快気分析

何か快適な気分になれるような記事にしたいです。

仕組みとアプローチ -  ケルマディック諸島エリアの地震 その後

2017-06-30 20:05:54 | 地震 津波
 先日の記事の後、EMSCではこの時の地震についてM6.1からM6.0へ修正となりました。
 その後、更にもう1回、ケルマディック諸島エリアでM6.0の地震が有りました。
 以前に記事のした北海道東方沖地震は、M5.8に修正となっていました。

引用開始

https://www.emsc-csem.org/Earthquake/?filter=yes

2017-06-29 07:03:09.7 31.11 S 179.98 E 386 6.0 KERMADEC ISLANDS REGION
2017-06-29 02:24:30.7 14.89 S 167.29 E 140 5.0 VANUATU
2017-06-28 18:20:52.9 30.44 S 177.44 W 10 6.0 KERMADEC ISLANDS, NEW ZEALAND
2017-06-28 12:07:30.0 43.84 N 147.87 E 47 5.8 KURIL ISLANDS

引用終了

 月齢による引力トリガーでは明日から数日間はどちらかと言えば静穏期となりますが、ケルマディックの第1傾向則では今後2週間以内はどちらかと言えば要注意期間となります。
 7月はどうなるでしょうか。

ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕組みとアプローチ -  ケ... | トップ | 仕組みとアプローチ -  6... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震 津波」カテゴリの最新記事