タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

バクマン。

2015年11月11日 | 映画他レビュー
監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、小松菜奈、よーかいくん、今井隆文、五頭岳夫、小野敦子、稲村優奈、高橋綾沙、重廣レイカ、矢柴俊博、中川晴樹、勝矢、岩瀬亮、中村無何有、神農直隆、ノゾエ征爾、本多力、三浦俊輔、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、

【解説】
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビには、佐藤健と神木隆之介。実在の漫画作品や出版社が実名で登場するほか、劇中使用される漫画の原稿を小畑自身が描いている。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。(シネマトゥデイより)


 「友情・努力・勝利」・・・いいねぇ、全然クサくなんかないよ。最高だね(笑)僕はこういう作品が大好き。だって高校生だよ?将来の展望なんか見いだせない中でね、夢中になれる"漫画"を見つける事ができてさ、運良く(ここは映画だよね)ジャンプの新人賞に準入賞してね。そして同じ高校生の天才新人作家・新妻エイジとどちらが先に読者アンケートで1位を取れるかを戦うんだ。

 本当に昔々、僕は漫画家になりたかったという事を思い出した。もう小学生の低学年の頃ですけどね。色んな漫画を模写して、構図やバランス、人物や景色の書き方を独学で勉強した。ドラえもんの長編を全て模写した事もあったな(笑)でもいつしかそんな夢も忘れ、今はフツーの大人になりました。全然後悔とかはないけど、夢を追える人って心の奥底からホント素晴らしいと思う。だからね、それだけでこの作品をキライになる理由がないんだ(笑)

 健剣心クンと神木クンコンビ、相変わらず最高ですわ。二人とも今作は全然ひねってない(と僕は思う)キャラがいい。(ちょっと健剣心クンは電王入ってるけどね(笑))染谷クンのオタク臭漂う役作りも好き。どこにでもいる安っぽいチンピラ兄さんの官九郎も好き。斜にかまえたリリー編集長も好き。漫画家って実際には地味な職業だと思うけど、それをジャンプっぽく派手に魅せたその描写も最高でした。

P.S. 週刊少年ジャンプ・・・もう20年ぐらい読んでないなあ。多分だけど(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« M:i:III(ミッション・イン... | トップ | ラスト・ナイツ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-11-11 22:33:46
そう言えば昔「あげまん」という映画がありました。あの「まん」はその「まん」の意味だったのですが、「バクまん」そういう映画として見たいもんです。
Unknown (けん)
2015-11-12 09:34:22
これ、確かジャンプの連載なんですよね。
俺はどっちかっていうとマガジン派でした(笑
「友情・努力・勝利」を鼻で笑う大人にはなりたくないですね。
久々にジャンプ読んでみようかな~。
青春時代に少し戻れるかも♪
こんにちは (yukarin)
2015-11-13 13:58:52
たけるくんと隆之介くんのコンビは、演技もうまいし見た目も良いしでとても楽しめました。
漫画家さんの苦労がよくわかりましたね。
特に週刊は厳しいし、アンケートなんて昔買ってたのにハガキを出したことがありませんでした、、、
ごめんなさいと思いました^^;
ふじきさん (タケヤ)
2015-11-15 06:19:17
「あげまん」観ましたよ~昔。
今でも「さげ~」と合わせてよく使います(笑)

エロ全開ですね~(笑)

ちなみにこの「~まん」は僕は「爆発的漫画」
のまんと思ったのですが如何に?
けんさん (タケヤ)
2015-11-15 06:36:28
ジャンプですけど僕も連載は知りません。
ウチのチビが読んでいましたね~。

僕は学生時代は結構、ジャンプ、マガジン
と読んでました。
でも20代後半から読まなくなりましたね~。

けんさんは全然ジャンプ読まなかったです?

今のジャンプはかなり絵的に僕はキツイかな?
ちょっと女性チックな画が増えましたよね。
やっぱり今でも「亀有」あたりで(笑)
yukarinさん (タケヤ)
2015-11-15 06:42:40
僕もこの二人好きです。
超爽やかすぎますよ。男でも憧れますわ。
こんだけイケメンで演技が上手い(ここが重要!)と。

