タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

海街diary

2017年06月15日 | 映画他レビュー
監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、中村優子、清水一彰、平田薫、野村麻純、原扶貴子、野中隆光、きむらゆき、小倉一郎、工藤時子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ

【解説】
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重の桜」などの綾瀬はるか、『潔く柔く きよくやわく』などの長澤まさみのほか、夏帆や広瀬すずらが共演。実力派女優たちが繰り出す妙演はもちろん、舞台となる鎌倉の美しい四季の風景も見どころ。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして鎌倉での生活がスタートするが……。 (シネマトゥデイより)


 作品としてはゆるゆると鑑賞できるのでそれはそれでありかなと思う。(富山旅行の帰りの列車でのんびり鑑賞。)幸、佳乃、千佳の三姉妹が本当の姉妹かと錯覚する程のナチュラル演技なので観ていて安心するしね(笑)たださ、家を捨てた父の葬儀に出るまで全く知らなかった異母姉妹すずを急に家に呼んで、本当の姉妹のように暮らす事ができるかなあ?そこだけがずーーっと引っ掛かってね。作品自体が"性善説"で成り立ってるんだなあって。(まあ、すずと暮らす事が本作品の軸だからそこをどうこう言っても仕方がないんだけどね。)素敵な物語だけど僕の中ではかなり御伽話。でもね、はるかチャンとまさみチャン、夏帆チャンは最高ですよ。だから結局は許してしまうんだけどね(笑)←すいません、最近のすずちゃんはどうしても好きになれないんだ。。。

P.S. 長澤まさみチャンの演技が素に見えて仕方がない。最近の彼女、こういうの演らせたらホント上手いよなあ。

タケヤの絶対的偏見評価 6/10(10点中6点!)

海街diary Blu-rayスペシャル・エディション
ポニーキャニオン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山の高岡おとぎの森公園で... | トップ | 新しい人生のはじめかた »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-06-28 22:42:24
> 家を捨てた父の葬儀に出るまで全く知らなかった異母姉妹すずを急に家に呼んで、本当の姉妹のように暮らす事ができるかなあ?

実はシンデレラの姉妹のようにメチャクチャこき使おうと思ってたのかもしれない。
ふじきさん (タケヤ)
2017-07-03 21:53:05
そうやって言われれば綾瀬はるかがむっちゃ意地悪そうに見えてきた(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤......
『海街diary』を109シネマズ木場3で、『マッドマックス怒りのデス・ロード』...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
未レビュー撲滅運動対象記事。 時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。 ◆『海街diary』 五つ星評価で【★★★★「これが癒しだ!」と叩きつけられ ......
『海街diary』をギンレイホールで観直して、いやーデトックスふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★この悪人のいない世界が気持ちいいんだな】 映画の中に悪人はいない。 正確には風吹ジュンの生活を脅かす弟の存在は悪人に見えるが、 彼はキャラクターと......