快気分析

何か快適な気分になれるような記事にしたいです。

自然災害 仕組みとアプローチ -  那須の雪崩と那須岳に於ける地震計のRMS振幅データ

2017-04-04 19:32:05 | 地震 津波
 4/1にも記事にした雪崩トリガーとしての地震や振動ですが、那須岳に於ける地震計のRMS振幅データではどちらかと言えば静穏な時期から、活発な時期になった時に雪崩が発生したのがわかります。

引用開始 2件 (一部抜粋)

http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_datalist_nasu.html
那須岳観測データ


http://www.asahi.com/articles/ASK3Z2J1TK3ZUUHB002.html
 雪崩は27日午前8時半ごろ発生。春山安全登山講習会で深い雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」に参加していた県内の高校生らが巻き込まれ、県立大田原高校の16~17歳の男子生徒7人と男性教員1人の計8人が死亡した。いずれも死因は圧死だった。29日の栃木県高校体育連盟の記者会見によると、引率教諭らは雪崩注意報が発令されていたことを認識していたという。県警は当時の状況を調べ、引率教諭らへの聴取と併せ、雪崩の危険性が予測できなかったか、安全管理に問題がなかったかなどを調べていく方針。

引用終了

 那須岳に於ける地震計のRMS振幅データを見ると、3月26日の0時あたりはどちらかと言うと低めで、それから徐々に増加していて、雪崩が発生した27日午前8時半ごろには高くなって来ていたのがわかります。
 火山性振幅がどれだけ影響したのか? と言うのは今となってはわかりませんし積雪や風や温度などとのタイミングも有りますが、仮にこのRMS振幅の上昇がもう少し早ければ講習会の始まる直前に雪崩が発生し、或いは犠牲者は出なかったのかも知れない、と言う可能性はゼロでは無いのかも知れません。
 最近、那須岳の火山性振動は活発になる事が多いようです。
 蔵王山で火山性振動が増加していると言う事や、定かでは有りませんが浅間山で噴煙らしきものが見えると言う情報も有り、その間に有る那須岳も活発化の兆候があるのでしょうか?

引用開始(一部抜粋)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16190.html

【注意】浅間山で噴火のような噴煙が目撃される!3日間で約100回の揺れ!蔵王山でも火山性微動!

引用終了

 当分、注目しています。
 
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然災害 仕組みとアプロー... | トップ | 自然災害 仕組みとアプロー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む