)そして我らがサミュエル・L・ジャクソン。「ジャンゴ」の執事かと思いましたけどね(笑)もうこれだけでも何も言う事なしですわ。


 ただ・・・ひとつだけ言いたいのは今作のロボコップのデザインはスタイリッシュ過ぎる!やっぱね、ロボコップはピカピカのシルバー金属色とブラックの相性が最高。あとガッシリした体型もね!全身黒はイカンよ。スタイルも良すぎるしね。若い世代にはいいのかもしれないけれど、初作ロボコップの当時のインパクトは全然越えられないっす。これこそ僕の"偏見評価"なんですけど・・・。作品としては素晴しいものがあったので良しとします。

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)

『ロボコップ』映画オリジナル予告編
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AKBの歌 | トップ | カキオコ!〜お好み焼きタマちゃ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-03-23 11:05:02
こんちは。
そうですね。ちゃんと出来てるんですよね。しかしまあ、バンホーヴェンというのはやっぱり大した人だったんだな。

黒でスタイリッシュもそうですが、バイク乗りっぱなしでスピード感が出て、地に足が着いてないみたいな。前のがモタモタしすぎてたからってのもあるんですけど。偉大な前作があるとイメージ越えるの大変だ。
Unknown (けん)
2014-03-23 11:13:17
ホントだ〜。
スマート過ぎますね(爆
ロボットというよりはバットマンに近い?

でもタケヤさんのレビューを読むと思った以上に面白そうです♪
ふじき78さん (タケヤ)
2014-03-23 20:07:52
そうです。ちゃんとした作品です。
でも前作は凄すぎた。。。

実はこれを観る前日に前作観ましたが
今観ても強烈なインパクトです。
これだけはっきりストーリーを憶えている
作品も正直珍しいです。

って前作の話ばっかですね(笑)
けんさん (タケヤ)
2014-03-23 20:09:37
あ〜バットマンって言ってる人
たくさんいました。

前作を気にしなければはっきり言って
面白いです。「マン・オブ〜」よりは全然楽しめました。
けんさんも時間がある時にどうぞ!
大分忘れてますw (メビウス)
2014-03-25 08:03:17
タケヤさんこんばんわ♪TB有難うございました。

自分は旧作はマーフィがドカドカ撃たれちゃうシーンしか鮮明に覚えていないせいもあってか^^;改めて新鮮な気持ちで鑑賞したといった所ですね。おかげで結構面白く観れたかなと思ってます。

でも確かに今回のリブートロボコップはスタイリッシュ過ぎたかもしれませんね?『ロボ』というよりは『サイボーグ』って言った方がしっくりくるスマートボディに見えますし、ゴツい印象のある旧作の方がロボロボな感じに見えますねw
旧作と新作 (iina)
2014-03-25 08:36:25
旧作を見たことがありますが、まったく旧作に引きずられないです。それに、今作のロボコップ・デザインは
恰好よかったですよ。
ということは、(タケヤ)さんには『ロボコップ』に愛着が深いということです。

近未来に、危険なところを対応するためにロボットが警備や兵士になり得るかも知れないと生々しく思わせ
られました。

共産国家は、不気味で怖い国です。思想の自由が許されない社会で暮らしたくはありません。
こんにちは♪ (yukarin)
2014-03-25 12:53:01
ロボコップのデザインはカッコ良くなってましたね。
あまり思い入れがなかったからか、全身黒もかっこいいと思いました。
そこで新旧バットマン出演者が出てるし...
やっと昔のロボコップを見直そうとしております...
メビウスさん (タケヤ)
2014-03-25 18:12:29
コメントありがとうございます!
僕も旧作と比べなければ楽しめた方ですね。

ただスタイリッシュ過ぎるロボコップは
どうもイカンです。
そーゆーところは過去にとらわれ過ぎ
なんかなあ。。。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。
iinaさん (タケヤ)
2014-03-25 18:15:58
あ〜そうですね、旧作に愛着がある・・・
確かにそうかもしれません。
何気に昔からビデオテープ・DVD・ブルーレイ
と買い替えしてますしね。

(話変わって)
損得で考える国の事ですね。
まあ彼らには日本の理解というのは
程遠い話だと思うので・・・
僕も出来れば暮したくないというより
関わりたくないですね。
yukarinさん (タケヤ)
2014-03-25 18:17:48
今作だけで考えるとすっごくいい作品だと
思います。まあグダグダ言っているのは
僕の偏見です(笑)

ぜひ旧作も見直してレビューをお願いします。
ごちゃごちゃコメしてしまうかもしれませんが。
(その時はすみません。。。)
こんばんは! (ヒロ之)
2014-07-24 03:25:28
すみません、私はこれダメでした。
全く魅力を感じなかったです。
同じロボコップでもいかにヴァーホーベン版は優れていたかが私個人としてははっきりと評価が分かれました。
ただオリジナルを知らない若い世代にはウケが良いかもしれませんね。
ヒロ之さん (タケヤ)
2014-07-24 20:22:56
ダメでしたか(笑)

