hiroべの気まま部屋

日ごろの出来事を気ままに綴っています

創作石彫:その51「ふくろう」

2016-10-25 09:49:19 | 石彫り


 先月のことですが、兄から作品が2点送られてきました。大きな作品ではないのでそちらに
置いておいてほしいということでした。

 ということで、預かりものですが、今手元にあります。どうも、ブログなどで紹介してほしいというのが
本来の趣旨だったようです。

 まずは「ふくろう」です。兄の作品の中では珍しく動物がモチーフです。珍ふくろうを楽しんでください。



 【データ】
 ①概寸 高さ:19cm、巾:10cm、奥行:10cm
 ②重さ 約5kg(箱含む)
 ③材質 御影石(花崗岩)


 なお、作品は一応売り物です(少し高価ですが)。作品を希望される方は、メッセージを送る(最新コメントの上)
よりメールでその旨をお名前と連絡先とともに、ご連絡ください。
 兄と連絡をとり価格をご連絡いたします。

 また、『石あかり』(詳しくはこちら)もよろしく!



ジャンル:
お天気
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自宅映画(邦画):ゴジラ(1... | トップ | 10月のポーラ美術館:レオナ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石の個性? (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-25 10:46:47
この原料の石そのものが・・この色なんでしょうか
それとも白い石に染色してあるのでしょうか
今までの明かりや童のシリーズと違って
今までとは違った手法・・土偶のぬくもりに
似た感じを受けました。 シンプルなデザイン
だけに素晴らしさが伝わってきます
ワイコマさん (hiroベ)
2016-10-25 21:32:52
土偶のぬくもりとの評価、温かい評価ありがとうございます。

花崗岩の中には二酸化鉄を多く含んで赤味を帯びた物も
ありますが、この作品は一般的な白っぽい花崗岩を加工し
その後着色しています。展示会に出す物は着色するとの
ことです。
材質として、赤味の多い花崗岩はややもろくて、細かい
細工には向かないので、白っぽい花崗岩を使います。
石英を含まず、密度が安定して加工しやすいので、
石彫には安山岩を使うこともあります。
(お地蔵さんなど石仏は安山岩が一般的です。)
Unknown (ぴあ乃)
2016-10-26 16:51:28
うっひやああ!
このフクロウさんのお姿には、フジタも負けます。
ということで、こちらにコメントを。
(大好きなフジタ画伯、許してね♪)

なんと言っても、この表情が!
なんだろう、さっきから、よく知っている何かのキャラに
表情がそっくりなんですけれど思い出せずにいます。
とっても、味わいのあるお姿です!
ぴあ乃さん (hiroベ)
2016-10-26 21:41:23
ぴあ乃さんにとってはなじみのフジタなのに、そのフジタに
勝つとは兄貴も大したものです。(笑)

キャラが似てる?人物でしょうか?
ジミーちゃんは近い気がしますが・・・
この表情、フクロウのイメージをバッチリとらえてますよね。
私も思わず、微笑みました。
動物の創作物シリーズ、兄にとっても狙い目だったような
気もします。

コメントを投稿

石彫り」カテゴリの最新記事