タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2D 字幕版)

2017年10月15日 | 映画他レビュー
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、スティーヴ・ザーン、アミア・ミラー、カリン・コノヴァル、ジュディ・グリア、テリー・ノタリー、ガブリエル・チャバリア、タイ・オルソン、マイケル・アダムスウェイト、トビー・ケベル、サラ・カニング、マックス・ロイド=ジョーンズ、デヴィン・ダルトン、アレクス・ポーノヴィッチ、アレッサンドロ・ジュリアーニ、ィモシー・ウェッバー、ラウロ・チャートランド、メルセデス・デ・ラ・ゼルダ、チャド・ルック

【解説】
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。シーザーは、前2作に続きアンディ・サーキスが演じる。共演は、ジュディ・グリアとウディ・ハレルソンら。監督は前作と同じくマット・リーヴスが務める。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと共に旅立つ。 (シネマトゥデイより)


 人間との戦いが激化した猿達の聖戦を期待していざ!劇場へ!ぶっちゃけチビは観終わった後に(ドキドキして面白かった~)と言っていましたが大人にとってはなんとも後味の悪いガッカリな新三部作最終話となりました。。。今日は書く事全てがネタバレです。今から観る人はここで止めて下さい。

 森に身を隠して人間との戦いを避けてきたシーザーとその家族と仲間達。それでも人間は彼らを捜し出しては襲ってくる。そして序盤早々に妻と子を人間に殺されたシーザー。復讐の鬼となり、少数の仲間達と家族を惨殺した"大佐"を追って敵の陣地へ。そこには驚いた事にシーザーの大勢の仲間達が捕われていた!がしかしである。序盤での人間は猿を殺戮しに来たのになぜここでは生け捕りに?その理由は猿達に労働させる為だからと・・。いやいやそれなら最初から殺戮しないで連行すればいいじゃない?そして猿達に労働をさせる理由。反逆者である大佐がアメリカ軍の攻撃から基地を守る為・・・らしい。ちょっと待て(笑)猿の攻撃ならいざ知らずアメリカ軍の攻撃に対して壁?はあ?(結局ラストではアメリカ軍がヘリと戦車で総攻撃にやってきて大佐の基地は速攻でやられてしまう。)

 もうひとつの驚きは途中で出会ったしゃべる事の出来ない人間の女の子。シーザー達との旅にまで同行させるも彼女の重要性が全く見いだせないのだ。結局、彼女は最後の最後まで重要な役割を果たす事はない。(捕われのシーザーに一度だけ水と食料を与えるシーンがあるがそこまで重要だろうか?)

 そして一番腹が立った事。初作の「猿の惑星 (1968)」に敬意を表してストーリーを繋げるならば・・間違いなくラストは人間と猿達とを戦わせるべきである。(そして猿が勝つ)でも今作のラストの戦いは人間VS人間。しかもそこに大きな雪崩が起きて人間達を覆い尽くしてしまう。無事に逃げおおせた猿達は楽園を見つけてそこでジ・エンド。えっ何?まだ4作目があるの?まさかここで終わりじゃないでしょう?ここからいきなり猿が惑星を支配するようになるワケ?いやいやそれは違うでしょう?と独り事が多くなったがあまりのあっけなさに我呆然。CGも1作目に比べたらもはやホンモノの猿にしか見えないぐらい発達したし、戦いの魅せ方も実に素晴らしい。でもストーリーが悪いと全ての印象を悪くしてしまう。前2作が本当に素晴らしい作品だったので本当に残念。。。どうせなら4作目作りましょうか?(笑)いやマジで。

タケヤの絶対的偏見評価 4/10(10点中4点!)

