知多半島は世界の点、地上には無数の点がある。点と点を結ぶと線になる。線形の各地紹介が知多半島への恩返しである。

各地の魅力は故郷を見直すきっかけになる。日本産業の海外進出はやがて、すべての道は日本に通じると言われるようになるかも。

見えざる力

2017-07-17 21:30:52 | 日記


平家の興亡以来、日本人は政変があると、決まって「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」とか、方丈記の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と歌ってきた。日本人の目に見えるものへの感性は素晴らしく、日本文化の特徴になっている。
日本人は政変を目に見えるもので表してきた。

一方、ローマとの戦争で死んだカルタゴの数学者アルキメデスは「てこの原理」を発明した。てこの原理は小学校で学習する。てこの原理を使い重量物(地球でも)を楽して動かせる。安倍政権、公明党の力の源泉が、「てこの原理」のように、あやふやなアベノミクスによって、小さな力で、日本全体の大きな力を生み出してきた。ここに阿倍の暴走の要因がある。長く政権を維持するためには、民から信頼され、ありがとうと言われる関係が必要である。今日、豊かさと逆に貧困の拡大の原因にもこの「てこの原理」が働いている。公明党も大衆組織であるならば、他の人々の犠牲を見て見ぬふりはできない。
日本社会の存続を願うのであれば、諸行無常の絵ではなくて、イスラムの見えざる原理の理解と応用が必要である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵葉書の日本庭園 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。