武内 ヒロク二

このブログは、武内ヒロクニの絵の紹介や、家での出来事を妻が語ります。
日々、徒然。

dancing with mr d と共に(色鉛筆作品紹介441)と私の着物の理想

2017-01-25 19:01:09 | Weblog


2日程前に、見せてもらった作品です。
武内曰く「 dancing with mr d というやつだ」。
    「ローリング・ストーンズにあるだろ」。
確かにストーンズの曲の題である。
ストーンズのファンのくせに、題名とかは覚えられない私であった。

絵をみると、ダンスをしている2人がいる。
どうも、その音楽と共にこの絵があるようです。
動き回る線が、なんとも心地よく、いい感じである。
単純な私は、こういう風にしか解釈出来なくてすいません。(汗)

まあ、兎に角、こういうスタイルの絵を見たのは、初めてで新しいと感じました。
その絵のことで、夜話していたのですが、「シリーズのように連作は出来ないの?」と聞いてみた。
そうしたら、「今のところは、なんとも言えない」。「数を描けというのだろう?」と言う。
「そう」と言うと、「2点より、そりゃ60点あるほうが強いだろうね。」と。

急に夜中に起きて描きあげた作品なのである。
その翌朝は、10時に「寝なおす。」と言って、仮眠をとる。

そして、起きてから話すには「この絵を描いている間は、妙に楽しくて」といい、
「そんな風に描いた絵は、珍しいんだよ」。
「なんか夜急に出来ちゃった絵で、こんな絵になるとは全く思っていなかった」とも。

私も、それは同じ気持ちである。
このスタイルの絵をまだまだ見てみたいと思うのですが、
どうなるのか?
これからまだ見ぬ絵画に挑戦して欲しいなぁ~と思う。


話は、変わります。
最近、家ではほとんど着物で過ごしている私。
冬は、下着を冬用のものに変えたら、すごく暖かく、「冬は着物よね」。と思う。
家にある着物で一番暖かいのは、結城紬の着物。
紺色の濃い色の着物で、毎日といっていいほど、着ています。
どんな風に着物と付き合っていこうか?
私がいいなぁ~と思った写真が1枚あります。

こちら↓

この方は、明治生まれの画家「熊谷守一」の奥様の写真。
「独楽」という本の中の1枚です。藤森武氏が写真を撮られています。
たぶん、熊谷守一氏の貧乏は、有名なので、たぶん高価な着物ではないが、
実に美しい着物姿の写真だなぁ~と感じています。
奥様は、洋服のようなものを着て、写っている写真もありますが、
やはり美しいのは着物姿です。
着物は、なんと人を美しく見せるものかと感心したのです。

めざせ!着物美人ということで、まず着慣れることから入っていってます。
たまたま、実家で着物一式見つかったのが、始まりですが、
私なりの美意識まで発展させれたら、とても面白いなぁ~と、妄想中であります。

ヒロクニさんは、「かーちゃんが、いるみたい」。ばかり言います。
なんかデリカシーに欠ける言葉で、憤慨してるのですが、
「冬暖かければいい」とも言い、人が来たら「こいつ、着物で自転車乗ってんだよ」とか、
余計な事ばかり言ってくれています。

いつか着物美人になるぞ!!と今に見ておれ。と張り切るのでした。










『芸術家』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒロクニさんとアドルフ・ヴ... | トップ | 小さな作品 (色鉛筆作品紹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL