快気分析

何か快適な気分になれるような記事にしたいです。

仕組みとアプローチ -  新燃岳噴火 前回(2011年)との相違点

2017-10-13 08:38:15 | 地震 津波
 新燃岳は噴煙最大2000メートルになったとの事です。

引用開始(一部抜粋)

新燃岳、噴煙最大2000メートル 噴火活動続く恐れ

南日本新聞

(南日本新聞)
 鹿児島、宮崎両県にまたがる霧島連山・新燃岳で続く小規模な噴火活動は12日、前日に比べ噴出物の量が増し、噴煙の高さは最大2000メートルに達した。降灰は宮崎県側だけでなく霧島市でも確認された。現地調査した専門家は、一連の噴火は火口直下に水蒸気が上昇して地下の圧力が高まって起きる水蒸気噴火とみており、数日続く可能性があるという。

引用終了

 前回、2011年1月からの時は火口から3000m上空まで噴煙が上がったので、現時点では今回そのレベルまで達していないものの今後はどうなるか、と言う状況のようです。
 ところで前回である2011年の時との比較を世界で発生したM7.5以上の地震についてEMSCで比較してみたいと思います。

引用開始(一部抜粋)

https://www.emsc-csem.org/Earthquake/?filter=yes&min_mag=7.5&min_intens=0&max_intens=8&view=1

2017-09-08 04:49:21.2 15.02 N 93.81 W 72 8.1 OFFSHORE CHIAPAS, MEXICO
2017-07-17 23:34:16.4 54.55 N 168.84 E 30 7.7 KOMANDORSKIYE OSTROVA REGION
2017-01-22 04:30:23.8 6.20 S 155.10 E 150 7.9 BOUGAINVILLE REGION, P.N.G.
2016-12-25 14:22:26.2 43.39 S 73.86 W 30 7.6 ISLA CHILOE, LOS LAGOS, CHILE
2016-12-17 10:51:09.9 4.49 S 153.49 E 83 7.9 NEW IRELAND REGION, P.N.G.
2016-12-08 17:38:46.9 10.71 S 161.36 E 40 7.8 SOLOMON ISLANDS
2016-11-13 11:02:58.4 42.69 S 172.97 E 10 7.9 SOUTH ISLAND OF NEW ZEALAND
2016-08-19 07:32:23.9 55.34 S 31.95 W 20 7.5 SOUTH GEORGIA ISLAND REGION
2016-07-29 21:18:30.2 18.58 N 145.51 E 267 7.7 PAGAN REG., N. MARIANA ISLANDS
2016-04-16 23:58:37.2 0.40 N 79.89 W 20 7.8 NEAR COAST OF ECUADOR
2016-03-02 12:49:48.0 4.89 S 94.25 E 20 7.8 SOUTHWEST OF SUMATRA, INDONESIA
2015-11-24 22:50:54.3 10.07 S 71.00 W 631 7.6 CENTRAL PERU
2015-11-24 22:45:40.1 10.67 S 71.05 W 636 7.6 CENTRAL PERU
2015-10-26 09:09:32.0 36.48 N 70.91 E 207 7.5 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN
2015-09-16 22:54:31.8 31.55 S 71.58 W 20 8.3 OFFSHORE COQUIMBO, CHILE
2015-05-30 11:23:03.2 27.91 N 140.46 E 693 7.8 BONIN ISLANDS, JAPAN REGION
2015-04-25 06:11:26.9 28.24 N 84.74 E 15 7.8 NEPAL
2015-03-29 23:48:32.0 4.75 S 152.62 E 40 7.5 NEW BRITAIN REGION, P.N.G.
2014-06-23 20:53:09.6 51.85 N 178.76 E 106 7.9 RAT ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS

(中略)

https://www.emsc-csem.org/Earthquake/?filter=yes&min_mag=7.5&min_intens=0&max_intens=8&view=3

