タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

スノーピアサー

2014年08月12日 | 映画他レビュー
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ

【解説】
『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などのクリス・エヴァンス、『JSA』などのソン・ガンホ、『フィクサー』などのティルダ・スウィントンなど、国際色あふれるキャスティングを敢行。彼らが見せる濃密なストーリー展開に加え、絶望の近未来を具現化した鮮烈なビジュアルにも目を奪われる。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。(シネマトゥデイより)


 正直言って"限られた空間"の中だけで進んでいく物語ってあんまり好きじゃないんです。展開に広がりがないというか、予測がつく作品が多いんですよね、なんとなく・・・。でもこの作品は予想に反して面白かったなあ。意外や意外でした。極寒の地球を走り続ける列車と列車内での階級制度っていうアイデアも素敵なんですけど、一番目を引いたのがティルダ・スウィントン演じる憎々しいメイソン。もうね、最高なんですよ。見てて(ふざけんじゃない、このヤロウ!)ってな気持ちでいっぱいになりましたもん(笑)

 そしてスゴロク的に一歩一歩前方車両へ進んでいくその描写。これ見せ方、結構巧いんじゃないかな?相手の兵士と反乱軍との戦い、ハラハラドキドキしましたよ。ぶっちゃけちょっとグロいけどね(怖)またね、冒頭から名前が挙がっている悪玉ボスのウィルフォードとカーティスのラストの会話も最高でしたね。ある意味SWを思い出しましたよ。見方を変えれば何が悪なのか分からないという哲学的なやりとり。最終的には勧善懲悪な展開となるワケなんですけど・・・・話の持っていき方がいいですわ、コレ。ホント意外だったなあ、こういう系なのに(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 7/10(10点中7点!)

スノーピアサー [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店


『スノーヒ?アサー』予告編
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEGO(R)ムービー | トップ | STAND BY ME ドラえもん(2D)  »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2014-08-13 01:43:42
俺はタケヤさんと逆で”限られた空間もの”大好きなんです♪
あまり好きではないというタケヤさんでさえなかなか面白かったとは、元々大好きな俺だったら・・・☆
またチェックしてみたいと思います♪
けんさん (タケヤ)
2014-08-13 12:52:16
空間もの好きなんですね。
じゃあ絶対これ面白いと思いますよ。

息もつかせぬ展開と
思いも寄らない展開が
ソートーやばいです(笑)

ぜひ見てみて下さい。
こんばんは (maki)
2014-08-13 21:32:27
たくさんの登場キャラがいるのに、
頭こんがらがらない描きわけができているのは
素晴らしいと思います

ツッコミどころは多かったけれど、
それも笑って許せる力技のある作品でしたよね!
なんだか不思議な魅力ある作品でした
Unknown (ふじき78)
2014-08-13 22:29:44
そもそも列車だから直線に前方に進むのに婉曲させて、列車内以外直線行以外の銃撃戦を作ったのが凄い。賢い。考え抜かれてる。頭は使うものだなあ。
makiさん (タケヤ)
2014-08-14 20:18:35
そー言えばたくさんの登場人物
いましたね〜。
確かにごっちゃになっていない。

ツッコミどころはしょーがないと
思いますけど勢いと新鮮さが
あったから良かった。

言われるように不思議な作品ですね。
ふじき78さん (タケヤ)
2014-08-14 20:20:47
あーーーあのシーン
見た事あるようで見た事
なかったですね。

表現の仕方が難しい(笑)

ふじきさんの言い方
うまいなあ。。。

こんばんは! (ヒロ之)
2014-08-15 03:58:50
自ブログでは結構愚痴ってますが(笑)映画としては割りと面白くは観れました。
ただ、私は最初の乱闘シーンで思い切りテンション上がっちゃったものだから、てっきりその後もそういうシーンが続々出てくるものばかりだと思っていたので、そういう意味では肩透かし食らってしまったという感じでしょうか。
アイデアそのものも悪くないし、キャラクターも皆個性的で好かったですし、決して嫌いじゃない作品ですけど、見終わった後に「滅茶苦茶面白かった!!」とは素直に思えなかったのも、やっぱり自分的には前述したように最初のバトルシーンが衝撃的過ぎちゃったのかも^^;
ヒロ之さん (タケヤ)
2014-08-16 09:39:35
ジャンプ的な展開はオトコにとって
盛り上がりますもんね(笑)
言ってる事よく分かりますよ!