ヴァーホーベン版と比べたら
そりゃあダメですよ。
僕だって以前の方が断然いいですから。

ただ全く別物の作品として観れば
なかなか優秀な作りではないでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロボコップ (to Heart)
原題 ROBOCOP 製作年度 2014年 上映時間 117分 脚本 ジョシュア・ゼトゥマー 監督 ジョゼ・パヂーリャ 出演 ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ/サミュエル・L・ジャクソン 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督...
「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い (はらやんの映画徒然草)
1987年制作のポール・ヴァーホーベン監督の「ロボコップ」のリメイクです。 デト
ジョゼ・パヂーリャ監督『ロボコップ(Robocop)』(2014年公開版)ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、サ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1987年製作(日本公開は1988年正月第二弾)のポール・ヴァーホーヴェン監督作ロボコップ再起動版『ロボコップ(robocop)』監督はジョゼ・パヂーリャ。出演はジョエル・キナ
『ロボコップ』 2014年3月14日 TOHOシネマズ六本木  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『ロボコップ』 です。 TOHOシネマズでの最後の1,000円鑑賞ですね(笑) 【ストーリー】  2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな...
ロボコップ (風に吹かれて)
ロボコップ 再誕 公式サイト http://www.robocop-movie.jp 2028年、巨大企業オムニコープがロボット・テクノロジーを牛耳っていた。世界各地でオムニコープのロボットが軍事利用
『ロボコップ』をトーホーシネマズ府中6で観て、マヌケなりにグッジョブふじき★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★オリジナルへの敬意があって割といい】    リブート前のオリジナルへの敬意も見えつつ、 新しい試みは試みで加えられているのがとっても可愛らしくて好感 ...
劇場鑑賞「ロボコップ」 (日々“是”精進! ver.F)
ロボコップ、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403140001/ Robocop(ロボコップ)Profile ポスター 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】...価格:1,200円(税5%込、送料別) 【送料無料】...
『ロボコップ』 (時間の無駄と言わないで)
リブート。 なんか最近のハリウッドはリブート多い気がするなぁ。 ポール・バーホーベン版は何度も観ました。 そういや最近は全然テレビで放送しないね。 まぁ家族がお茶の間で ...
ロボコップ(2014年版) (ぷかざの映画・本感想記)
ロボコップ(2014年版)観ました。 [自己満足度 ★★★★☆ 4/5] ロボコ
ロボコップ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月15日(土) 21:20〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 残虐度とユーモア控えめ。センスに欠けた程々のリメイク。 『ロボコップ』公式サイト ネタバレ。 マーフィーの損壊シーンが、腕は千切れの銃殺から、車の爆破...
ロボコップ / RoboCop (勝手に映画評)
1987年の作品『ロボコップ』のリメイク作品。 何故に今『ロボコップ』?という気もしますが、敢えてそこには触れないことにします。さて、今回のリメイクに際して、舞台がデトロイトで、ロボット企業がオムニコープという所はオリジナルを引き継いでいますが、それ以外の...
ロボコップ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) アクションとドラマのバランス良いが最後の方だけ
ロボコップ(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
主役はサミュエル・L・ジャクソンのロボキャスター!? 公式サイト。原題:RoboCop。ジョゼ・パヂーリャ監督。ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー ...
ロボコップ (2014)★★★★ (パピとママ映画のblog)
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジ....
ロボコップ (だらだら無気力ブログ!)
随分あっさり味な印象で、個人的にはオリジナルの方が好きかな。
[映画『ロボコップ(2014)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ロボコップの新作を作るというのは、作り手にとって、かなりのプレッシャー(ストレス)があったとも思われ、見ることになる私たちにも、かなりのプレッシャー(ストレス)が強いられると思った。  ポール・バーホーベンのオリジナルは、それほどに歪なプレッシャー(...
ロボコップ (もののはじめblog)
瀕死の重傷を負った警察官を、機械と融合させたロボコップにして活躍するSF活劇。 なかなか生々しくてリアルさを浮き彫りにした近未来の創りになっていて、面白かった。 ロボット研究所が中国というのも、映画の世界でもいまのアメリカと中国の関係を思わせて興味深い....
ロボコップ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョゼ・パジーリャ 【出演】ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ 【公開日】2014年 3月14日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2028年、世界各地の軍備はロボット化が進む...
ロボコップ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROBOCOP】 2014/03/14公開 アメリカ 117分監督:ジョゼ・パヂーリャ出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 半分人間、半分ロボット最強の警官誕生。 [Story]2028年、アメリカのデ...
ロボコップ  監督/ジョゼ・パヂーリャ (西京極 紫の館)
【出演】  ジョエル・キナマン  ゲイリー・オールドマン  マイケル・キートン  アビー・コーニッシュ 【ストーリー】 2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックスは愛する家族と幸せな日々を過ご....
ロボコップ(2014) (いやいやえん)
「ロボコップ」がリブートされました。設定なんかもちょこちょこ変わってて、一番「えっ」と思ったのは、序盤にすんなり家族の元に戻る事だったりします。 まるでパワードスーツを着ているかのようなスタイリッシュなデザインになっていてカッコいいのですが、私はや...
ロボコップ(2014) (銀幕大帝α)
ROBOCOP 2014年 アメリカ 117分 SF/アクション 劇場公開(2014/03/14) 監督: ジョゼ・パヂーリャ 出演: ジョエル・キナマン:アレックス・マーフィ ゲイリー・オールドマン:デネット・ノートン博士 マイケル・キートン:レイモンド・セラーズ アビー・コ...
ロボコップ (RoboCop) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョゼ・パヂーリャ 主演 ジョエル・キナマン 2014年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ 街の至る所に交番があるってのが、日本独特の風景のひとつだとか。その辺が凶悪犯罪発生率の低さをもたらしてるって見方があるようですけど、別におまわりさん...