快気分析

何か快適な気分になれるような記事にしたいです。

仕組みとアプローチ -  地震の観点では4月22日がどんな日なのか

2017-04-18 19:26:46 | 地震 津波
 今月4月22日とは何なのか、ですが筆者の観点は二つ有ります。
 一つは4月26日の大きい新月の前の長潮である事です。
 新月は既に大きくなっていて、4月、5月、6月あたりが年間では大きな新月となるはずで、これによる引力の揺さぶりは無視できないと思われます。
 そしてもう一つは今年4月8日に記事にした通り、4月22日はM7以上の地震が前回発生した1月22日から3ヶ月が経つという事です。

引用開始(一部抜粋)

http://www.emsc-csem.org/Earthquake/?filter=yes

2017-01-22 04:30:23.8 6.20 S 155.10 E 150 7.9 BOUGAINVILLE REGION, P.N.G.

引用終了

 あれから未だM7以上の地震は世界で発生してはいません。
 大きな地震は少ないのですが一方、世界的に火山噴火は活発です。
 どうもプレートや地殻の固着があまり無くてスムーズに動いているから火山噴火が多いのか、とも考えられますが、それにしてもM7の空白期が3ヶ月と言うのは長い方かと思います。
 今後、特に4月22日以降にどうなるでしょうか。
 
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕組みとアプローチ -  老... | トップ | 仕組みとアプローチ -  ヤ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む