2010-10-25 14:42:21.4 3.46 S 100.12 E 10 7.7 KEP. MENTAWAI REGION, INDONESIA
2010-06-12 19:26:46.6 7.78 N 91.89 E 10 7.5 NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
2010-04-06 22:15:03.0 2.30 N 97.12 E 40 7.7 NORTHERN SUMATRA, INDONESIA
2010-02-27 06:34:14.1 35.89 S 73.04 W 30 8.8 OFFSHORE MAULE, CHILE
2009-10-07 22:18:23.8 12.57 S 166.35 E 10 7.8 SANTA CRUZ ISLANDS
2009-10-07 22:03:15.9 12.98 S 166.33 E 30 7.6 SANTA CRUZ ISLANDS
2009-09-30 10:16:09.9 0.76 S 99.84 E 80 7.6 SOUTHERN SUMATRA, INDONESIA
2009-09-29 17:48:11.2 15.42 S 172.13 W 10 8.1 SAMOA ISLANDS REGION
2009-08-10 19:55:38.9 14.06 N 92.90 E 25 7.6 ANDAMAN ISLANDS, INDIA REGION
2009-07-15 09:22:29.6 45.73 S 166.57 E 2 7.8 OFF W. COAST OF S. ISLAND, N.Z.
2009-03-19 18:17:37.9 23.00 S 174.72 W 10 7.9 TONGA REGION
2009-01-03 19:43:57.0 0.55 S 132.78 E 52 7.6 NEAR N COAST OF PAPUA, INDONESIA
2008-07-05 02:12:04.3 53.94 N 152.90 E 632 7.7 SEA OF OKHOTSK
2008-05-12 06:28:00.6 31.11 N 103.32 E 10 7.9 EASTERN SICHUAN, CHINA
2007-12-09 07:28:20.8 25.72 S 177.51 W 150 7.8 SOUTH OF FIJI ISLANDS
2007-11-14 15:40:49.3 22.17 S 69.97 W 40 7.7 ANTOFAGASTA, CHILE
2007-09-12 23:48:59.6 2.44 S 100.94 E 10 7.8 KEP. MENTAWAI REGION, INDONESIA
2007-09-12 11:10:21.5 4.40 S 101.36 E 10 8.4 SOUTHERN SUMATRA, INDONESIA

引用終了

 今回は中南米に於いて、

2017-09-08 04:49:21.2 15.02 N 93.81 W 72 8.1 OFFSHORE CHIAPAS, MEXICO

2016-12-25 14:22:26.2 43.39 S 73.86 W 30 7.6 ISLA CHILOE, LOS LAGOS, CHILE

2016-04-16 23:58:37.2 0.40 N 79.89 W 20 7.8 NEAR COAST OF ECUADOR

2015-11-24 22:50:54.3 10.07 S 71.00 W 631 7.6 CENTRAL PERU
2015-11-24 22:45:40.1 10.67 S 71.05 W 636 7.6 CENTRAL PERU

2015-09-16 22:54:31.8 31.55 S 71.58 W 20 8.3 OFFSHORE COQUIMBO, CHILE

 と言う様に、(多少はチリで再発はしているものの)ほぼ反時計回りでM7.5以上の地震が移動しており、徐々に突っかえ棒がはずれているようにも見えます。
 ただ今後もこのパターンで徐々に隣接域に力がかかりM7.5以上の地震が今度は北米へ移動し行くのかどうか?と言うのはわかりません。
 プレートの境界構造が北米と中南米とでは違うからです。
 そして、

2017-07-17 23:34:16.4 54.55 N 168.84 E 30 7.7 KOMANDORSKIYE OSTROVA REGION

2014-06-23 20:53:09.6 51.85 N 178.76 E 106 7.9 RAT ISLANDS, ALEUTIAN ISLANDS

と言うように、やはり反時計回りにも見える状況が発生しているのかどうか?と言う見方もできなくはないのですが、まだ2件のデータでは何とも言えません。
 今年6月に目立ったカムチャッカでの火山噴火も気になる所です。
 前回は新燃岳噴火の約1ヶ月少々後に東日本大震災が有ったわけですが、今回はこのエリアの地殻、プレートの歪(ストレス)は既に放出された後部分も多いわけで、全体のバランスが当時とは大きく違っていると見られます。
 そしてそれが今後の目立つ地震とどう関係してくるのか?と言うのはわかりません。
ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕組みとアプローチ -  J... | トップ | 仕組みとアプローチ -  本... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震 津波」カテゴリの最新記事