猿の惑星 ブルーレイBOX (FOX HERO COLLECTION) (6枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)


 

 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遊星からの物体X (1982)  | トップ | パッション »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (源之助)
2017-10-15 22:48:41
こんばんは、TBありがとうございました。

確かに壁の建設は「はぁ?」と言いたくなりましたねw
人が持てる小火器しか残ってない設定ならまだしもヘリに戦車とかが出てくる訳ですしw

好意的に解釈するなら大佐はあの時点で既に脳に異常がありまともな判断が出来なくなってたとか、
あの壁は攻めてくる人間に対してではなく、最終的に言語機能に異常をきたすであろう基地の兵士を外に出さない為のもので、
ウィルスによる人間の衰退を少しでも遅らせようとしてたのでは?とか考えられなくもないですけど。

まあそれよりも創世記からの伏線が回収されず仕舞いだったのが残念でした。
Unknown (あっちで見たぜ)
2017-10-16 07:39:55
おはようございます!!

元祖よりも得点が低くて安心しました(笑)
私こちらは未見です。4点という事で今後も観る機会はなさそうです・・・・
源之助さん (タケヤ)
2017-10-17 06:20:48
はじめまして。コメントありがとうございます。

(好意的に解釈・・・)なるほど~。
一方的な決めつけはいかんですね(笑)確かに。
ただラストはやはり納得いきませんよね。。。

多分皆さんがそうだと思います。

あっちで見たぜさん (タケヤ)
2017-10-17 06:45:03
新しいものにもいいものあるんですよ~(笑)
この新3部作は前2作がすっごいいい出来なので
これでラストかと思うと本当に残念。。。

3作が繋がっていない(単独の)物語なら
それはそれでいいんですが、続きの物語ですからね~。
この前の2作は観て下さい(笑)
こんにちは (yukarin)
2017-10-20 12:58:05
てっきりきれいにオリジナルに繋がると思ってましたが、あと1作くらいないと繋がりませんねえ。
ま、なにぶん古い作品なのであえてあの終わり方なのかもしれませんが...
yukarinさん (タケヤ)
2017-10-23 22:22:37
いや繋がって欲しかったです(笑)
せめてあの直前とは言わないけれど
(ああ、こうやって猿の惑星は作られたのね。)と。

ソフトも前2作を揃えているだけあって
本当に残念極まりないです。。。

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (ネタバレ映画館)
喋れないのは駅前留学しなかったからか!?
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)感想 (源之助の日記)
昨日(10/14)は猿の惑星の前日譚3部作である猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)を鑑賞してきました。 ↓とりあえず見に行った映画館HPのストーリー紹介からのコピペ↓ 猿と人......
『猿の惑星:聖戦記』 (こねたみっくす)
ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に......
劇場鑑賞「猿の惑星:聖戦記」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、猿の惑星へ… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710130000/ 猿の惑星聖戦記 (竹書房文庫) [ グレッグ・コックス ]
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / War for the Planet of the Apes (勝手に映画評)
リブート版『猿の惑星』の第三作目。地球が、猿の惑星と化してしまった最後の理由が明らかになります。 シーザーの妻子が殺されたりしますが、意外に物静かに物語は進みます。タ......
『猿の惑星:聖戦記』 (こねたみっくす)
ところでチャールトン・ヘストンと自由の女神は? う~ん、何なんだろか、この消化不良な気持ちは…。 映画はとにかく面白い。あの偉大なる1作目へ通ずる様々な布石も満載な上に......
猿の惑星:聖戦記 (だらだら無気力ブログ!)
子役の娘がめんこくてイイ。
「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 (或る日の出来事)
マジだよねー。
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視す......
「猿の惑星 聖戦記(グレートウォー)」☆続いてるようで… (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
名作「猿の惑星」へと続く前日談の第3弾。 そもそも猿の惑星シリーズが過去と未来との行ったり来たりで混乱しがちなので、そこへ至る経緯を丁寧に綴ったこの前日談3部作は、なか......
映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレ...... (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(日本語字幕版)』(公式)を先日、に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60点にします。 なお、ピエ......
75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
猿の惑星 (もののはじめblog)
聖戦記 グレート・ウォー 名作「猿の惑星」をリブートした新シリーズ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。 新シリ......