めちゃくちゃ面白い!とは言いませんが
かなりいい路線にいった事は確かです。
なかなか斬新なアイデアでいいですよね。

でも最初のインパクトが激しすぎたんですね。
ヒロ之さんには・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『スノーピアサー』 2014年1月29日 角川シネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スノーピアサー』 を試写会で鑑賞しました。 ポン・ジュノ監督の挨拶がありました でも、映画無関係な不要な森脇健児と安田大サーカスの団長がゲストでいらない話が長かった 【ストーリー】  地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起...
スノーピアサー〜アイデア賞どまり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。韓国=アメリカ=フランス、ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ原作、原題:Snowpiercer、ポン・ジュノ監督。クリス・エヴァンス、ソ ...
劇場鑑賞「スノーピアサー」 (日々“是”精進! ver.F)
シロクマは生きてました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402070001/ ポン・ジュノ監督作 / ソン・ガンホ、コ・アソン CMDC-10153 映画OST / 『雪国列車』SNOWPIERC...価格:1,890円(税込、送料別) ★特価...
スノーピアサー (Akira's VOICE)
その手は人のため!  
【スノーピアサー】列車カーストを壊せ (映画@見取り八段)
スノーピアサー〜 SNOWPIERCER 〜     監督: ポン・ジュノ    出演: クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス 公開: 2014...
スノーピアサー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(AF) 本作のMVPはティルダ・スウィントンに決定です!(笑)
「スノーピアサー」 闇の獣 (はらやんの映画徒然草)
「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のポン・ジュノの最新作です。 クリス・エヴ
スノーピアサー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「グエムル」などでしられるポン・ジュノ監督 の新作SF映画「スノーピアサー」が公開されました ので観に行ってきました。韓国とアメリカとフランスの合作映画になり キャストも国際的、ボン監督の映画は「グエムル」 を以前観た以来の鑑賞になります。 スノーピアサー [...
スノーピアサー (いやいやえん)
ポン・ジュノ監督が「氷河期の地球を疾走する全人類唯一の生存空間の列車」という、え、ちょっとありえねーだろな設定で挑むSF大作。元はコミックらしいですねー。新鮮味のある映画だった。 個性的であくの強いキャ
『スノーピアサー』を角川シネマ有楽町で観て、あー変でおもろかった満足ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★すげえ変映画。でも満足】    人類は滅亡した。生き残っているのは電車の乗客だけ。 って思い切ったとんでも設定が、見ているとそれもありかなと思わさ ...
スノーピアサー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
『スノーピアサー』 (こねたみっくす)
白い外界と暗い車内。本当の方舟はどちらなのか。 フランスのSFコミックを韓国のポン・ジュノ監督がアメリカやイギリスの名優を揃えて描くこの作品。 これまでの監督作品と比べる ...
『スノーピアサー』 (時間の無駄と言わないで)
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
スノーピアサー (そーれりぽーと)
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。 ★★★★ これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。 韓流映画からは少し距離を置いているところです...
スノーピアサー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などの....
スノーピアサー (銀幕大帝α)
SNOWPIERCER 2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分 SF/サスペンス/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/07) 監督: ポン・ジュノ 『母なる証明』 製作: パク・チャヌク 原案: ポン・ジュノ 脚本: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス:カーティス ソン...
人類は列車の中 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「スノーピアサー」を鑑賞しました。 氷河期が引き起こされた 2031年の地球、残りわずかな人類は1台の列車に乗り込み、極寒の大地を行くあてもなく移動していた 奴隷のような扱いを受ける後方車両の貧困層は優雅な暮らしを送る前方車両の富裕層か....
スノーピアサー (とりあえず、コメントです)
フランスのコミックをポン・ジュノ監督が映画化した近未来SFアクションです。 この監督でこの豪華キャストというのは面白そうだなあと気になっていました。 どんどん人が死んでいく展開に、希望よりも絶望を感じるなと最後まで思ってしまうような物語でした。
【映画】スノーピアサー…あの変な粘土みたいなヤツとかで低評価 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
久しぶりのブログ更新です まずは、最近の出来事… 2014年7月26日(土曜日)…この日は翌日の結婚式に出席するために息子が関東から帰省。昼前に小倉駅前に迎えに行く。午後からは仕事関係の飲み会(リーガロイヤルホテル)に行くという父親と、帰って来たばかりだとい...
スノーピアサー (はるみのひとり言)
DVDで観ました。 思って印象と全然違う。極寒の地で巻き起こる列車アクションものだと思ってたら、近未来の話だったのね。地球温暖化を防ぐため、世界中で薬品CW-7を散布したら逆に氷河期になってしまい、生き残った人々はウィルフォードさんが作った世界をひと...
スノーピアサー  (心のままに映画の風景)
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止...
スノーピアサー (miaのmovie★DIARY)
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は...