アンケートは僕も出した事がありませんね。
大体の人は出した事ないんじゃないかな?
でも書く側にとってはある意味「命綱」なんですね。

その重さが今作でよく分かりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バクマン。  監督/大根 仁 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 健  神木 隆之介  染谷 将太  小松 菜奈  山田 孝之 【ストーリー】 優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(サイコー)は、漫画原作家を志す高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初....
バクマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 少年ジャンプ連載の人気漫画を大根仁が映画化。遊び心たっぷりの映像と漫画への愛があふれるエンディングロールなど楽しかったけれど、終盤が駆け足すぎちゃったのは難点でした。  作品情報 2015年日本映画 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈 上映...
『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画である事】 原作マンガ未読。 なので、誰が似てて誰が似てないというのは分からない。 マンガを一回でも描いた事がある人は分かると思うが、 マンガ ...
バクマン。~るろうに剣心vs.寄生獣 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。大場つぐみ、小畑健原作、大根仁監督。佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太。週刊少 ...
『バクマン。』実写映画の3つの魅力 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道」だ。彼らは邪道なマンガを引っ提げて、少年ジャンプの激烈な人気...
ジャンプよ永遠なれ~『バクマン。』 (真紅のthinkingdays)
 作画担当の真城最高(佐藤健)とネーム担当の高木秋人(神木隆之介)の二人 は、高校二年生の夏休み最後の日、初めて描いた漫画を集英社に持ち込む。 そこには、憧れの漫画週刊誌 「少年ジャンプ」 の編集部があるのだ。編集者・ 服部(山田孝之)に見込まれた二...
「バクマン。」漫画家を目指した先に知った漫画家の過酷な現実と読者の支持なしには続けられないという漫画誌の現実 (オールマイティにコメンテート)
「バクマン。」は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるバクマン。を実写化した作品で、集英社の週刊少年ジャンプに持ち込みした2人の高校生コンビが連載を勝ち取り、ジャンプで ...
バクマン。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ....
バクマン。  (Break Time)
明日から、3連休です・・・
『バクマン。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バクマン。」□監督・脚本 大根 仁□原作 大場つぐみ、小畑 健□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、       リリー・フランキー、宮藤官九郎、小松菜奈■鑑賞日 10月4日(日)■劇場  チネチッ...
漫画家になろう! (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認められ漫...
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
バクマン。 (Akira's VOICE)
ワクワクしっぱなしで面白かった!!  
バクマン。★★★★ (パピとママ映画のblog)
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して....
映画:「バクマン。」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年10月7日(水)。 監  督・脚本:大根仁 原  作:大場つぐみ・小畑健 キャスト: 真城最高:佐藤健・高木秋人:神木隆之介 亜豆美保:小松菜奈・福田真太:桐谷健太 平丸一也:新井浩文・中井巧朗:皆川猿時 新妻エイジ:染谷将太・川口たろう:...
バクマン。 (だらだら無気力ブログ!)
コレは実写化成功だな。
映画「バクマン。」 (FREE TIME)
映画「バクマン。」を鑑賞しました。
現実は厳しい。『バクマン。』 (水曜日のシネマ日記)
大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を実写化した作品。高校生2人がタッグを組み漫画家への道を目指す物語です。
『バクマン。』 (beatitude)
“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”2人の高校生が抱いた壮大な夢。優れた絵の才能を持つ“サイコー”こと真城最高(佐藤健)と、巧みな物語を書く“シュージン”こと高木秋人(神木隆之介)。クラスメイトの亜豆美保(....
「バクマン。」 (ここなつ映画レビュー)
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ~。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があっ...
バクマン。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/10/03公開 日本 119分監督:大根仁出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー Story:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫...
「バクマン。」 (ゆっくり歩こ。)
進撃の巨人の続編が評価低いのでレビューの良かった「バクマン。」を観に行くことにしました 何年か前に息子達がアニメで観ていたのを → 台所でついでにチラっと観ていた程度、の知識で アニメで観てたとき・・・ “夢が叶ったら結婚する、会えなくてもガマン...
「バクマン。」 友情、努力、勝利 (はらやんの映画徒然草)
大場つぐみさん、小畑健さんの「DETH NOTE」コンビのコミック「バクマン。」
「バクマン。」 (prisoner's BLOG)
両親とか進路指導の教師といった高校生を描くのに必ず絡んできそうな人物を勇敢にばっさり切り落としてマンガにかけた高校生活ひとつで押し切った思い切りのよさが成功、いまどきマンガ描くのにPC使わないのかとも思ったが、CGで思い切りマンガそのものをショーアップする...
バクマン。 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
バクマン。 '15:日本 ◆監督:大根仁「まほろ駅前番外地」「モテキ」 ◆主演: 佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太 ◆STORY◆“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そう...